首都圏ネットワーク

  • 2023年12月22日

2023-2024 年末年始の飛行機 予約状況は?混雑はいつ? 12月22日時点

キーワード:

年末年始は、ふるさとへの帰省や旅行などを計画している人も多いと思います。

年末年始の期間中、大手航空会社2社の国内線の予約数は新型コロナの感染拡大前と比べて、およそ85%に、国際線はおよそ66%となりました。

国内の主な航空会社11社の状況も含め、下りと上りのピークはいつなのか、まとめました。

年末年始…空の便 予約状況

帰省ラッシュが本格化 混雑する羽田空港(撮影:2022年12月末)

国内の主な航空会社11社のまとめによりますと、12月28日から2024年1月3日までの年末年始の期間中、国内線の予約数は12月22日の時点でおよそ215万人だということです。

これは前の年と比べておよそ99%でほぼ横ばいとなりました。

下り・上りのピークは?

このうち、全日空と日本航空の2社の予約数は、およそ158万人で、新型コロナの感染拡大前の4年前と比べると、およそ85%まで回復しました。

◇ピークは?◇ 
2社は、国内線の混雑のピークは、下りが12月30日、上りが1月3日としています。

◇国際線では?◇ 
また、国際線の予約数は、国内の航空会社6社のまとめでは、およそ36万人と前の年と比べおよそ144%となりました。

このうち、全日空と日本航空では、およそ27万人で4年前のおよそ66%となっています。

全日空では、ハワイのほか、台北やソウルへの路線が、日本航空では東アジアやヨーロッパへの路線が好調だということです。

あわせて読みたい

ページトップに戻る