2020年02月13日 (木)沼田市で愛情と栄養いっぱいの給食試食会が実施されました!(沼田支局 記者)


 

はじめまして!
沼田支局 新米記者の阿部未和です!

これからどんどん北毛エリアの魅力を取材し、お伝えしていきますので、
皆さんどうぞよろしくお願いいたします!

20200213-1.PNG

さて、1月29日は沼田市にある利根保健福祉センターへ
「給食試食会」の取材に行ってきました。

これは、毎年1月24日~30日に定められている
「全国学校給食週間」にあわせて開かれました。
全国学校給食週間とは、学校関係者をはじめ、保護者や地域住民が、
学校給食の意義や役割の理解や関心を深めるための週間なんだそうです!

そんな給食試食会には、市内に住む11人の方が参加されました。
初めて参加される方から、常連の方まで、
皆さん、久しぶりの給食にわくわくしているご様子。
もちろん私もわくわくです!笑

 

20200213-2.PNG

献立は、ビビンバ・ピリ辛みそ汁・牛乳・みかんでした。
使用された食材は、ほとんどが沼田産もしくは群馬県産のもの。

 

20200213-3.PNG

たとえば、ビビンバには沼田産のほうれん草やネギ、お米、群馬県産の卵や豚肉。

 

20200213-4.PNG

みそ汁には沼田産のしらたきや味噌に大根、
群馬県産のキャベツやニラが入っていました。

どれも具だくさんで、見るからに栄養満点そうですよね。
もちろんお味も満点!
試食会に参加された皆さんも、口々に「おいしい」とおっしゃっていました。

 

給食についてさまざまなお話をしてくださった栄養士の方によりますと、
給食を食べている児童や生徒の様子を見て、
「あまりかんでいなかったから、次の献立は具材を大きくしよう」とか
「好き嫌いなく食べてもらうにはどうしたらいいだろう」とか、
日々さまざまな工夫をこらして給食を作っているのだそうです!

そしゃく回数まで考えて、
具材の大きさや食材を変えていただけるなんて驚きでした。

おいしくて栄養満点の給食を、300円に満たない低価格で実現させている
栄養士さんや調理師さんには頭が下がります・・・。

愛情と栄養がたっぷり詰まった学校給食は、地元のことも学べるいい機会でもあります。

来年も給食試食会は実施予定とのことですので、
皆さんもぜひ参加してみてください!

 

投稿者:沼田支局 記者 | 投稿時間:15:24 | カテゴリ:沼田支局 記者 | 固定リンク

2019年12月26日 (木)聴いてください、見てください♪(落合 慶子)


 

♪もういくつ寝ると・・・のこの時期に、ことし初めてのブログです。
キャスターの落合慶子です。
いつも「ほっとぐんま640」を見てくださり、ありがとうございます!
今回は、じっくりと“聴いてほしい”番組のお知らせです。

先日、FMラジオの音楽番組まろのSP日記の公開収録を行ってきました♪
「まろ」の愛称で親しまれているNHK交響楽団第一コンサートマスター 篠崎史紀さんが、
貴重なSPレコードの名演奏を紹介する、ことしで放送10年目の番組です。

 

20191226-1.jpeg

♪出演者のみなさんと♪

 

収録は、ことしオープンした高崎芸術劇場・音楽ホールで行われました!
まろさん、ゲストのピアニスト 入江一雄さん、チェリスト 笹沼樹さんのトークあり、
三重奏などの生演奏ありの内容盛りだくさん!
県内外からのお客さんとともに、2020年に生誕250年を迎えるベートーベンなど
“来年アニバーサリーを迎える作曲家の楽曲”も 蓄音機で味わいました。

20191226-2.jpeg

蓄音機はとても立派なもので、蓄音機研究家 マック杉崎さんが埼玉から持ってきてくださいました。

 

20191226-3.jpg

放送は2時間ですが、収録は大盛り上がりで、お伝えできなかった話やレコードもあったほど!
どのような放送になるのか、放送当日はわたしもドキドキしながらラジオの前でスタンバイします・・・。
帰省や旅行の移動中に。大掃除に疲れたら。年末の夜にほっと一息、どうぞお聞きください♪

 

◆放送予定◆
NHK-FM
『まろのSP日記 第22集 音楽のある街・高崎市から 2020~新たな時代の節目に向けて~』
2019年12月28日(土) 午後9時~午後11時

 

そして今週は、ほっとぐんま640「好きです、群馬。スペシャル」を放送しました!
視聴者のみなさまの写真や絵手紙などの作品を紹介する“すきぐん”は、
番組開始当初から続く、大人気ご長寿コーナー!
ことしは、みなさんのご自宅や作品を作る現場に行ってみよう!と、安川侑希キャスターが発案し、
3人の投稿者に密着させていただきました。


20191226-4.PNG

♪渋川市の生方さん。一家そろって見てくれていました!


20191226-5.PNG

♪ことしは1800点以上の作品をお寄せいただきました!


スペシャルを通して、作品ひとつひとつにたくさんの時間や思いが詰まっていることを
再確認することができました。
ことしは、大切な“すきぐんファミリー”のおひとりが亡くなられたという悲しい訃報もありました。
この方は約7年にわたって、放送されただけでも36もの作品でコーナーを支えてくださいました。
訃報の連絡は、別の投稿者の方が教えてくださり、
また、亡くなられた翌週には娘さんが作品を送ってくださったり、と
・・・みなさんとの深いつながりを改めて実感できました。

これからも、作品を通して視聴者のみなさんと番組の架け橋になれるよう、
がんばろう!と安川キャスターと誓い合いました★
みなさま、新年もどうぞよろしくお願いいたします♪


「好きです、群馬。」ことしお寄せいただいた作品の一部は、
前橋放送局1階ロビーで、2020年1月10日(金)(9:30~18:00)まで掲示予定ですので、
ぜひ見に来てくださいね♪(年末年始の12月28日(土)~翌1月5日(日)までは休館)

 

投稿者:落合慶子 | 投稿時間:10:40 | カテゴリ:落合慶子 | 固定リンク

2019年12月18日 (水)大河ドラマ「いだてん」最終回に出演!!!長野原町"白バイ"(吉川 明穂)


 

20191218-11.png

皆さん、大河ドラマ「いだてん」ご覧になっていましたか?特に最終回ご覧になりましたか?
私は、1話から欠かさずに見ていて大好きなドラマです☆

20191218-2.jpg

12月9日(月)に「ほっとぐんま640」Road to TOKYO 2020のコーナーでお伝えしましたが…
実は、12月15日(日)放送の「いだてん」最終回に
長野原町「浅間記念館 二輪車展示館」に展示されている白バイが、登場したんです♪

20191218-3.png

それが、こちらの白バイ、「メグロスタミナK1P」です。
1964年の聖火リレーで神奈川県内を走ったランナーを、実際に先導したといわれています。
当時、オリンピックのために500台製造され、現在は、全国に数台しか残っていない貴重なものです。

ではなぜ、長野原町の二輪車展示館に展示されているんでしょうか?
それは、長野原町“オートバイの聖地”だからなんです!!!

20191218-4.png

さかのぼること64年前、日本で初めての本格的なオートバイレースが長野原町で行われました。
これをきっかけに“オートバイの聖地”と呼ばれるようになり、
町と愛好者たちが後世に語り継ごうとオートバイの展示館を建てたんです。
13年前から白バイも展示されるようになりました。

20191218-5.jpg

この白バイ、エンジンが掛かりませんでしたが、今回の「いだてん」出演のため、
埼玉県の工場で5日ほどかけ、エンジン部品の清掃やライトを修理。輝きを取り戻しました。
そして9月。千葉県で「いだてん」の撮影を無事に終えました。
       
20191218-6.jpg 20191218-7.png

“完全復活した白バイを見てもらいたい”と、長野原町では、12月1日、お披露目会が開かれました。
バイクファンにはたまらない、現役の白バイとの共演も果たしました。

20191218-8.jpg

新たな歴史を刻み始めた白バイ。56年ぶりの聖火リレーに向け、準備万端です!
群馬県内の聖火リレーは3月31日から2日間で15市町村を巡り、長野原町では4月1日に聖火リレーが行われます。
町は、この“1964年の白バイ”を訪れた人たちに見てもらえるよう検討しているそうです!
ぜひ、来年の聖火リレーで、再び、走ってほしいですよね!

20191218-9.jpg 20191218-10.jpg

↑撮影でお世話になった皆さんと!ありがとうございました♪   ↑貴重な白バイに乗車させて頂きました☆

 

投稿者:吉川明穂 | 投稿時間:14:06 | カテゴリ:吉川明穂 | 固定リンク

2019年12月17日 (火)Road to TOKYO 2020!12/18 おはよう日本 ご覧ください!!!(吉川 明穂)


 

20191217-11.jpg 20191217-12.png

11月15日に『Road to TOKYO 2020』のコーナーで、
東京パラリンピックを目指す、ボッチャ競技の海保美宏選手についてお伝えしました。
この放送が、「おはよう日本」で再放送されることになりました!

 

20191217-13.png

とっても笑顔が素敵な海保選手。去年の全国大会で、4位に入る実力の持ち主です!
12月20日~22日に開かれる、日本選手権の優勝がパラリンピック出場への鍵を握っています。

 

生まれつき脳性まひの海保選手は、足などに障害がありましたが、
幼いころからスポーツが大好きで卓球などを楽しんでいました。
しかし、35歳のとき、頸椎を損傷した影響で車いすの生活になり、
やりたいスポーツができなくなりました。

 

転機は今から3年前の44歳のとき。ボッチャとの出会いです。
始めて1年もたたないうちに日本選手権で5位。ボッチャが心の支えとなったそうです。

20191217-14.png 20191217-15.png

海保選手には心強い応援団がいます。奥さんと2人の子どもたちです。
休日は家族で練習に励んでいます。

実は、奥さんと子どもたちは
ことし1月に行われたボッチャの大会の一般の部で準優勝するほどの実力があります。

20191217-16.png 20191217-17.png

会社にも応援団がいます!
海保選手は普段、太田市にある会社で事務やパソコンを使った仕事をしていますが、
会社には、同僚たちから寄せられた応援メッセージが飾られています。

 

会社が終わったあと毎日、練習に励んでいる海保選手。
障害と向き合い、生きる喜びを与えてくれたボッチャ、小さなボールに大きな夢が込められています。

 20191217-18.png

“金メダルをとって、世界一になりたい”と話す、海保選手!
いつまでも応援しています!!!頑張ってください!!!

 

今回、海保選手をご紹介する全国放送は、
【おはよう日本 シリーズ:パライロ】
日時は、12月18日(水)午前6時台です。是非、ご覧ください!!!

 20191217-19.jpg 20191217-20.jpg

(↑海保選手にボッチャ教えてもらいました♪誰でも楽しめますよ~)

 

投稿者:吉川明穂 | 投稿時間:18:27 | カテゴリ:吉川明穂 | 固定リンク

2019年11月28日 (木)紅葉楽しみました!(新村 美里)


 

毎日、気温の変化が大きいですね。
初冠雪の便りも続々と届き、冬らしい日も増えてきました。
そんな中、11月は4週にわたって、
県内の紅葉スポットから気象情報をお伝えしました。
私にとって、初めての中継でした!


1回目、草津町の道の駅(11月1日)から始まり、

20191128-01.jpg

渋川市の伊香保温泉にある河鹿橋(11月8日)、

 20191128-02.jpg 

藤岡市の桜山公園(11月15日)、

20191128-03.jpg

そして、桐生市の崇禅寺(11月22日)。

20191128-04.jpg


お邪魔したときは運良く、どこも見ごろに近かったので、
きれいな紅葉を見ることができました。
紅葉を見に来られている方も多かったですね!

今年は全国的に見ごろが少し遅く、
場所によってはまだ紅葉が楽しめるところもあるようです。
本格的な冬が来る前にぜひ堪能してください。

声をかけてくださった皆さん、
ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました!
次はどこに“お出かけ”できるか、楽しみです。

 

投稿者:新村美里 | 投稿時間:10:08 | カテゴリ:新村美里 | 固定リンク

2019年10月18日 (金)富岡製糸場で「花まゆ」展 10月20日(日)まで!(吉川 明穂)


 

20191018-1.jpg

先月、ほっとぐんま640「いちおしGUNMA」のコーナーでお伝えした、「花まゆ」展
富岡製糸場で、世界遺産登録5周年を記念して開かれています。おでかけの参考にいかがでしょうか?


20191018-2.jpg 20191018-3.jpg

皆さんは、「花まゆ」をご存知でしょうか? 放送の時、私の胸に付けていたコサージュも「花まゆ」ですよ~♪
「花まゆ」は、群馬県産の繭で作られた造花なんですが、ぜひ実際にご覧いただきたい!と思います。

 

会場には、ステキな「花まゆ」の作品が30点ほど展示されています♪

20191018-4.jpg

甘い香りで知られる、ライラック

20191018-5.jpg

こちらは、ケイトウ。繭と言われなければわからない繊細なつくりです。

20191018-6.jpg

「花まゆ」を30年前に考案したのは、酒井登巳子さんです。
生糸にすることができない、それまで捨てられていた繭を使って作り始めたそうです。

 

20191018-7.jpg

今回の作品展のテーマは「絹が結ぶ縁」。それは、フランスとの縁です。
フランスのリヨンは、かつて世界一の絹織物産地で、富岡の生糸が輸出されていました。
そこで、日仏文化交流160周年となる去年、酒井さんはリヨンで「花まゆ」の作品展を開きました。

 

20191018-8.jpg

この作品は「リヨンのバラ」
リヨンで称賛された、こうした作品の一部も今回、展示されています。

 

20191018-9.jpg 20191018-91.jpg

今回の最大の見どころは、こちらの作品。
横幅3mもあります!1万8000輪の花がついています。
全国に40ある「花まゆ」教室の先生と生徒およそ300人が
富岡製糸場の世界遺産登録5周年を記念して作りました!

 

実は、「花まゆ」の作品は販売していないんです!
ですので、自宅で飾りたい!と思ったら自分で作るしかありません(笑)
「花まゆ」の作品を作ってみたい!という方は、NHK文化センター前橋教室へお問い合わせください。

20191018-92.jpg
↑私も作ってみました!!不器用な私でも、かわいく作れました!(笑)皆さんもぜひ!

 

富岡製糸場と「花まゆ」展~繭から生まれた花~
 開催:10/20(日)まで! 会場:富岡製糸場 東置繭所
 問い合わせ先:富岡製糸場 0274-64-0005
▼NHK文化センター 前橋教室
 問い合わせ先:027-221-1211

 

20191018-93.jpg
取材でお世話になった皆さんと☆ 本当にありがとうございました!

 

投稿者:吉川明穂 | 投稿時間:10:50 | カテゴリ:吉川明穂 | 固定リンク

2019年09月27日 (金)1年半、ありがとうございました!(栗原 麻衣)


 

こんにちは。前橋局キャスターの栗原麻衣です。
9月末をもって退職することになりました。

去年の4月に地元群馬へ戻り、さまざまな企画を作って放送してきました。
どの企画も思い出深く、県民の皆さんの温かさに支えられたと感じています。

特にこの半年は、「ぶっつけ本番旅」のコーナーで8つの市町村に伺いました。
大きなカメラを向けて突然話しかけるのは、皆さんを本当に驚かせて、失礼だなあと感じていましたが、いい意味で、地域の皆さんの“準備をしない良さ“を引き出すのが楽しみでした。
「テレビの取材で伺います!」と事前にお伝えすると、取材先の皆さんは化粧をして身なりを整え、話す内容を準備する方が多いのです。私もきっとそうします。(笑)
ですが、汗をかきながら一生懸命、野菜をつくる姿や、友人同士が方言で楽しく話す様子、いつも思っているからこそ出る妻への素直な思いなどに触れて、飾らないからこそ、いつもの表情と言葉だからこそ伝わる“地域の魅力”が大好きでした。そもそも何も準備しなくても、地域の皆さんのそのままが魅力的なのだと思います。

生まれ育っただけでは分からない、ステキな群馬県民にふれあい、地のものを味わい、心から幸せな1年半でした。
本当にありがとうございました!

放送の仕事からは離れますが、今後も群馬の力になれるような仕事をしていきます。
いつかまたどこかで!


20190927.jpg
沼田ロケの日、偶然おそろいの格好をしていた石井キャスターと。

次回の「ぶっつけ本番旅~川場村~」は石井キャスターが向かいます!
どんな旅になるんでしょう…? 温かく見守ってください。

 

投稿者:栗原麻衣 | 投稿時間:11:37 | カテゴリ:栗原麻衣 | 固定リンク

2019年09月13日 (金)9月は防災月間!命を守るための防災(吉川 明穂)


 

最近、“防災士”の資格を取得した吉川です。正確な防災知識を学びたいと思ったからです!!

20190913-1.jpg

 

皆さんは、「防災」と聞いてどんなことを準備しますか?食料や水の備蓄など避難所で使うものなどを考えましたか?
それも、とても大事なことなんですが、そういうものが必要になるのは、災害後、生き延びたあとなんです!
まずは、「生き延びるための防災」について考えなければなりません。

 20190913-2.jpg

防災の日を前に、8/29(木)「ほっとぐんま640」では、
命を守るための防災について群馬大学大学院の金井昌信教授に伺った内容をお伝えしました。

20190913-3.jpg

金井教授は、今年2月、群馬県内の全小中学校を対象に、地震の避難訓練の実態を調査しました。
その結果、8割近い小中学校が、訓練の日時を「事前に」児童に伝えていました。災害は、告知はしてくれません。
また、ほとんどの小学校が、授業中に教室で訓練を行っていたことが分かりました。

20190913-4.jpg

そこで、金井教授は、協力を得た県内の小中学校で、「抜き打ちの避難訓練」を提案し実施しました。
すると、掃除中の子どもたちは、机の上にいすが乗っている状態にも関わらず、机の下に潜る。
廊下にいる子どもは、なぜか教室に戻り、机の下へ。
また、運動場にいる子どもは、なんと一目散に危険な校舎に向かっていきました。

20190913-5.jpg

金井教授は、「揺れて崩れてきそうな危険なところに自分から行っていますよね。それって命を守る行動ですか?違いますよね?でも、子どもたちは、全然習ったことができてないですか?違いますよね。なぜ机の下に潜るのか考えないでいるから、その行動だけが染みついてしまっている、あまりにも危険です」と指摘しています。
今後、各学校では、これまでやっていた避難訓練が子どもの命を守るために有効な訓練であるのか、
もう一度見直してほしいと訴えています。
また、抜き打ちで訓練をする場合には、校庭で点呼をすることより避難した後にしっかりと事後指導することがとても大事だと考えています。

 

学校での正しい避難行動を提示してくれました。

20190913-6.jpg

教室で授業中:頭を守るために机の下に潜る。
掃除の時間:机の上にいすが乗っている状態なのに、机の下に潜るのはとても危険。
休憩中など廊下にいる場合:教室に戻らず、手などで頭を守り、そのまましゃがむのが適切な行動。
近くの窓ガラスが割れてくることなどに注意する必要がある。
階段にいる場合:地震の揺れで転び落ちないように手すりにつかまり、しゃがんで身を守る

地震はいつどこで起きるかわからないので、行動する前に臨機応変に考えることが大切ですよね!
金井教授は、避難訓練の方法などを指導するのはどの学校、地域でも引き受けてくださるそうです!!!

詳しくは、こちらまでお問い合わせください。
群馬大学大学院 災害社会工学研究室 金井昌信教授 0277-30-1652

せっかくの防災月間ですので、学校だけではなく、家庭や職場でも、地震が起きたことを想定して、
まず自分の命を守るためにどのような行動をとったらよいのかをひとりひとりが真剣に考えてほしいなと思います。

 

20190913-7.jpg

 

投稿者:吉川明穂 | 投稿時間:10:49 | カテゴリ:吉川明穂 | 固定リンク

2019年08月16日 (金)合唱で心をひとつに... Nコン2019 群馬県コンクール(前橋局スタッフ)


 

こんにちは。前橋放送局イベント担当のSです。
6月6日にこのブログで、「放送部版の甲子園!」と謳った全国高校放送コンテストの模様を紹介しました。
それに続いて、今回は『合唱版の甲子園!』のお話です(^ ^)
 

NHK全国学校音楽コンクール、通称「Nコン」とは、小学校・中学校・高等学校の児童・生徒を対象とした、日本を代表する合唱コンクールのひとつです。
毎年NHKが新しく制作する課題曲と、参加校がおのおので選ぶ自由曲の演奏で競い合います。
第86回を迎えた今年の課題曲のテーマは、「翔ぶ」
「仲間と一緒に合唱するなかで、大きくはばたくチカラを育んでほしい。
自分の中にあるツバサを信じて、おそれずに前に進んでいく勇気をつかみとってほしい。」
そんな願いをこめて、テーマを 「翔ぶ」 としました。
人気ロックバンド・SHISHAMOさんなど著名な方々に制作いただいた課題曲の詳細や、Nコンの歴史、過去の参加校の演奏動画など、コンクールのHPにはさまざまな情報が掲載されています。
Nコン2019HP https://www.nhk.or.jp/ncon/

 

そして8日・9日の2日にわたり、前橋市の昌賢学園まえばしホールで群馬県コンクールが開催されました。
今年は小・中・高の3部門で24校が参加。各部門の金賞受賞校1校は、9月に行われる関東甲信越ブロックコンクール群馬県代表として出場します。
審査結果などはこちらのページをご覧ください。

 

2日間を振り返って…
コンクールですので、慎重な審査のうえで順位が決まりましたが、やはり勝ち負けではない大きな感動がありました。
合唱は1人では成立しません。本番に至るまでの数か月、仲間たちとたくさんの時間を共有し、励まし合い切磋琢磨して、ステージで披露する歌声には、文句なく胸を打つものがあります。
大人数で歌う学校はやはり迫力がありますが、少ない人数で歌う学校の響きは澄んで染み渡るようでした。今年は男子生徒が裏声で“女声合唱”に挑戦した学校もありました。
合唱って一般的に派手な印象はありませんが、実は体づくりが基本なのでスポーツ系の部活並みに筋トレや体力増強に励む一面もあります。
なのでやっぱりNコンも、ひと夏を賭ける甲子園ではないでしょうか(^ ^)

 

群馬県コンクールの模様は、26日(月)午後2時よりFMで放送します。
それから9月6日(金)にはテレビでも!
総合午後7時30分から、会場の熱気をギュッと凝縮した特別番組「歌にかける夏~Nコン2019 群馬~」を放送予定です。
またテレビでは放送しきれない全参加校の課題曲・自由曲のフルコーラス動画は、こちらのページで8月下旬に公開予定です。
合唱の世界にふれたことのない方にも、きっと子供たちの熱い思いを感じていただけると思います。

 

最後に、わたしが目にしたコンクール終了後の一場面について。
ある部門で、金賞を受賞しブロックコンクールへの出場を決めた学校と、惜しくも敗れ銀賞となった学校の生徒たちが、客席で起立して向かい合い、互いの健闘を称え合っていました。
その光景は、わたしの心にもずっと残る宝物です。

 

投稿者:前橋局スタッフ | 投稿時間:14:43 | カテゴリ:前橋局スタッフ | 固定リンク

2019年08月07日 (水)天気を味方に!昆虫採集(新村 美里)


 

夏休みを過ごすみなさん、暑さに負けていないでしょうか?
梅雨空が続いたかと思えば、連日の猛暑…。
体調管理にはくれぐれもご注意ください!

 

この夏は、昆虫採集を予定しているご家族もいらっしゃるかと思います。
先日、気象情報を有効利用している虫採り名人を取材しました。

20190807-6.jpg

それがこの方、shihoさん
ブログや動画サイトで採集の様子を伝えている、
昆虫採集歴40年以上の大ベテランです。

 

お伝えしたポイントは
① 採集前の4~5時間、雨が降っていないか調べる
昆虫採集に雨は大敵です!
雨が降っているとき、虫は雨宿りのために隠れてしまい、出てこないそう。
雨がやんだのち、樹液を求めて出てくる時間を考えると、
4~5時間必要なんだそうです。
木に雨が残っていると、滑り落ちないようにと木につかまる力も強まり、
捕まえにくくもなるそうです。
もちろん、採集中に降る雨も困りますよね。
出かける前後の時間、雨の確認は忘れずに行いましょう。

② 雨雲レーダーを確認する
雲の動きを見ておくのも大切だそうです。
降水が0ミリの表示になっていても、雨雲がかかっていることがあります。
雲がかかっている場合は採集時間をずらすのがよいそうです。

③ 気温と湿度は高いほうが良い
虫は気温と湿度が高いほど、活動が活発になるそうです。
shihoさんいわく、25度以上だとよく採れるとのこと。
朝や夜も気温が高い今は、どの時間でも採集によさそうですね。

 

私が採集したときはクワガタを多く見つけましたが、
これからはカブトムシも多く出てくるそうです。
ぜひ、気象情報を確認して昆虫採集に出かけてみてください!

20190807-7.jpg

見つけられると嬉しいですよ~!

 

投稿者:新村美里 | 投稿時間:10:39 | カテゴリ:新村美里 | 固定リンク

ページの一番上へ