局長 西村理

2022年05月02日 (月)新たな仲間とともに ~5月のおすすめラインナップ


 

この春、前橋放送局に新たな仲間が3人加わりました。記者1名、キャスター1名、リポーター1名です。今後、ニュースの取材や番組の制作で、皆さんのところへお伺いした際には、よろしくお願いいたします。

5月もおすすめの地域放送番組、全国放送番組が盛りだくさんです。

妄想温泉デート in ぐんま「四万温泉編」
総合 5月22日(日) 午後11時45分~
究極の癒し番組、「妄想温泉デート」。第3弾は、新緑を迎え絶好のシーズンを迎える「四万温泉」へ。
一面“四万ブルー”に染まった奥四万湖でのウォーターアクティビティーや四万ブルーをイメージした釉薬(ゆうやく)を使った陶芸体験で思い出を形に。青を巡る旅のデートをお届けします。

ぐんまスペシャル「こどもナンデモ相談室」
総合 5月27日(金) 午後7時30分~
県内の子どもが抱いた疑問を自ら体験、解決する「こどもナンデモ相談室」のスペシャル版。今回は「どうして目を合わせると緊張するの?」、「雨が降ったら煙突の中はどうなるの?」、「なぜ言語は たくさんあるの?」という3つの質問を取り上げます。専門家の解説を交えながらゲームや実験を体験し、素朴な疑問に全力で向き合う子どもたちの姿を通して、視聴者にも『疑問を持つ大切さ・解決する楽しさ』をお伝えします。

20220502_02.jpg

関東甲信越推し!ぐんまスペシャル
「天空の道を行く~ぐんま県境稜線トレイル~」
BS1 5月6日(金) 午前0時00分~ ※木曜深夜

知られざる水の世界 尾瀬の四季(2020年放送)
BS8K 5月3日(火) 午後1時30分~ ほか
BS4K 5月30日(月) 午前11時00分~

にっぽん縦断 こころ旅 火野正平さんが春の群馬県を走ります!
【朝版】
BSP/BS4K 5月16日(月)~20日(金) 午前7時45分~
BSP/BS4K 5月16日(月)~20日(金) 午前11時45分~ 再

【とうちゃこ版】
BSP/BS4K 5月17日(火)~20日(金) 午後7時00分~
BSP/BS4K 5月21日(土) 午前11時00分~ 再
BSP/BS4K 5月22日(日) 午前11時00分~ 再

20220502_03.jpg 

このほか、前橋局の“ぐんまWEBリポート”も好評掲載中です。ぜひ、ご覧ください。
https://www.nhk.or.jp/maebashi/lreport/

前橋局ツイッターも近日スタート予定。こちらもチェックしてみてください。

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク

2022年04月01日 (金)新年度スタートにあたって~LOVE!GUNMA


 

2021年度も新型コロナウイルスに見舞われた一年間でした。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が何度も発出され、広域の移動が抑制される中、地元企業の活動や医療、教育、福祉など地域の人々の暮らしすべてが大きな影響を受けました。

また、先月3月16日夜には福島県沖を震源とする震度6強の地震が発生し、群馬県内でも前橋市や高崎市など広い範囲で震度4の揺れを観測しました。この地震で、県内でけがをした人はいませんでしたが、8万戸あまりが停電し、不安な一夜を過ごされたと思います。

公共放送として県民の安全・安心を守る使命を胸に、変化の時代を生きるすべての県民に寄り添い、あらゆる伝送路を駆使して、多様なローカル情報の発信に努めてまいります。

 さて、前橋放送局が新年度に力を入れたい取り組みを2つご紹介します。

○地域メディアと連携して、より地域に密着した情報発信に取り組みます

平日午後6時台のニュース・情報番組は、県内のコミュニティーFM・ケーブルテレビと連携したコーナーを新設します。地域メディアのネットワークや取材する情報を活用し、より地域に根ざした役立つ情報を発信します。また、協働関係を強化することで、より幅広い視聴者との接点を築くとともに、災害時などには双方の情報を共有し、県民の命と暮らしを守るきめ細かな情報を迅速に提供できるような体制構築を目指します。

teleradio.png

 ○地域に暮らす外国人との共生に寄与し、公共メディアとしての存在感を高めます

多くの外国人が暮らす群馬県。県全体の人口減少が進む中、外国人住民の数は年々増加し、県東・中央部を中心に6万人を超えています。こうした県内在住の外国人を取り上げた企画リポートや番組を積極的に放送することで、地域の人々と外国人の相互理解を促進し、外国人との共生に貢献します。また、外国人にとっても身近で信頼できるメディアとしての存在感を高めていきます。

wwgunma.png

2022年度、「NHKは変わった」と感じていただけるように、職員・スタッフ一丸となって、県民の皆さんが気づいていない“魅力”を発掘し、地域を元気にする放送サービスを展開していきます。どうぞよろしくお願い致します。

hot630_2022.jpg

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク

2022年03月01日 (火)幅広い地域や年代に親しまれるコンテンツを発信強化します


 

先月26日に前橋放送局から生放送でお届けした「今夜も生でさだまさし~ぐんまらんば群馬!~」は、遅い時間帯での放送にもかかわらず、多くの県民の皆さんにご覧いただきました。ありがとうございました前橋放送局のスタジオから、笑いあり涙ありの心温まるメッセージを県内外へ発信された さだまさしさん に心より感謝いたします

20220301_00.jpg

 さて、北京オリンピックに続き、今月4日からは北京パラリンピックが開幕します。パラリンピック競技に関する最新ニュースや特集記事・動画などの詳細は、ぜひこちらをチェックしてみてください。https://www3.nhk.or.jp/sports/paralympics/

20220301_01.jpg

 続いて、前橋放送局からの3月のラインナップはこちらです。

ぐんまスペシャル「天空の道を行く~ぐんま県境稜線トレイル~」3月11日(金)午後8:00~
まさに天空を歩むがごとし。「ほっとぐんま630」の大人気コーナー「ぐんまの山」では、長野・新潟と境を接する総延長およそ100キロ・日本最長の稜線を結ぶルート「ぐんま県境稜線トレイル」を6回にわたって放送してきました。今回は総集編スペシャルとしてお送りします。360度、パノラマの眺望が広がる2,000メートル級の山々、その雄大な自然と出会う「稜線トレイル」の登山にご案内します

20220301_02.jpg

キタカン+「“気づき”の旅~北関東の悲劇の地を巡る~」3月18日(金)午後7:30~
北関東をめぐる話題をお届けするキタカン+の3回目は、一風変わった旅番組をお届けします。人々の悲しみの記憶を「旅」という手法によって現代に継承していく“ダークツーリズム”。戦争、差別、公害など近代日本の悲劇の舞台、北関東の「負の遺産」を訪ねます。足尾銅山の鉱毒をためるために沈められた村(栃木)、旧満州に向け全国から少年たちが集められた訓練所(茨城)、名湯・草津温泉とハンセン病の知られざるつながり(群馬)。番組では、過去の悲劇から今の私たちにつながる教訓を考えます。

20220301_03.jpg

このほか、前橋放送局では、子育て世代、若い世代の皆さんに、もっとNHKの番組に関心をもっていただけるように、群馬県の人気マスコットキャラクターとタイアップした番組企画も近々スタート予定です。
ぜひ、ご期待ください。

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク

2022年02月01日 (火)2月のおすすめラインナップ


 

2021年の東京オリンピックに引き続き、2022年は国際大会が目白押しです。1月のラグビー“リーグワン”に続き、2月4日(金)から“北京オリンピック”が開幕します。NHKでは熱戦の模様を、テレビ、ラジオで放送するとともに、インターネットやスマートフォンでもリアルな情報をお届けします(一部競技は2月3日(木)から放送)。競うのは7競技109種目。新型コロナウイルスの影響で不透明な部分はありますが、日本の活躍に期待したいですね。

20220201_01.jpg

 さて、前橋放送局の平日午後6時台のニュース・情報番組は、オリンピック期間中は短縮版(午後6:45~7:00)にてお伝えしますが、2月の前橋放送局からの放送は、以下のように充実したラインナップをそろえています。おすすめはこちらです。

2月3日(木)は「妄想温泉デートinぐんま(午後11:30~)」。日々、頑張っているあなたに送る“すてきな彼と温泉デート”気分を味わえる新感覚の番組です。一緒にデートする“彼”は前橋市出身で戦隊ヒーロー番組などでも活躍した俳優の西川俊介さん。温泉が恋しくなるこの季節、雪景色の草津温泉をまるで西川さんがエスコートしているような映像で巡ります。コロナ禍でなかなか外出できないこんな時だからこそ、妄想で憧れの温泉デートへご案内します。

20220201_02.jpg

20220201_04.png

(感染防止対策を実施して撮影しています)

2月25日(金)ぐんまスペシャルは「よみがえる 幻の古代“はにわ”王国(仮)(午後7:30~)」。国宝指定で注目される高崎市の「綿貫観音山古墳」(わたぬきかんのんやまこふん)の出土品。番組では最新研究を元にさまざまな「はにわ」で飾られた完成当時の古墳をCGで再現。大陸との交流と強大な軍事力とで繁栄を遂げたといわれる古代群馬の姿に迫ります。明治維新でいち早く西欧の製糸技術を取り入れ、現在も多くの外国人と共生する、国際感覚豊かな群馬県人のルーツはここにはじまる?

20220201_05.jpg

2月26日(土)は「今夜も生でさだまさし~ぐんまらんば群馬!~(午後11:35~)」。紅白歌合戦でもすばらしい歌を披露した、さだまさしさんがNHK前橋放送局のスタジオに。ラジオのディスクジョッキースタイルで視聴者からの疑問や悩みにお答えします。当日まで、さださん本人も何をしゃべるか分からない?笑いあり涙ありのトークを生放送でお届けします! (“ぐんまらんば群馬”をご覧になって“がんばらんば”な気持ちなっていただければ幸いです!

20220201_03.png

コロナ禍において、変異株出現など予断を許さない状況が続いています。皆さんくれぐれもご自愛ください。

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク

2022年01月04日 (火)2022年の年頭にあたり


 

一昨年に続き、昨年も新型コロナウイルスに見舞われた1年でした。感染者数は全国的にみても減少傾向にありますが、変異株が次々と現れるなど、まだまだ予断を許さない状況が続いています。入院や闘病生活をされている皆さんの1日も早いご回復をお祈りするとともに、治療に迅速にあたられている医療従事者の皆さんに改めて感謝と敬意を表します

今年は、より地域に密着した情報発信に取り組んでまいります。特に県東部、いわゆる東毛地域を中心として取材に力を入れていきたいと考えています。また、地域に根づいて取材を進めている地元のコミュニティFM局やケーブルテレビの皆さんと連携して新しいコーナーを立ち上げます。NHKが地域メディアと協力して放送することで、災害時などに県民の皆さんがその双方をうまく活用し、命と暮らしを守る、よりきめ細かな情報を迅速に入手できるようになると考えます。東毛地域から始めて徐々に県内全域に広げることにしています。

20220104_01.jpg 20220104_02.jpg

また、地域に暮らす外国人との共生に寄与し、NHKの公共メディアとしての存在感をさらに高めていきたいと考えています。県内に住む外国人を取り上げた企画リポートや番組を積極的に放送していきます。自動車工場などが集積する東毛地域に暮らす外国人は年々増加し、県内では6万人に上り、都道府県人口に占める外国人人口の割合は東京、愛知に次いで全国3番目となっています。そうした外国人の生活上の課題、従事する農業や製造業の現状に焦点を当てた番組を取り上げていくことで地域と外国人との共生に貢献していきたいと考えています。

20220104_03.png 20220104_04.png 

県内向けテレビ放送開始から丸10年。ようやく県民の皆さんに県内情報の発信メディアとして認知され、取材をはじめ放送事業にご理解とご協力をいただけるようになりました。今後も引き続き、地域の課題や地域に根ざした話題により真摯に向き合い、分かりやすく発信していくことが、県民の皆さんから信頼され親しまれる報道機関となるために重要な取り組みだと考えます。

20220104_06.JPG

今年も職員スタッフ一丸となって取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク

2021年12月01日 (水)NHK前橋放送局~より地域に根ざした情報発信に取り組みます


 

今年もあと一か月となりました。県内も社会経済活動や学校等が再開し、少しずつ活気を取り戻しつつありますが、このあとの第6波への懸念もいだいてなりません。皆さまにおかれては、引き続き、感染予防にご留意いただければと思います

さて、先月のブログで「全国都道府県別魅力度ランキング」についてふれました。「これほどたくさんの魅力に溢れている群馬県」が44位。これはおそらくですが、「県民の間でも十分知られていない」のが原因の一つになっているのではないでしょうか。

例えば、「東国文化」という言葉。「県内には古代の歴史文化遺産(古墳、埴輪(はにわ)、遺跡、上野三碑(こうずけさんぴ)など)が数多く残され、東日本の中心地として東国文化が栄えていました。あなたは「東国文化」という言葉を知っていますか(令和元年度県政県民意識アンケート)」について、7割近くの方が知らないと回答しています。

前橋放送局は、溢れんばかりある「ぐんまの魅力」をより広く県民に知っていただけるように、平日午後6時30分の「ほっとぐんま630」や金曜午後7時30分の「ぐんまスペシャル(随時)」で、引き続き、地域に根ざした役に立つ情報の発信に取り組んでまいります。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

20211201_03.jpg

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク

2021年11月01日 (月)NHK前橋放送局~北関東ぐんまの魅力を全力でお届けします


 

民間調査会社による「全国都道府県別魅力度ランキング」が今年も発表されました。群馬県の結果は前年度から4ランクダウンの44位。この調査結果に関して、知事も強い疑問を呈し、ニュースで話題になりました。

私自身、群馬に転勤して8か月が経ちますが、「上毛三山、尾瀬、利根の清流などの美しい大自然、草津や伊香保、四万といった温泉、上州和牛や下仁田ネギなどの豊富な農畜産物、今の大河ドラマも?たくさんの魅力にあふれているのに、なぜ?」という思いです。皆さんはどのように感じていらっしゃるでしょうか。

調査の結果はさておき、NHK前橋放送局では、今後も群馬県の魅力や話題を広く内外に発信することに努め、地域の皆さんのお役に立てる情報を発信する放送局を目指してまいります

特に今月おすすめしたい番組は、総合テレビ19日(金)午後7時30分から放送予定の「キタカン+  北関東 天狗夜噺(てんぐよばなし)」です。実はこの番組、今回が2回目の放送となりますが、魅力度ランキングで話題を集めた北関東エリアの宇都宮局、水戸局と連携して取材・制作を進めています。

北関東は知られざる天狗の聖地。天狗をテーマに3県それぞれの文化や歴史を訪ね、山と共に生きてきた北関東の人々の心のよりどころを深掘りします。コロナ禍の今こそ、天狗のご利益にあやかってみませんか?

20211116_1.jpg

20211116_2.jpg

NHK前橋・宇都宮・水戸放送局の3局が北関東の魅力を再発見する番組「キタカン+」。今回のテーマは「てんぐ」。コロナ禍の疫病退散の願いや「鬼滅の刃」のヒットを受け、いま熱い視線を集める。珍しい「てんぐの御朱印」人気で行列ができる神社、江戸の文献にも残る不思議な「てんぐ少年」伝説、人々の思いが込められた「てんぐのお面」、北関東のてんぐスポットを徹底紹介。ナビゲーターは、群馬出身の落語家・林家つる子さん

どうぞご期待ください。

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク

2021年10月01日 (金)NHK前橋放送局~藍の種に"まごころ"を込めて


 

広大なロケーション撮影でも話題を呼んだ大河ドラマ「青天を衝け」。多くの県民の皆さんにお楽しみいただき、心より感謝しております。本当にありがとうございます。

群馬県安中市に作られたオープンセット。すでにセットは解体されていますが、一歩踏み入れると「どこまでがセット?」とびっくりするくらいの広さでした。広大な畑に、ロケのために藍や桑などを植え、季節ごとにさまざまな情景を表現しました。そのロケ地で育てた藍からとった種を有効に活用したいと、NHKでは、“藍のたねプロジェクト”を立ち上げ、栄一ゆかりの全国各地の学校などに配付しました。現在、このプロジェクトに参加しているのは、全国50か所以上の小・中学校などの子どもたちです。

県内からは、安中市の細野小学校、磯部小学校、いそべこども園の子どもたちが参加し、学校や園で藍を育てています。子どもたちの活動の様子はNHKのホームページの中で随時紹介しています。ぜひご覧ください。

bnr_ainotane.jpg

20211001_01.jpg
【いそべこども園】

20211001_02.jpg
【磯部小学校】

参加校のひとつ、細野小学校では、9月に1、2年生の児童たちが収穫した藍の葉で「たたき染め」を体験。10月中旬に開催される運動会で着る衣装に、思い思いに模様をつけました。10月4日には、埼玉、東京、福島の学校とともに、オンラインで“藍のたねプロジェクト”報告会を行う予定です。10月下旬には藍の葉の「生葉染め」にもチャレンジするそうです。

20211001_03.JPG
【細野小学校「たたき染め」体験】

今回の“藍のたねプロジェクト”を通じて、子どもたちが「ジャパン・ブルー」とも呼ばれる、藍が生み出す色の美しさを体感し、主人公の渋沢栄一が、より身近な存在になるきっかけになればと思います。

広い空、美しい緑、土の色という田舎の風景に溶け込むような、まさに「ジャパン・ブルー」の着物を身にまとい、藍の買い付けに奔走した、経済人渋沢栄一。この商業活動の原点に想いを馳せると、現代社会を生きるための様々なヒントが見えてくる、そのような気がいたします。

10月17日(日)第31回放送では、群馬が誇る世界遺産、富岡製糸場がいよいよ登場予定です。日本の近代化に向けて、ドラマはまだまだ続きます。これからも応援よろしくお願いいたします。

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク

2021年09月01日 (水)NHK前橋放送局~9月のおすすめ


 

残暑も日ごとに和らぎ、初秋の季節となりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。季節の変わり目は体調をくずしやすいものです。どうぞ、ご留意ください。

さて、今回は9月のおすすめ番組(コーナー)をご紹介します。

まず、東京2020オリンピック・パラリンピック期間中、時間を短縮してお伝えしていた「ほっとぐんま630」は、9月6日(月)より、いつもの30分の放送枠に戻ります。
子どもたちの素朴な疑問に答えるコーナー「こどもナンデモ相談室」では、夏休みを利用したスペシャル・バージョンを放送します。「なぜオタマジャクシはカエルになるの?」「恐竜の色はどうしてわかるの?」。こうした難問?を寄せてくれた子どもたちに、専門家がオンラインでわかりやすくお答えします(9月9日、24日放送予定)。

20210901_01old.jpg

20210901_02.jpg
【変態中のオタマジャクシ】

 また、金曜夜7時30分からの「ぐんまスペシャル」は、大河ドラマの主人公・渋沢栄一のゆかりの場所を関東各地に訪ねる「青天を歩け!」をお伝えします。群馬パートは、生糸の輸出で日本を近代国家へ導いた世界遺産・富岡製糸場を舞台に、“絹と音”のつながりを紹介。繭の生産者、生糸を繰る工場の技術者など、渋沢の精神を現代に受け継ぐ人たちと出会います。ナビゲーターは人気ピアニストの清塚信也さん。富岡製糸場ゆかりのピアノが奏でる“関東シルクロードの音”も必見です(9月24日放送予定)。

20210901_03.jpg

20210901_04.jpg
【富岡製糸場ゆかりのピアノ】

放送会館オープンから50年。今後も新しいNHKらしさを追求しつつ、県民の皆さまにより親しまれ、信頼される放送局を目指してまいります。
この状況が一日でも早く終息へ向かいますことと、皆さまのご健康を心よりお祈り申し上げます。

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク

2021年08月01日 (日)NHK前橋放送局~おかげさまで開館50年を迎えます


 

東京オリンピックのほとんどの会場が無観客となる中、NHKでは、応援の気持ちを視聴者の皆さんと共有させていただく試みとして、「オンラインパブリックビューイング」を実施しています。
7月21日に放送した今大会最初の競技、ソフトボールの日本対オーストラリア戦が、その1回目でした。ホストタウンとしてオーストラリア代表の事前合宿をサポートされた群馬県の皆さんも、試合の行方をオンライン上でご覧いただけたのではないでしょうか。大会期間中、オールNHKで、視聴者の皆さんの声援を選手の皆さんへお届けします

20210801_03.jpg

 

さて、NHK前橋放送局は、現在の前橋市元総社町の放送会館で業務を開始して、8月16日で50年となります。日頃より「ほっとぐんま630」や「ぐんまスペシャル」をはじめ、地域放送事業を支えてくださっている、県民の皆さんにあらためて感謝を申し上げます。

20210801_01.jpg

そこで今回、県民の皆さんから「50年後も残したい、あなたにとっての“群馬のいいカンジ”」を募集します。県内各地の大好きな場所やものなど、思いを込めた標語に写真とエピソードを添えてお寄せください。皆さんからいただいた標語と写真を、選考のうえ、「ほっとぐんま630」の放送やホームページでご紹介させていただきます。

20210801_02.jpg

詳しくはこちら

これからも群馬県の皆さんの安心と安全を守り、県内の魅力を発信する地域の応援団として、職員・スタッフ一同尽力してまいります。どうぞよろしくお願い致します。

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク


ページの一番上へ

検索

カレンダー

2022年05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アナウンサー・キャスター

  • 原口雅臣
  • 菅原成美
  • 中谷実夏
  • 新村美里
  • 川崎寛司
  • 伊﨑都子
  • 阿部千明

前橋放送局

  • 局長 西村理
  • 前橋局スタッフ

バックナンバー

最新の日記


RSS