局長 西村理

2023年01月01日 (日)開局90年にあたって


 

いつも「ほっとぐんま630」をご覧いただきありがとうございます。
今年、2023年は、NHK前橋放送局の放送開始から90年となる節目の年です。

私たちNHK前橋放送局は、受信料で成り立つ公共メディアとして、時代の変化に向き合い、正確、公平公正で、豊かな放送・サービスを、いつでもどこでも最適な媒体を通じてお届けし続けます。そうすることで、視聴者・県民の皆さんからの信頼に応え、大切な受信料が公共的な価値にしっかり結びつくよう努めます。

今年も県民の皆さんの命と暮らしを守る使命を胸に、職員・スタッフ一丸となって地域を元気にする放送・サービスを展開してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 20230104.png

  

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク

2022年12月01日 (木)一歩ずつ、そして、また一歩。


 

2022年もあとひと月となりました。

群馬県内も社会経済活動が再開し、長引くコロナ禍で中止となっていた様々な行事が3年ぶりに開催されるなど活気を取り戻しつつあります。しかしながら、第8波への懸念も高まっています。引き続き、注視していかなければならない状況が続きそうです。皆さんにおかれては、くれぐれも感染予防にご留意いただきたいと思います。

さて、今年は、ロシアのウクライナへの軍事侵攻が起こり、物価高騰や円安の深刻な影響が県内で暮らす私たちの日常生活にも及んでいます。食品などの値上げのニュースは、私たち前橋放送局も毎日のようにお伝えしています。輸入飼料が高騰し厳しい経営を迫られる県内の畜産業者などのニュースには胸が痛みました。

一方、地域再生に向けた支援も動き出し、今後の県内経済の回復に期待する企業の声も聞かれるようになりました。さらに、在留外国人およそ6万人が暮らす群馬県には、ウクライナから避難してきた人たちが多く暮らすようになっていますが、そうした方々への支援の輪が県内に広がっている話題は、群馬県が培ってきた「多文化共生」への取り組みが実を結んでいる証だと実感しています。

NHK前橋放送局では、県民の皆さんが必要とする多様で地域密着の情報、溢れんばかりのぐんまの魅力を、平日午後6時30分のニュース・情報番組「ほっとぐんま630」金曜午後7時30分の「ぐんまスペシャル(随時)」でお届けしています。引き続き、公共メディアとして、皆さんの役に立てるよう、その使命を果たしてまいります。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

20221124-2.jpg20221124-1.jpg

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク

2022年11月01日 (火)歌で思いを届けます~藤岡市のど自慢!


 

『NHKのど自慢』のルーツ『のど自慢素人音楽会』がはじまったのは、今から76年前の1946年1月。もちろんラジオ番組です。翌1947年に『のど自慢素人演芸会』と改題。テレビ本放送開局の年、1953年にラジオ・テレビ共用番組として同時放送されたテレビの最長寿番組です。司会は1946年の放送開始以来、宮田輝アナウンサーがつとめ、その名司会ぶりも番組の人気を支えました。

1970年4月、『のど自慢素人演芸会』を現在の『NHKのど自慢』と改題して内容を刷新。2組のゲスト歌手が加わるとともに、合格者以外から「熱演賞」を選ぶなど、出場者の人間味を引き出す演出となりました。ちなみに美空ひばりさん、北島三郎さん、五木ひろしさんらも出場経験者。田中星児さん、玉城千春(Kiroro)さん、三山ひろしさんなど、優勝後にプロデビューした歌手も多数いらっしゃいます。そしてことし5月には、新たな試みとして「こどものど自慢」も開催。コロナ禍のなか参加者はさまざまな思いを歌に込めてくれました。

さて、こんな長い歴史と新たな試みを続けている、『NHKのど自慢』がこのたび群馬県藤岡市にまいります(11/27)。ゲストは美川憲一さん中川翔子さん“歌で思いを届ける!”をテーマに地域のみなさんの元気な歌声を全国にお届けします。是非、生放送でお楽しみください。仕事や買い物等でお出かけのみなさんも『NHKプラス』で放送後にご覧いただけます。チェックしてみてください。どうぞよろしくお願いいたします。

詳細はこちら
https://www.nhk.jp/p/nodojiman/ts/N8GR183W9M/plus/

20221101_1.png

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク

2022年10月01日 (土)いつでも どこでも "ほっとぐんま630"


 

お待たせしました!
いよいよ、10月3日(月)から「NHKプラス※」で「ほっとぐんま630」の見逃し配信がはじまりますNHK プラスは、総合・Eテレの番組を放送後も1週間、パソコンやスマホ、インターネットに接続されたテレビなどで視聴できるサービスです。仕事でお帰りが遅くなったとき、お出かけ先でちょっと時間が空いたときなど、いつでも、どこでも、何度でも「ほっとぐんま630」をお楽しみいただけます。ぜひ以下のホームページをご覧のうえ、NHKプラスをはじめてみてはいかがでしょうか。
https://plus.nhk.jp/info/

“ふるさと群馬”を離れて暮らすみなさんも、地元ならではの話題、懐かしいあの景色、きめ細かな生活情報など、いつでも簡単にご覧いただけるようになります。今後も様々なネットワークを活用して群馬の魅力を発信し、みなさんの期待にこたえる地域放送局を目指してまいります。引き続き、みなさんから貴重なご意見やご要望をお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

※「NHKプラス」は、NHKの地上放送の番組をインターネットで視聴できるサービスです。受信料を財源とする、放送を補完するサービスで、受信契約者ご本人のほか、ご本人と生計を同一にする方は追加のご負担なくご利用いただけます。

20220928-5.jpg

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク

2022年09月01日 (木)心身ともに健やかに~吉岡町で巡回ラジオ体操


8月19日(金)に“夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操会”が吉岡町で行われ、お子さんからご年配層まで500人余りが元気いっぱい体を動かしました。巡回ラジオ体操はNHKなどが毎年夏休みに全国各地で行っていて、NHKラジオ第1放送で生放送されます。

20220901_3.png

当日会場となった吉岡町の八幡山公園の運動場に集まった皆さんは、はじめに講師の岡本美佳先生から手軽にできる体操について教わりました。

20220901_4.png

そして午前6時30分に放送がはじまると、ピアノの伴奏にあわせてのびのびと体を動かしていました。新型コロナの影響で県内での開催は3年ぶり。天候にも恵まれ、参加者からは「とても気持ちがよかった」「目が覚めた」「みんなとやれるのはうれしい」との声が寄せられ、盛会のうちに終了しました。

20220901_1.png

開催にあたってご尽力をいただいたすべての関係者の皆さんに心から感謝申し上げるとともに、県民の皆さんの益々の健康、県内においてラジオ体操が一層普及していくことを祈念します。

ラジオ体操は、ストレッチ、筋力トレーニング、有酸素運動で構成された効率のよい全身運動です。また加齢によって衰えがちなバランス感覚、瞬発力、敏捷性などを養うメニューも組み込まれています。長引くコロナ禍で運動不足が気になる方は、是非この機会にはじめてみてはいかがでしょうか。

<ラジオ体操>
ラジオ第1    毎週月曜~日曜 午前6時30分
ラジオ第2    毎週月曜~土曜 午後0時   /再放送 毎週月曜~土曜 午前8時40分
再放送      毎週月曜~土曜 午後3時

<テレビ体操>
Eテレ        毎週月曜~日曜 午前6時25分
総合        毎週月曜~金曜 午後1時55分

<みんなで筋肉体操>
随時放送(予定)

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク

2022年08月01日 (月)はじめての尾瀬ヶ原に魅せられて



8000年の時を経て自然が作り上げた本州最大規模の高層湿原•尾瀬。先月7月、群馬着任1年4カ月目にして、私もはじめて尾瀬ヶ原に行ってまいりました。

20220801_7.jpg

今回挑んだのは鳩待峠から竜宮十字路までの往復約16キロ。実際にみるニッコウキスゲやキンコウカをはじめとした高山植物の群落、

20220801_3.jpg
20220801_6.jpg

朝靄にそびえる八海山、360度見渡す限りの大湿原、池塘に映る逆さ燧。自然が生み出す無限の表情に私はすっかり心を奪われました。

20220801_4.jpg

 この美しき湿原の保全と保護に日々尽力されている関係者の皆さまに心から感謝と敬意を表します。

20220801_2.jpg

さて、今月のおすすめは「はるかな尾瀬 私たちの尾瀬」の後編です。
新潟局・福島局・前橋局の3局が連携して制作しました。今年で尾瀬国立公園として独立して15年。尾瀬に魅せられた写真家たちは、足しげくその地に通い、さまざまな思いを胸にその姿を記録に残してきました。自然の宝庫を記録する人々の思いから、尾瀬に思いを馳せる。「あなたと尾瀬」をテーマに「人々の思いのかけら」をつなぎ、広大な尾瀬の素顔を探ります。
 
ぐんまスペシャル「尾瀬を“撮る”~私だけの一枚を求めて~

総合 8月26日(金)午後7時30分~

そして、尾瀬の絶景を高精細な映像で体感できる番組もBS4Kでお届け!一定間隔で撮影した写真をつないで動画にするタイムラプスという独特の方法でニッコウキスゲの開花や湿原の朝霧がいきものの様に動く姿などを撮影、いのち輝く夏の尾瀬を伝えます。

「8Kタイムラプス紀行~群馬Ⅱ~『夏の尾瀬』」
BS4K 8月25日(木)午前9:50~ 午後11時30分~

ぜひ尾瀬の魅力をご堪能ください。

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:12:00 | 固定リンク

2022年07月01日 (金)おかげさまで89周年~新しいNHKの楽しみ方


 

NHK前橋放送局は昭和8年6月23日の開局から今年で89周年を迎えました

20220701_1.JPG

【昭和8年 NHK前橋放送局】

現在の放送会館(元総社町)で業務がスタートして51年目を迎えます。 

その間、県内に目を向けますと、あかぎ国体の開催(昭和58年)、日航ジャンボ機墜落事故(昭和60年)、桐生第一高校・県内で夏の甲子園初制覇(平成11年)、尾瀬国立公園の新設(平成19年)、富岡製糸場等の「世界遺産」登録(平成26年)、上野三碑の「ユネスコ 世界の記憶」登録(平成29年)等々、印象づける出来事は枚挙にいとまがありません

こうした長い歴史の中で、パソコンやスマートフォン、タブレット端末などが普及し、世の中のテレビの“見られ方”もずいぶんと変化しました。前橋放送局も、新たな視聴者との接点を構築するべく、今年5月にツイッターを開始。ひと月もたたないうちに、フォロワー数は1000を超え、その後も順調に伸びています。前橋放送局は、「ほっとぐんま630」をテレビでご覧いただいている皆さんとの関係を大切にしつつ、放送だけでは届かない方々にも公式アカウントより県内ニュース、番組やイベントの情報など、力いっぱいつぶやいていきます

20220601_02.jpg

7月以降、私ども組織体制が変わります。新しいスタッフも加わります。地域に密着したNHKだからこそできるきめ細かな情報を“新しいメディア”を活用してしっかりお届けしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク

2022年06月01日 (水)ツイッターはじめました!


 

NHK前橋放送局が目指すのは、新たな視聴者との接点の構築です

放送だけでは“届かない”方々へのアプローチのひとつとして、5月23日からツイッターをはじめました。NHK前橋放送局の公式アカウントより県内ニュース、番組やイベントの情報など、“群馬の温泉”くらい熱く、時に“からっ風”のようにクールに(?)つぶやきます。地域に密着したNHKだからこそできるきめ細かな情報を、新しいメディアを活用してお届けします

20220601_01.png

「ほっとぐんま630」をご覧いただいている視聴者に加えて、群馬を離れて生活している皆さんにも最新のニュースや季節の便り、文化や生活の話題などを通じて「群馬」を感じてもらえる場を作り上げていきます。

ニュース取材のこぼれ話や番組制作秘話、イベント担当者の舞台裏など、テレビでは伝えきれない情報などもつぶやいて、より身近に感じてもらえるNHK前橋放送局を目指します。もちろん、災害時には速報性を生かして情報を発信し、防災・減災へ役立ててまいります。

今年度、「NHKは変わった」と感じていただけるように、職員・スタッフ一丸となって、県民の皆さんが気づいていない“魅力”を発掘し、地域を元気にするサービスをお届けします。どうぞよろしくお願いいたします。

20220601_02.jpg

  

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク

2022年05月02日 (月)新たな仲間とともに ~5月のおすすめラインナップ


 

この春、前橋放送局に新たな仲間が3人加わりました。記者1名、キャスター1名、リポーター1名です。今後、ニュースの取材や番組の制作で、皆さんのところへお伺いした際には、よろしくお願いいたします。

5月もおすすめの地域放送番組、全国放送番組が盛りだくさんです。

妄想温泉デート in ぐんま「四万温泉編」
総合 5月22日(日) 午後11時45分~
究極の癒し番組、「妄想温泉デート」。第3弾は、新緑を迎え絶好のシーズンを迎える「四万温泉」へ。
一面“四万ブルー”に染まった奥四万湖でのウォーターアクティビティーや四万ブルーをイメージした釉薬(ゆうやく)を使った陶芸体験で思い出を形に。青を巡る旅のデートをお届けします。

ぐんまスペシャル「こどもナンデモ相談室」
総合 5月27日(金) 午後7時30分~
県内の子どもが抱いた疑問を自ら体験、解決する「こどもナンデモ相談室」のスペシャル版。今回は「どうして目を合わせると緊張するの?」、「雨が降ったら煙突の中はどうなるの?」、「なぜ言語は たくさんあるの?」という3つの質問を取り上げます。専門家の解説を交えながらゲームや実験を体験し、素朴な疑問に全力で向き合う子どもたちの姿を通して、視聴者にも『疑問を持つ大切さ・解決する楽しさ』をお伝えします。

20220502_02.jpg

関東甲信越推し!ぐんまスペシャル
「天空の道を行く~ぐんま県境稜線トレイル~」
BS1 5月6日(金) 午前0時00分~ ※木曜深夜

知られざる水の世界 尾瀬の四季(2020年放送)
BS8K 5月3日(火) 午後1時30分~ ほか
BS4K 5月30日(月) 午前11時00分~

にっぽん縦断 こころ旅 火野正平さんが春の群馬県を走ります!
【朝版】
BSP/BS4K 5月16日(月)~20日(金) 午前7時45分~
BSP/BS4K 5月16日(月)~20日(金) 午前11時45分~ 再

【とうちゃこ版】
BSP/BS4K 5月17日(火)~20日(金) 午後7時00分~
BSP/BS4K 5月21日(土) 午前11時00分~ 再
BSP/BS4K 5月22日(日) 午前11時00分~ 再

20220502_03.jpg 

このほか、前橋局の“ぐんまWEBリポート”も好評掲載中です。ぜひ、ご覧ください。
https://www.nhk.or.jp/maebashi/lreport/

前橋局ツイッターも近日スタート予定。こちらもチェックしてみてください。

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク

2022年04月01日 (金)新年度スタートにあたって~LOVE!GUNMA


 

2021年度も新型コロナウイルスに見舞われた一年間でした。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が何度も発出され、広域の移動が抑制される中、地元企業の活動や医療、教育、福祉など地域の人々の暮らしすべてが大きな影響を受けました。

また、先月3月16日夜には福島県沖を震源とする震度6強の地震が発生し、群馬県内でも前橋市や高崎市など広い範囲で震度4の揺れを観測しました。この地震で、県内でけがをした人はいませんでしたが、8万戸あまりが停電し、不安な一夜を過ごされたと思います。

公共放送として県民の安全・安心を守る使命を胸に、変化の時代を生きるすべての県民に寄り添い、あらゆる伝送路を駆使して、多様なローカル情報の発信に努めてまいります。

 さて、前橋放送局が新年度に力を入れたい取り組みを2つご紹介します。

○地域メディアと連携して、より地域に密着した情報発信に取り組みます

平日午後6時台のニュース・情報番組は、県内のコミュニティーFM・ケーブルテレビと連携したコーナーを新設します。地域メディアのネットワークや取材する情報を活用し、より地域に根ざした役立つ情報を発信します。また、協働関係を強化することで、より幅広い視聴者との接点を築くとともに、災害時などには双方の情報を共有し、県民の命と暮らしを守るきめ細かな情報を迅速に提供できるような体制構築を目指します。

teleradio.png

 ○地域に暮らす外国人との共生に寄与し、公共メディアとしての存在感を高めます

多くの外国人が暮らす群馬県。県全体の人口減少が進む中、外国人住民の数は年々増加し、県東・中央部を中心に6万人を超えています。こうした県内在住の外国人を取り上げた企画リポートや番組を積極的に放送することで、地域の人々と外国人の相互理解を促進し、外国人との共生に貢献します。また、外国人にとっても身近で信頼できるメディアとしての存在感を高めていきます。

wwgunma.png

2022年度、「NHKは変わった」と感じていただけるように、職員・スタッフ一丸となって、県民の皆さんが気づいていない“魅力”を発掘し、地域を元気にする放送サービスを展開していきます。どうぞよろしくお願い致します。

hot630_2022.jpg

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク


ページの一番上へ

検索

カレンダー

2023年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アナウンサー・キャスター

  • 原口雅臣
  • 菅原成美
  • 中谷実夏
  • 新村美里
  • 川崎寛司
  • 伊﨑都子
  • 阿部千明

前橋放送局

  • 局長 西村理
  • 前橋局スタッフ

バックナンバー

最新の日記


RSS