2022年01月14日 (金)体ぽかぽか♪上州ミネストローネ(伊﨑 都子)


 

今週の「3分ほっと」では、お餅を使った料理や、お正月に食べすぎた体に優しい料理をご紹介しています♪

きょう放送したレシピはこちら!

20220114_1.jpg

『体ぽかぽか♪上州ミネストローネ』

~材料(4人分)~

20220114_2.jpg

豚肩ロース・・・・・・200g
里芋・・・・・・・・・2個
大根・・・・・・・・・10cm
にんじん・・・・・・・2分の1本
長ねぎ・・・・・・・・2分の1本
白菜・・・・・・・・・2枚
板こんにゃく・・・・・2分の1枚
雑穀米・・・・・・・・50g
しょうが・・・・・・・1片

オリーブオイル・・・・大さじ2
水・・・・・・・・・・800ml
塩・・・・・・・・・・小さじ2分の1
こしょう・・・・・・・少々
トマトケチャップ・・・大さじ4
みそ・・・・・・・・・大さじ2
ゆずの皮・・・・・・・適宜

~作り方~
20220114_3.jpg

①豚肉に塩をまぶす。キッチンペーパーで包み、ラップをして、冷蔵庫で3日寝かせる。うまみたっぷりの「塩豚」に!

20220114_4.jpg

②具材を切る。塩豚はひと口サイズ、里芋、大根、にんじんは1cm角、白菜は3cm角に。こんにゃくはさっとゆでて1cmの角切りにする。長ねぎの白い部分は1cmの小口切りに、青い部分はわたを取って千切りにする。

20220114_5.jpg

③鍋にオリーブオイルとしょうがを入れて弱火にかける。しょうがの周りからふつふつと泡が出たら豚肉を入れ、焼き色が付くまで炒める。

20220114_6.jpg

④中火にして里芋、大根、にんじん、こんにゃく、長ねぎの白い部分を炒める。ケチャップを入れて軽く混ぜる。

20220114_7.jpg

⑤水を注ぎ、あくを取りながら5分ほど煮込む。雑穀米、白菜を入れてさらに3分煮込む。

20220114_8.jpg

⑥いったん火を止め、スープで溶かしたみそを加える。中火にかけ、塩こしょうで味を調える。

20220114_9.jpg

⑦器に注ぎ、お好みで長ねぎの青い部分とゆずの皮を散らして完成!

ケチャップみそ・・・合う・・・( ゚Д゚)!!
たっぷりの野菜とこんにゃく、塩豚の食感が楽しい「上州ミネストローネ」をぜひ作ってみてください!

20220114_10.jpg

フードコーディネーターの金澤亜希子さん(写真右側)、ありがとうございました!

 

投稿者:伊﨑都子 | 投稿時間:19:00 | カテゴリ:伊﨑都子 | 固定リンク

2022年01月13日 (木)栄養たっぷり♪いちごとビーツのバルサミコサラダ(伊﨑 都子)


 

今週の「3分ほっと」では
お餅を使った料理や、お正月に食べすぎた体に優しい料理をご紹介しています♪

きょう放送したレシピはこちら!
ビタミンやポリフェノールたっぷりのサラダです

202201131.jpg
『栄養たっぷり♪いちごとビーツのバルサミコサラダ』


~材料(2人分)~

202201132.jpg

いちご・・・・・・・・・・5粒
ビーツの水煮・・・・・・・1個
ミックスナッツ(無塩)・・・60g
カッテージチーズ・・・・・50g
ミントの葉・・・・・・・・適宜

★ドレッシング
バルサミコ酢・・・・小さじ1
オリーブオイル・・・大さじ2
塩・・・・・・・・・小さじ3分の1
こしょう・・・・・・少々


~作り方~

202201133.jpg
①いちごをぬれたキッチンペーパーで軽く拭く。種の溝に水分がたまらず、ドレッシングがよく絡む!

202201134.jpg
②いちご、ビーツを2cm角に切る。ビーツは酢と一緒に茹でておくと発色◎

202201135.jpg
③ミックスナッツをアルミホイルに乗せ、グリルで弱火で1分、焼き色が付くまで焼く。カリカリとした食感と香ばしさUP!

202201136.jpg
④ボウルにバルサミコ酢、塩、こしょうを入れ、塩が溶けるまでよく混ぜる。先にオリーブオイルを入れてしまうと塩が溶けないので注意!

202201137.jpg
⑤オリーブオイルを少量ずつ加えながら混ぜる。

202201138.jpg
⑥いちご、ビーツ、ナッツにドレッシングをかけてあえる。

202201139.jpg
⑦器に盛り、カッテージチーズを乗せる。お好みでミントの葉を添えて完成♪


ビーツの甘みとカッテージチーズの塩気が絶妙・・・!
ナッツの食感が楽しい栄養満点のサラダをぜひ作ってみてください!

 

 

投稿者:伊﨑都子 | 投稿時間:20:02 | カテゴリ:伊﨑都子 | 固定リンク

2022年01月12日 (水)もつ鍋の締めに!おもちーずフォンデュ(伊﨑 都子)


 

今週の「3分ほっと」では
お餅を使った料理や、お正月に食べすぎた体に優しい料理をご紹介しています♪

きょう放送したレシピはこちら!

202201121.jpg
『余ったお餅で!もつ鍋&締めのチーズフォンデュ』


~材料(2人分)~

202201122.jpg

豚の白もつ・・・・100g
キムチ・・・・・・100g
にら・・・・・・・2分の1束
長ねぎ・・・・・・1本
しめじ・・・・・・1房
木綿豆腐・・・・・2分の1丁
中華スープ・・・・400ml
塩・・・・・・・・小さじ2分の1
コチュジャン・・・小さじ1

モッツァレラチーズ・・・100g
餅・・・・・・・・・・・3個

~作り方~

202201123.jpg
①もつにキムチをまぶす。

202201124.jpg
②具材を切る。にらは5センチに、長ねぎは斜め薄切りに、豆腐は1センチ幅に。しめじは石づきを取り、小分けにする。

202201125.jpg
③土鍋に①②を入れる。中華スープ(鶏がらスープを水で溶かしたもの)、コチュジャン、塩を混ぜ、鍋に注ぐ、

202201126.jpg
④ふたをして中火にかける。沸騰したら弱火にし、野菜が煮えたら食べごろ。


~締めのチーズフォンデュ~

202201127.jpg
⑤餅を一口サイズに切り、焼き色がつくまで焼く。

202201128.jpg
⑥スープを再度火にかけ、沸騰したらモッツァレラチーズをちぎって入れる。

202201129.jpg
⑦お餅を絡めてチーズフォンデュの完成!

ぜひ作ってみてください!

 

投稿者:伊﨑都子 | 投稿時間:19:25 | カテゴリ:伊﨑都子 | 固定リンク

2022年01月11日 (火)電子レンジで簡単!お餅と黒豆で塩大福(伊﨑 都子)


 

明けましておめでとうございます!
2022年も「ほっとぐんま630」をよろしくお願いいたします

今週の「3分ほっと」ではお餅を使った料理や、お正月に食べすぎた体に優しい料理をご紹介しています♪

きょう放送したレシピはこちら!

2022011101.jpg
『余ったお餅で!黒豆塩大福』


~材料(6個分)~

2022011102.jpg

★生地
餅・・・・・3個
砂糖・・・・大さじ1
塩・・・・・小さじ1/3
黒豆・・・・20粒程度

★あん
こしあん・・90g
塩・・・・・少々

片栗粉・・・適量


~作り方~

2022011103.jpg
①黒豆をキッチンペーパーで包み、水分を取る。

2022011104.jpg
②こしあんに塩少々を混ぜ、6等分にして丸める。

2022011105.jpg
③耐熱容器に、小さく割った餅、砂糖、塩、水を入れる。ラップをふわっとかけ、600Wの電子レンジで2分加熱する。

2022011106.jpg
④軽く混ぜ、ラップを外したままさらに1分加熱する。

2022011107.jpg
⑤ゴムベラで手早く混ぜてなめらかにする。

2022011108.jpg
⑥バットに片栗粉を敷き、生地を落とす。片栗粉をまぶしながら6等分にする。

2022011109.jpg
⑦生地を5cmほどの円形に平たくのばす。黒豆3、4個の上に乗せて押さえる。

20220111010.jpg
⑧あんを乗せ、生地をのばしながら包む。

20220111011.jpg
⑨片栗粉をたっぷりつけて皿に置き、完成。


ぜひ作ってみてください!

 

投稿者:伊﨑都子 | 投稿時間:19:00 | カテゴリ:伊﨑都子 | 固定リンク

2022年01月11日 (火) まちに新しい物語を(原口 雅臣)


 

明けましておめでとうございます。
「ほっとぐんま630」ともども、ことしもどうぞよろしくお願い致します。
そして、皆さんにとって、新しい年が、幸多き1年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

番組の3人のキャスターが、県内で輝いている方にお話しを伺う「インタビューぐんまびと」
去年暮れの放送では、桐生市にあるカフェ兼コミュニティスペース、カイバテラスの代表、齋藤直己(さいとう・なおみ)さんにお話しを伺いました。

2022011112.jpg

齋藤さんは43歳。30代半ばでふるさと桐生にUターンし、古い町並みが残る本町地区を拠点に、まちづくり、にぎわいづくりに熱心に取り組んでいます。
カイバテラスも、明治初期に建てられた長屋を改装したもので、買い物ができる場=買場(かいば)と、長屋を意味するテラスを組み合わせて名付けたんだとか。
2022011116.jpg2022011114.jpg

齋藤さんは、カイバテラスの近くに地図デザインの事務所を構え、本業のかたわら、カイバテラスで定期的にマルシェやイベントを開いたり、地域のイベント運営の中心を担ったりしています。
桐生ではおなじみの物産市、「買場紗綾市(かいばさやいち)」もそのひとつです。
2022011115.jpg

私は、これまでにも、まちを元気にするために、地域に人を呼び込むために熱心に取り組んでいる方にお話しを伺ってきました。
多くの方が、強いリーダーシップや情熱をお持ちだったり、自らの信念に向かって突き進んでいくようなタイプだったりしたのですが、齋藤さんは少し違いました。

その齋藤さんに、「まちづくり、にぎわいづくりのためのイベントは、一時的に人を集めることはできますが、長続きしないのでは?」と尋ねてみました。
すると、こんな答えが返ってきました。
「自分たちが暮らすまちを、暮らしている人たちが知恵を出し合って、より居心地の良い場所にすることがまちづくりで、イベントを開くのは、多くの人たちにまちに関心を持ってもらう、きっかけを作るためなんです」と。

その答えから、齋藤さんの考えるまちづくりとは、一部の人が主導するものではなく、みんなで参加するものなのだということがわかりました。
そして、それこそが、まちづくりの理想的な姿なのではないかと…。

いま、齋藤さんの周りにはいろいろな人たちが集まり始めています。
そこには、号令をかける人がいるわけでもなく、お付き合いで参加している人もいません。
それぞれが自ら進んで参加し、まちづくりを楽しんでいるようにすらみえます。
202201111301.jpg

都市部を中心に、地域との関わり、ご近所付き合いが希薄になるなか、桐生を訪ねて、住民たちが主体的にまちづくりに参加する姿を垣間見ることができました。
この動きがどんな広がりをみせるのか、今後も注目していきたいと思っています。

 

投稿者:原口雅臣 | 投稿時間:16:15 | カテゴリ:原口雅臣 | 固定リンク

2022年01月04日 (火)2022年の年頭にあたり(局長 西村 理)


 

一昨年に続き、昨年も新型コロナウイルスに見舞われた1年でした。感染者数は全国的にみても減少傾向にありますが、変異株が次々と現れるなど、まだまだ予断を許さない状況が続いています。入院や闘病生活をされている皆さんの1日も早いご回復をお祈りするとともに、治療に迅速にあたられている医療従事者の皆さんに改めて感謝と敬意を表します

今年は、より地域に密着した情報発信に取り組んでまいります。特に県東部、いわゆる東毛地域を中心として取材に力を入れていきたいと考えています。また、地域に根づいて取材を進めている地元のコミュニティFM局やケーブルテレビの皆さんと連携して新しいコーナーを立ち上げます。NHKが地域メディアと協力して放送することで、災害時などに県民の皆さんがその双方をうまく活用し、命と暮らしを守る、よりきめ細かな情報を迅速に入手できるようになると考えます。東毛地域から始めて徐々に県内全域に広げることにしています。

20220104_01.jpg 20220104_02.jpg

また、地域に暮らす外国人との共生に寄与し、NHKの公共メディアとしての存在感をさらに高めていきたいと考えています。県内に住む外国人を取り上げた企画リポートや番組を積極的に放送していきます。自動車工場などが集積する東毛地域に暮らす外国人は年々増加し、県内では6万人に上り、都道府県人口に占める外国人人口の割合は東京、愛知に次いで全国3番目となっています。そうした外国人の生活上の課題、従事する農業や製造業の現状に焦点を当てた番組を取り上げていくことで地域と外国人との共生に貢献していきたいと考えています。

20220104_03.png 20220104_04.png 

県内向けテレビ放送開始から丸10年。ようやく県民の皆さんに県内情報の発信メディアとして認知され、取材をはじめ放送事業にご理解とご協力をいただけるようになりました。今後も引き続き、地域の課題や地域に根ざした話題により真摯に向き合い、分かりやすく発信していくことが、県民の皆さんから信頼され親しまれる報道機関となるために重要な取り組みだと考えます。

20220104_06.JPG

今年も職員スタッフ一丸となって取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:局長 西村理 | 固定リンク

2021年12月01日 (水)NHK前橋放送局~より地域に根ざした情報発信に取り組みます(局長 西村 理)


 

今年もあと一か月となりました。県内も社会経済活動や学校等が再開し、少しずつ活気を取り戻しつつありますが、このあとの第6波への懸念もいだいてなりません。皆さまにおかれては、引き続き、感染予防にご留意いただければと思います

さて、先月のブログで「全国都道府県別魅力度ランキング」についてふれました。「これほどたくさんの魅力に溢れている群馬県」が44位。これはおそらくですが、「県民の間でも十分知られていない」のが原因の一つになっているのではないでしょうか。

例えば、「東国文化」という言葉。「県内には古代の歴史文化遺産(古墳、埴輪(はにわ)、遺跡、上野三碑(こうずけさんぴ)など)が数多く残され、東日本の中心地として東国文化が栄えていました。あなたは「東国文化」という言葉を知っていますか(令和元年度県政県民意識アンケート)」について、7割近くの方が知らないと回答しています。

前橋放送局は、溢れんばかりある「ぐんまの魅力」をより広く県民に知っていただけるように、平日午後6時30分の「ほっとぐんま630」や金曜午後7時30分の「ぐんまスペシャル(随時)」で、引き続き、地域に根ざした役に立つ情報の発信に取り組んでまいります。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

20211201_03.jpg

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:局長 西村理 | 固定リンク

2021年11月01日 (月)NHK前橋放送局~北関東ぐんまの魅力を全力でお届けします(局長 西村 理)


 

民間調査会社による「全国都道府県別魅力度ランキング」が今年も発表されました。群馬県の結果は前年度から4ランクダウンの44位。この調査結果に関して、知事も強い疑問を呈し、ニュースで話題になりました。

私自身、群馬に転勤して8か月が経ちますが、「上毛三山、尾瀬、利根の清流などの美しい大自然、草津や伊香保、四万といった温泉、上州和牛や下仁田ネギなどの豊富な農畜産物、今の大河ドラマも?たくさんの魅力にあふれているのに、なぜ?」という思いです。皆さんはどのように感じていらっしゃるでしょうか。

調査の結果はさておき、NHK前橋放送局では、今後も群馬県の魅力や話題を広く内外に発信することに努め、地域の皆さんのお役に立てる情報を発信する放送局を目指してまいります

特に今月おすすめしたい番組は、総合テレビ19日(金)午後7時30分から放送予定の「キタカン+  北関東 天狗夜噺(てんぐよばなし)」です。実はこの番組、今回が2回目の放送となりますが、魅力度ランキングで話題を集めた北関東エリアの宇都宮局、水戸局と連携して取材・制作を進めています。

北関東は知られざる天狗の聖地。天狗をテーマに3県それぞれの文化や歴史を訪ね、山と共に生きてきた北関東の人々の心のよりどころを深掘りします。コロナ禍の今こそ、天狗のご利益にあやかってみませんか?

20211116_1.jpg

20211116_2.jpg

NHK前橋・宇都宮・水戸放送局の3局が北関東の魅力を再発見する番組「キタカン+」。今回のテーマは「てんぐ」。コロナ禍の疫病退散の願いや「鬼滅の刃」のヒットを受け、いま熱い視線を集める。珍しい「てんぐの御朱印」人気で行列ができる神社、江戸の文献にも残る不思議な「てんぐ少年」伝説、人々の思いが込められた「てんぐのお面」、北関東のてんぐスポットを徹底紹介。ナビゲーターは、群馬出身の落語家・林家つる子さん

どうぞご期待ください。

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:局長 西村理 | 固定リンク

2021年10月01日 (金)NHK前橋放送局~藍の種に"まごころ"を込めて(局長 西村 理)


 

広大なロケーション撮影でも話題を呼んだ大河ドラマ「青天を衝け」。多くの県民の皆さんにお楽しみいただき、心より感謝しております。本当にありがとうございます。

群馬県安中市に作られたオープンセット。すでにセットは解体されていますが、一歩踏み入れると「どこまでがセット?」とびっくりするくらいの広さでした。広大な畑に、ロケのために藍や桑などを植え、季節ごとにさまざまな情景を表現しました。そのロケ地で育てた藍からとった種を有効に活用したいと、NHKでは、“藍のたねプロジェクト”を立ち上げ、栄一ゆかりの全国各地の学校などに配付しました。現在、このプロジェクトに参加しているのは、全国50か所以上の小・中学校などの子どもたちです。

県内からは、安中市の細野小学校、磯部小学校、いそべこども園の子どもたちが参加し、学校や園で藍を育てています。子どもたちの活動の様子はNHKのホームページの中で随時紹介しています。ぜひご覧ください。

bnr_ainotane.jpg

20211001_01.jpg
【いそべこども園】

20211001_02.jpg
【磯部小学校】

参加校のひとつ、細野小学校では、9月に1、2年生の児童たちが収穫した藍の葉で「たたき染め」を体験。10月中旬に開催される運動会で着る衣装に、思い思いに模様をつけました。10月4日には、埼玉、東京、福島の学校とともに、オンラインで“藍のたねプロジェクト”報告会を行う予定です。10月下旬には藍の葉の「生葉染め」にもチャレンジするそうです。

20211001_03.JPG
【細野小学校「たたき染め」体験】

今回の“藍のたねプロジェクト”を通じて、子どもたちが「ジャパン・ブルー」とも呼ばれる、藍が生み出す色の美しさを体感し、主人公の渋沢栄一が、より身近な存在になるきっかけになればと思います。

広い空、美しい緑、土の色という田舎の風景に溶け込むような、まさに「ジャパン・ブルー」の着物を身にまとい、藍の買い付けに奔走した、経済人渋沢栄一。この商業活動の原点に想いを馳せると、現代社会を生きるための様々なヒントが見えてくる、そのような気がいたします。

10月17日(日)第31回放送では、群馬が誇る世界遺産、富岡製糸場がいよいよ登場予定です。日本の近代化に向けて、ドラマはまだまだ続きます。これからも応援よろしくお願いいたします。

 

投稿者:局長 西村理 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:局長 西村理 | 固定リンク

2021年09月30日 (木)限界集落に憩いの場を(原口 雅臣)


 

こんにちは!「ほっとぐんま630」の原口雅臣です。

東京オリンピック、パラリンピックが終わり、「ほっとぐんま630」は放送を再開しました。同時に、番組の3人のキャスターが、県内で輝いている方にお話しを伺う「インタビューぐんまびと」も再開。9月28日の放送では、南牧村星尾地区にある星尾温泉の代表、小保方努(おぼかた・つとむ)さんにお話しを伺いました。

20210930-1.jpg

太田市出身の小保方さんは、私と同世代の45歳。もともと、こどもたちを対象にした自然体験学習のインストラクターをしていました。30代後半のとき、仕事で訪れた南牧村の自然にほれ込み、“エイヤーと移り住んでしまった”といいます。

移住後は、民宿の手伝いをしたり、廃校にレストランを開いたりして生計を立てていましたが、いまから4年ほど前、手伝っていた民宿の主が、星尾地区に戦後まであった温泉を復活させるプロジェクトを立ち上げ、小保方さんも参加することになりました。

プロジェクトには、小保方さんら村に移住した人と、村にほれ込んで足しげく通う村外の有志、あわせて15人が参加し、築200年の空き家に、1年がかりで温泉を復活させました。それが、小保方さんが代表を務める星尾温泉木の葉石の湯(このはいしのゆ)です。

20210930-2.jpg

20210930-3.jpg

2018年9月の開業から丸3年。併設したレストランとともに、少しずつ客足を伸ばしてきましたが、新型コロナの感染拡大で、この1年ほどは、温泉の営業は金土日と祝日のみ、レストランは休業に追い込まれました。

温泉のある星尾地区は、高齢者ばかり15世帯が暮らす限界集落です。そんな集落で、小保方さんは、温泉を、「地元の人たちと都市部の人たちとの交流の場」、「地元の人が働ける雇用の場」に育てていきたいと考えています。思いを実現させるため、これまでに、離れに宿泊施設を整備し、レストランを再開させる準備も進めています。

20210930-4.jpg

人口減少の時代を迎え、過疎化と高齢化が進む自治体を中心に、都市部から移住者を呼び込もうという動きが活発です。しかし、その一方で、移住者が増えない、なかなか定着しないという課題も抱えています。

こうしたなか、小保方さんの営みが、過疎化と高齢化の進んだ集落の、維持と活性化に資する取り組みとして、たとえゆっくりでも、大きな花を咲かせるといいなと思います。
独身の小保方さんは、人生のパートナーも募集中なんだとか。そちらも大きな花が咲きますように…(笑)。

「インタビューぐんまびと」の次回の放送は10月19日、菅原キャスターが担当する予定です。どうぞご期待ください。

 

投稿者:原口雅臣 | 投稿時間:12:00 | カテゴリ:原口雅臣 | 固定リンク


ページの一番上へ