スタッフブログ

FMシアター『うつ病九段』 出演者の津田寛治さんからメッセージをいただきました!

FMシアター『うつ病九段』 NHK-FMで7月13日(土)よる10時から放送!

NHKネットラジオらじる☆らじるでの同時配信、「聴き逃し」配信(7月15日正午から一週間)でもお聴きいただけます!

演出の吉田です。今週末、FMシアター『うつ病九段』を放送いたします。

2017年7月、将棋棋士生活三十年を迎えた先崎学九段はうつ病に襲われます。
自らのすべてである将棋を、うつ病によって奪われた九段が、棋士復帰を目指して選んだのは、「将棋でうつを治す」という医師からも止められた壮絶な「禁じ手」でした。

今回、その「先崎学九段」を演じていただいた津田寛治さんからメッセージをいただきました。

tsudakanji_cut2.JPG
「先崎学」役の津田寛治さん

「うつ病九段」というタイトルを聞いたとき、うつ病の棋士ってちょっとカッコいいなあと思ったのを覚えています。きっと、うつ病患者だからこそ思いつく大胆な戦略を駆使して九段まで登りつめたサイコ棋士の物語なのかなと。でも、この話が実話であると知ってビックリしました。実際にそんな棋士が存在するとは…。
そして、うつ病九段ご本人である先崎学さんが書かれた原作を拝読して自分の浅はかな想像が吹っ飛びました。うつ病を宣告されたプロ棋士の壮絶な実話が、医学や理念ではなく、当事者のリアルな体験記として描かれていたのです。将棋を武器に病を克服し、見事、棋界復帰を果たした先崎さん。その道のりは、人並み外れた将棋愛と棋士の誇りをもって切り開かれたものでした。
はたして僕はこの凄まじい棋士を演じきれるのか…。そんな不安から救ってくれたのが演出の吉田さんです。吉田さんは出演者を誰一人置いていかず、みんなでゴールを目指してくれました。ラジオドラマに対する愛情もまた凄まじく、音のみで物語を伝える技に精通していました。こだわったのは、駒を打つ音と、その時に棋士が吐く息。奇しくも先崎さんが原作で書かれていたのが、目を伏せて駒の音を聞いただけで相手が何を指したか分かるようになっていく境地。それはまさに吉田さんが目指した音の世界観だったのです。駒音と棋士の吐息だけで描かれる盤上の戦い…。ラジオドラマは本当に凄いです。
それから、この稀有なドキュメンタリーを生きたセリフ劇として動かした脚本家の小松さんにも助けていただきました。脚本家の方としては珍しく、小松さんはリハーサルの時から現場にいらしていて的確なアドバイスをして頂きました。本当に助かりました。
熱いスタッフ、熱いキャストが血肉を削って辿り着いた「うつ病九段」。僕は何度聴いても泣けてしまいます。この感動がリスナーの皆様にも伝わりますよう切に願っております。

津田寛治

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

先崎学九段が選ばれた生き方を、ご自身の俳優人生と重ね合わせ、ワンシーン、ワンシーン、心を込めて演じていただいた津田さんのお芝居は、この物語を、より普遍的な物語にしていただきました。
津田寛治さん、ありがとうございました。

ノンフィクションの世界を、見事なセリフにつむいだ小松與志子さん、うつの世界までも音楽に仕立て直したおかもとだいすけさん、ギターの大谷安宏さん、ドラムの茂木草馬さん、バイオリンの北田麗奈さん、そして駒音ひとつひとつを選び抜き、そのひとつひとつにイフェクトをつけるという途方もない作業をしてくれたのは、音声スタッフであり、音響効果スタッフです。

どうぞお楽しみに。

Fmt.HPphoto_trm.JPG
前列左端が小松與志子さん、その後ろがおかもとだいすけさん。

FMシアター『うつ病九段』

【放送】NHK-FM 7月13日 よる10時~10時50分
【原作】先崎学 【脚色】小松與志子
【音楽】おかもとだいすけ
【出演】津田寛治 鈴木杏樹 朝倉伸二
    窪塚俊介 児島功一 陰山泰 立石涼子
    山内慶太郎 島崎裕気 西ノ園達大
    NHK東京児童劇団

【あらすじ】
2017年7月、将棋棋士生活三十年を迎えた先崎学(津田寛治)はうつ病に襲われる。プロの囲碁棋士でもある妻(鈴木杏樹)、精神科医の兄(朝倉伸二)の支えで、先崎は懸命に治療に取り組む。自らのすべてである将棋を、うつ病によって奪われた先崎が、棋士復帰を目指して選んだのは、「将棋でうつを治す」という医師からも止められた壮絶な壮絶な「禁じ手」だった。米長邦雄門下の中村太地(窪塚俊介)、田中悠一(児島功一)との真剣勝負、そして中原誠(陰山泰)、米長夫人(立石涼子)との語らい……。先崎学、棋士のプライドをかけた男の「心の旅路」。

うつ病を含む気分障害の患者数は1999年の44万人から、2014年には112万人まで増加。がんや脳卒中と並んで、今や、うつ病は五大疾病の一つに数えられている。勤労世代の中でも、職場の中核となる40代に発症が多い。
先崎学は将棋棋士。段位は九段。2017年7月、47歳でうつ病を発症。ひふみん、藤井聡太ブームに沸く将棋界。そのウラで羽生世代の棋士がうつ病と闘っていた……。

HPトップは→こちら

投稿者:スタッフ | 投稿時間:12:58 | カテゴリ:オーディオドラマ

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ