みんなでプラス メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

みんなでプラス

日本でも…『スポーツ賭博』の闇 ―あなたは大丈夫?ギャンブル依存症

「まじめで礼儀正しい息子が、まさかスポーツ賭博で依存症になるとは想像もしていませんでした。」

電話口で涙ながらに取材に応じてくれたある女性の言葉です。
女性の息子は、スポーツ賭博で多額の借金を抱え、窃盗で逮捕されました。

水原一平元通訳が関与していた「スポーツ賭博」。
日本でも、水面下で危険な実態が広がっていました。

(「クローズアップ現代」取材班)

日本で広がる違法「スポーツ賭博」

「あしたまでに借金を返済しないとネットで脅すと言われた。助けてほしい。」

3年前のある日、息子から借金があると相談を受けた母親の佐藤さん(仮)。
そこで初めて息子がスポーツ賭博にはまっていた事実を知りました。

息子は知人や消費者金融からの借金にとどまらずヤミ金にも手を出し、すでに数百万円の借金を抱えていました。

「息子は、お金を借りてはスポーツ賭博に入金して、1週間で100万円、2週間で200万円と借金が膨らんでいました。ヤミ金で借金するために、顔写真や私たち家族の電話番号、会社名まで渡していたので、必死に借金を肩代わりしてしまいました。」

これ以上周囲に迷惑が及ばないよう、母親の佐藤さんは借金の返済を必死で手伝い、息子をギャンブル依存症の回復施設にも入れました。しかし、スポーツ賭博への依存は断ち切ることができず、息子はお金欲しさに無銭飲食や窃盗で逮捕され、現在勾留されているといいます。

日本でスポーツ賭博は違法。賭博罪などが適用される犯罪です。

ただ例外として、特別法で認められているものもあります。競輪・競馬・競艇・オートレースの4つの「公営ギャンブル」、サッカー・Jリーグなどの試合結果を予想するtotoやBIGといった「スポーツくじ」は、特別法で認められています。

しかし今、海外に拠点を置くとみられる賭博事業者のオンラインサイトで、日本から違法にスポーツ賭博を行う実態が広がっています。

依存症・借金・・・さらに犯罪に繋がる危険性も

「スポーツ賭博は、ギャンブルの中でも特に危険です。」

ギャンブル依存症問題を考える会主催 家族相談会で話す代表・田中紀子さん

ギャンブル依存症の当事者や家族の支援を行う団体「ギャンブル依存症問題を考える会」代表の田中紀子さんです。いま水面下で急速に広がるスポーツ賭博の実態に危機感を訴えています。

「スポーツ賭博は違法であると認識されていないことが一番の問題。スポーツ賭博はオンラインカジノの中でも特に危険。好きなスポーツを応援する興奮と賭け事の興奮が掛け合わさり、のめり込みやすい。さらにスマホで24時間365日賭けることができて、やめどきがないことも危険です。」

出典 ギャンブル依存症問題を考える会 依存症の家族へのアンケート調査より

コロナ禍をきっかけにオンラインカジノの相談が急増。以前は4%台だった相談件数も、去年は20%に上りました。ギャンブル依存症当事者の中心は若年層で、最近は高校生の相談も増えているといいます。

「部活でスポーツに親しむ高校生が、自分たちが興味を持っているスポーツから、スポーツ賭博を始めてしまったり。」

さらに田中さんが指摘するのは、スポーツ賭博をきっかけに犯罪に手を染めていく若者の実態です。

田中さんらが運営するギャンブル依存症の家族会に相談に来た事案のうち、違法なオンラインカジノ(スポーツ賭博含む)をやっていた相談者の36.1%が犯罪に繋がっていたといいます。

出典 ギャンブル依存症問題を考える会 依存症の家族へのアンケート調査より

「スポーツ賭博は短期間でのめり込み、借金が膨らむスピードも速いのが特徴です。多額の借金を抱え、返済のために横領や窃盗などをする人もいました。自分の銀行口座や携帯番号などの個人情報を売り飛ばしてブラックリストに乗り、“闇バイト”の勧誘を受けてしまった人もいます。」

一度はまってしまうと、自力で抜け出すことが難しいギャンブル依存症。

田中さんは、自分や家族だけで解決を目指すことは危険で、すぐに自助グループや病院などの専門機関に頼るべきだといいます。

「ギャンブル依存症」は病気―あなたは大丈夫?4つの質問でチェック

「ギャンブル依存症」は病気として認知は低いですが、精神疾患のひとつです。ギャンブル依存症の疑いある人は日本国内で約70万人いるといわれていますが、実際に治療している人はそのうち1%にも満たないといいます。当事者や周囲が気づきにくい病気ですが、早い段階で治療をすれば依存を最小限にくいとめることができます。

ギャンブル依存症スクリーニングテスト(LOST)

ギャンブルをする時は予算・時間の制限決めない、決めても守れない

ギャンブルに勝ったときに『次のギャンブルに使おう』と考える

ギャンブルをしたことを誰かに隠す

ギャンブルに負けた時にすぐに取り返したいと思う

☑ 2つ以上あてはまったら、ギャンブル依存症の可能性あり。

(監修 ギャンブル依存症問題を考える会田中紀子・国立精神・神経医療研究センター松本俊彦博士・筑波大学医学医療系森田展彰)

相談窓口はこちら

●ギャンブル依存症の支援団体
・公益社団法人ギャンブル依存症問題を考える会

●借金問題の相談窓口
・消費者ホットライン

みんなのコメント(9件)

感想
kt
20代 男性
2024年5月29日
22歳大学生、チェックリスト全て当てはまりました
提言
やっちゃん
70歳以上 女性
2024年4月18日
子供から年寄り迄、賭博と言う言葉で無くて、楽しみなゲームをする時の本来の気分であると思う
はまってしまって辞められにくい気分になる事であるゲームを、第一歩目から、どうすれば己の気持ちを断ち切れるかなんて事あり得ないのがゲームの面白さであるから。
どこまで行っても最初から無理であるゲームだと言い切るしかないのでは
提言
当事者の家族
女性
2024年4月17日
短い放送時間だったから仕方ないけれど、依存症者への家族の対応などを掘り下げて具体的に聞きたかった。家族会への案内だけで終わるのでは無く。「肩代わりをするな」は基本。では借金で巻き込まれた家族はどうすればいいの?放っておけ、と言われても利息は膨らむ一方で、生活に困る。
ギャンブル依存症者はパチンコが圧倒的に多い。そもそもギャンブルに手を出さなければ依存症で苦しむことも無いわけで。
ギャンブルがいかに恐ろしく愚かであるかと、もっと悲惨な末路の体験例があると、当事者や若年者にも少しは響くのではないでしょうか。
感想
TERU
50代 女性
2024年4月16日
パチンコ、パチスロで借金を作っていた50代の夫の時代から、今はスマホで24時間ギャンブルができる時代になりました。
若者が短期間に多額の借金を作ってしまう事を自己責任と切捨てず、違法賭博の取り締まりや、啓発に国は力を入れて欲しい。
カジノを作りたいが為の口ばかりの依存症対策では、日本の未来に不安しかない。
体験談
ギャンブル依存症の嫁の義姉
70歳以上 女性
2024年4月16日
弟の嫁は実の姉、長女と全く交流がなく、友達もいないようです。子供の小さい時からパートに行ったあと9時過ぎまで帰らず、子供は同じ敷地に住む私の所にお腹空いたと何が食べ物をもらいに来ていました。私は以前夜食事後画材を買う為娘と出掛けた時、パチンコの換金用の物を持った嫁を見かけました。そして同級生にあなたの弟の嫁はギャンブル依存症だと何度か言われました。この事は弟は知っていましたが、再婚同士揉めたくないのでしょう、本人には言わなかったようです。癌で闘病中の弟をほったらかしパチンコに出掛けていた様です。弟が死ぬまで成人した子供達には嫁は自分がギャンブル依存症だと言う事は隠していました。弟の死後弟は私からの莫大なな借金があり、嫁はその事を認めないので今弁護士に頼んでいる所です。嫁は嘘ばかりつくので、ギャンブル依存症を治す病院に行くよう言っても認めるわけもない状況。同じ敷地にいるのが嫌で引越したい。
感想
yo
60代 男性
2024年4月16日
スポーツベッティングが(賭け)の実態が良くわかり、今の若者へ浸透してること
ギャブル依存症は、賭けをする為のお金に行き詰まり
その時一大事と周りの人達が気づくがこの時点では依存症がかなり深刻な状況だとわかりやすかった。
国はもっとオンラインの規制取締りをするべきだ
体験談
まるこ
60代 女性
2024年4月16日
息子は、FXでの借入れ金がMAXとなり、親に泣きついてきました。多額を二回も弁済しています。
精神科医への通院により、サポート団体をご紹介いただき、自助グループにかろうじて繋がっています。一旦治まっているとは思いますが、不安はぬぐいきれません。
感想
K
40代 男性
2024年4月16日
ちょっとまってくれ、今、番組観たけどtotoとか競輪とか競艇とか競馬とかパチンコとかまったく触れないのは意味が無いよ。
スポーツ賭博が違法だと言うだけでは。
高校生も知ってるんだから。意味が無い。
質問
ぽんぽこ亭
50代 男性
2024年4月16日
賭博は違法なのは分かるけど、パチンコやパチスロ、その他にもいつの時代もその手のものはありますよね
賭博がダメならその辺りからやったほうが良いのでは?そのような人たちが海外に掛けているだけだと思いますよ
その辺り、NHKはどう思いますか?

担当 「クローズアップ現代」取材班の
これも読んでほしい!