原口雅臣

2022年03月24日 (木)子どもたちを見守る場に


 

こんにちは!「ほっとぐんま630」の原口雅臣です。

すっかり春らしくなりましたね。このブログが公開される頃には、きっと前橋でも桜が咲いていることでしょう。出会いと別れの春。前橋放送局では、この3月、増田一恵キャスターと石井由貴キャスターが卒業しました。一緒に働いてきた仲間を見送り、寂しい限りですが、4月からは新しいキャスターを迎え、「ほっとぐんま630」はさらにパワーアップします。どうぞご期待ください。

 

番組キャスターが、県内で輝いている方にお話を伺う「インタビューぐんまびと」は、新年度も継続します。3月15日の放送では、前橋市のJR駒形駅前にある雑貨と喫茶と宿題カフェ木下商店の店主、木下円(きのした・まどか)さんにお話を伺いました。

20220328-1.jpg

20220324-2.jpg

今回のテーマは“宿題カフェ”。皆さんはご存じでしたか?ひと言で言うと、「子どもたちが、宿題をしながら、勤めに出ている親の帰りを待つ場所」です。共働きやひとり親家庭の子どもたちの新しい居場所として、全国に広がりつつあります。
木下さん(以下、円さん)が、夫・友嗣(ゆうじ)さんと店を始める際、円さんの提案で看板に加えたのが宿題カフェでした。ご夫婦には、小学6年生と2年生のふたりのお子さんがいます。

20220324-3.JPG
木下さん家族

宿題カフェを作った一番の理由について、円さんは、「学校から帰った子どもたちに『お帰り』と言ってあげたかった」からだと言います。誰もいない家に帰る子どもたちの心細さを、親としてよく知っていたからです。

円さんは、平日の午後3時半から5時半まで、店の2階を宿題カフェとして開放することにしました。おやつと飲み物代(それぞれ250円)は必要ですが、近くに住んでいる子どもであれば、無料で利用することができます。さらに、週2~3回は、大学生や近所に住む大人たちがボランティアに来て、宿題を見たり遊び相手になったりしています。

20220324-4.jpg

今回、お話を聞いてみようと思ったのは、なぜ、宿題カフェのような場所が必要なのか、ピンとこなかったからです。円さんはこう話してくれました。「いまの子どもたちは、習い事が多いせいもあるが、放課後に子どもたちが遊ぶことはほとんどないし、子どもが、友だちの家に遊びに行くと言い出したら、まずは、相手の親に連絡を取り、許可をもらうのが普通。だからこそ、宿題カフェのような場所がないと、子どもたちが気軽に集まれない」と…。話を聞いて、「いまはここまで来ているのか」とがく然としました。

20220324-5.jpg

 「地域の子どもは地域で育てる」という考えが昔話となったいま、子育てと仕事の両立という課題を、自分たちだけで抱え込んでいる共働き、ひとり親家庭が増えているように思います。こういう時代だからこそ、宿題カフェのような場所が増えていけば、子どもたちが、地域の中でより伸び伸び育つことができ、誰にも頼れず孤立する家庭も減るかもしれないと感じました。

20220324-6.jpg

 

投稿者:原口雅臣 | 投稿時間:14:59 | 固定リンク

2022年01月11日 (火) まちに新しい物語を


 

明けましておめでとうございます。
「ほっとぐんま630」ともども、ことしもどうぞよろしくお願い致します。
そして、皆さんにとって、新しい年が、幸多き1年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

番組の3人のキャスターが、県内で輝いている方にお話しを伺う「インタビューぐんまびと」
去年暮れの放送では、桐生市にあるカフェ兼コミュニティスペース、カイバテラスの代表、齋藤直己(さいとう・なおみ)さんにお話しを伺いました。

2022011112.jpg

齋藤さんは43歳。30代半ばでふるさと桐生にUターンし、古い町並みが残る本町地区を拠点に、まちづくり、にぎわいづくりに熱心に取り組んでいます。
カイバテラスも、明治初期に建てられた長屋を改装したもので、買い物ができる場=買場(かいば)と、長屋を意味するテラスを組み合わせて名付けたんだとか。
2022011116.jpg2022011114.jpg

齋藤さんは、カイバテラスの近くに地図デザインの事務所を構え、本業のかたわら、カイバテラスで定期的にマルシェやイベントを開いたり、地域のイベント運営の中心を担ったりしています。
桐生ではおなじみの物産市、「買場紗綾市(かいばさやいち)」もそのひとつです。
2022011115.jpg

私は、これまでにも、まちを元気にするために、地域に人を呼び込むために熱心に取り組んでいる方にお話しを伺ってきました。
多くの方が、強いリーダーシップや情熱をお持ちだったり、自らの信念に向かって突き進んでいくようなタイプだったりしたのですが、齋藤さんは少し違いました。

その齋藤さんに、「まちづくり、にぎわいづくりのためのイベントは、一時的に人を集めることはできますが、長続きしないのでは?」と尋ねてみました。
すると、こんな答えが返ってきました。
「自分たちが暮らすまちを、暮らしている人たちが知恵を出し合って、より居心地の良い場所にすることがまちづくりで、イベントを開くのは、多くの人たちにまちに関心を持ってもらう、きっかけを作るためなんです」と。

その答えから、齋藤さんの考えるまちづくりとは、一部の人が主導するものではなく、みんなで参加するものなのだということがわかりました。
そして、それこそが、まちづくりの理想的な姿なのではないかと…。

いま、齋藤さんの周りにはいろいろな人たちが集まり始めています。
そこには、号令をかける人がいるわけでもなく、お付き合いで参加している人もいません。
それぞれが自ら進んで参加し、まちづくりを楽しんでいるようにすらみえます。
202201111301.jpg

都市部を中心に、地域との関わり、ご近所付き合いが希薄になるなか、桐生を訪ねて、住民たちが主体的にまちづくりに参加する姿を垣間見ることができました。
この動きがどんな広がりをみせるのか、今後も注目していきたいと思っています。

 

投稿者:原口雅臣 | 投稿時間:16:15 | 固定リンク

2021年09月30日 (木)限界集落に憩いの場を


 

こんにちは!「ほっとぐんま630」の原口雅臣です。

東京オリンピック、パラリンピックが終わり、「ほっとぐんま630」は放送を再開しました。同時に、番組の3人のキャスターが、県内で輝いている方にお話しを伺う「インタビューぐんまびと」も再開。9月28日の放送では、南牧村星尾地区にある星尾温泉の代表、小保方努(おぼかた・つとむ)さんにお話しを伺いました。

20210930-1.jpg

太田市出身の小保方さんは、私と同世代の45歳。もともと、こどもたちを対象にした自然体験学習のインストラクターをしていました。30代後半のとき、仕事で訪れた南牧村の自然にほれ込み、“エイヤーと移り住んでしまった”といいます。

移住後は、民宿の手伝いをしたり、廃校にレストランを開いたりして生計を立てていましたが、いまから4年ほど前、手伝っていた民宿の主が、星尾地区に戦後まであった温泉を復活させるプロジェクトを立ち上げ、小保方さんも参加することになりました。

プロジェクトには、小保方さんら村に移住した人と、村にほれ込んで足しげく通う村外の有志、あわせて15人が参加し、築200年の空き家に、1年がかりで温泉を復活させました。それが、小保方さんが代表を務める星尾温泉木の葉石の湯(このはいしのゆ)です。

20210930-2.jpg

20210930-3.jpg

2018年9月の開業から丸3年。併設したレストランとともに、少しずつ客足を伸ばしてきましたが、新型コロナの感染拡大で、この1年ほどは、温泉の営業は金土日と祝日のみ、レストランは休業に追い込まれました。

温泉のある星尾地区は、高齢者ばかり15世帯が暮らす限界集落です。そんな集落で、小保方さんは、温泉を、「地元の人たちと都市部の人たちとの交流の場」、「地元の人が働ける雇用の場」に育てていきたいと考えています。思いを実現させるため、これまでに、離れに宿泊施設を整備し、レストランを再開させる準備も進めています。

20210930-4.jpg

人口減少の時代を迎え、過疎化と高齢化が進む自治体を中心に、都市部から移住者を呼び込もうという動きが活発です。しかし、その一方で、移住者が増えない、なかなか定着しないという課題も抱えています。

こうしたなか、小保方さんの営みが、過疎化と高齢化の進んだ集落の、維持と活性化に資する取り組みとして、たとえゆっくりでも、大きな花を咲かせるといいなと思います。
独身の小保方さんは、人生のパートナーも募集中なんだとか。そちらも大きな花が咲きますように…(笑)。

「インタビューぐんまびと」の次回の放送は10月19日、菅原キャスターが担当する予定です。どうぞご期待ください。

 

投稿者:原口雅臣 | 投稿時間:12:00 | 固定リンク

2021年04月26日 (月)"地域の足"を守るために


 

 こんにちは!「ほっとぐんま630」の原口雅臣です。

4月から、新しいコーナー「インタビューぐんまびと」が始まりました。ご覧いただけましたか?菅原、増田、原口の3人のキャスターが、県内で活躍している方にインタビューするコーナーで、初回の4月20日は、私が、わたらせ渓谷鐵道(以下、わ鐵)社長の品川知一さんお話しを伺いました。
syashin1.jpg

品川さんは、長年勤めた県庁を定年退職し、おととし、社長に就任しました。皆さんご存知の通り、渡良瀬川に沿って走るわ鐵は、観光客に大人気で、実際、乗客の9割が観光客だということです。このわ鐵にも、新型コロナウイルスの猛威は、容赦なく降りかかりました。全国に緊急事態宣言が出された去年の大型連休の乗客数は9割減、去年1年間で5割減だったそうです。

運賃収入が大幅に減るなか、品川さんは、観光客に人気のトロッコ列車「わっしー号」の点検費用の一部に充てようと、クラウドファンディングを実施したり、オリジナルグッズの販売に力を入れたりして、コロナ禍をしのいできました。
syashin2.jpg

このうち「鉄印帳」は、観光客を中心に反響が大きかったそうです。
syashin3.jpg
ご朱印帳の鉄道版のようなもので、乗客を少しでも増やそうと、全国40社の第3セクターが合同で取り組んでいます。品川さんは、時間を見つけては、自ら筆を取って、鉄印をひとつひとつ書いています。そのことが話題を呼び、わ鐵版の鉄印帳は、全国の第3セクターの中でも、とくに人気があるんだとか!
syashin4.jpg

syashin5.jpg

一方、桐生市と栃木県日光市を結ぶわ鐵は、地域住民の生活の足でもあります。地域の足を守り続けていくためにも、品川社長は、「地元の皆さんには、ふだん使いで鉄道に乗ってほしい」と話していました。観光客は、増減に大きな波があるからです。

「地域の足を次の世代に引き継いでいきたい」。品川社長の熱い思いに感銘した一方、マイカー普及が進んだ群馬で、公共交通機関を維持・存続していくことの厳しさを肌で感じました。

「インタビューぐんまびと」の次回の放送は5月18日、増田キャスターが担当する予定です。どうぞご期待ください。

 

投稿者:原口雅臣 | 投稿時間:14:31 | 固定リンク

2021年04月06日 (火)スタジオへようこそ!


 

アナウンサーの原口雅臣です。
「ほっとぐんま630」をいつもご覧いただき、ありがとうございます。

県内では、3月30日と31日の2日間にわたって、東京オリンピックの聖火リレーが行われました。
「ほっとぐんま630」では、スタジオにゲストをお迎えし、15市町村で、173人が参加した聖火リレーの模様を詳しくお伝えしました。

初日の30日のゲストは、「ぐんま大使」としてもおなじみ、藤岡市出身の中山秀征さん下仁田町出身の井森美幸さん
聖火リレーへの参加を翌日に控えて、お話を伺いました。
おふたりとも、「群馬に来て、聖火リレーに参加するんだという実感が湧いてきました」と緊張気味におっしゃっていたのが印象的でした。

20210406-1.JPG

翌日、井森さんは世界遺産の富岡製糸場を、中山さんは県内の最終ランナーとして高崎市のGメッセ群馬までを走り、聖火をつなぐ大役を無事に果たされました。

 

2日目の31日のゲストは、1998年の長野オリンピックにスキー・ノルディック複合で出場した草津町出身の荻原次晴さん。地元草津町で開かれた聖火リレーで先頭ランナーを務めたあと、実際に使ったトーチを持って、駆けつけてくださいました。

トーチを高く掲げて、草津温泉の湯畑の周りを走った荻原さんは、「子どものころ駆け回った場所(湯畑)でトーチを持って走ることができて感激しました。一生の思い出になりました」と爽やかな笑顔でおっしゃっていました。

 20210406-2.jpg

新年度を迎え、おかげさまで、「ほっとぐんま630」は2年目に入ります。
ことしは、スタジオにお迎えしたり、私たちキャスターが出向いたりして、群馬ゆかりの皆さんの熱い思いをじっくりお聞きします。どうぞご期待ください!

 

投稿者:原口雅臣 | 投稿時間:10:10 | 固定リンク

2020年11月12日 (木)メガネのお話


 

皆さん、こんにちは!アナウンサーの原口雅臣です。
ことし3月に前橋放送局に赴任して、早いもので7か月あまり。
皆さんにブログでもご挨拶しなければと思っているうちに月日が経ってしまいました…。大変申し訳ございません。

さて、担当している「ほっとぐんま630」も、群馬の皆さんに少しずつ覚えていただけているようで、出先で声をかけられたり、お便りをいただいたりすることも増えてきました。大変、光栄なことです。
そのなかで、3人のうち1人ぐらいの割合で尋ねられるのが、私のメガネのことです。きょうはそのお話をさせていただきますね。

皆さんお気付きのように、私は、金曜日だけメガネをかけています。
このことについて詳しくお話ししようとすると、少々長くなりそうなので、かいつまんでお話しします。


私のメガネは近視用です。最近は、老眼も加わりましたが…(笑)。
裸眼の視力は、両目とも0.2程度。裸眼では、すれ違った人の顔が分からないこともあるくらいです。とはいえ、ずっと、目が悪かったわけではありません。社会人になるまでは、裸眼で十分に生活できていました。

しかし、20代後半のとき、裸眼ではニュース原稿が見えづらくなり、慌ててメガネを作りました。それが私のメガネデビューです。その後、使い捨てのコンタクトレンズが普及し始め、メガネとコンタクトレンズの両方を使うようになりました。当初は、その日の気分でメガネにしたり、コンタクトにしたりしていたのですが、そのうち、視聴者の方から、「コンタクトレンズの方が良い」、「メガネの方が良い」と両方の声があがるようになりました。コンタクトレンズ派が7割、メガネ派が3割くらいだったでしょうか。

そこで、皆さんの声を参考に、いまから10年ほど前に、「月曜日から木曜日はコンタクトレンズ、それ以外の曜日はメガネ」というルールを作りました。つまり、私の独自ルールですね(笑)。メガネのお世話になってかれこれ20年。少しずつコレクションも増えてきました。現在、所有しているメガネは8本で、このうちの5本を「ほっとぐんま630」で使用しています。

今週の金曜日はどのメガネで出てくるか、こちらもどうぞお楽しみに!

 

 20201112-1.JPG
私のメガネコレクション

 

20201112-3.jpg
実は、気象予報士の新村さんも、普段はメガネです。

 

投稿者:原口雅臣 | 投稿時間:11:08 | 固定リンク


ページの一番上へ