クローズアップ現代トップ > みんなでプラス > “性暴力”を考える Vol. 41~80 > 刑法を知っていますか① YES以外はすべてNO ~スウェーデンの“希望の法”~【vol.78】
クロ現+
2020年5月1日

刑法を知っていますか① YES以外はすべてNO ~スウェーデンの“希望の法”~【vol.78】

「性犯罪をめぐる刑法は実態に即していない」との指摘があがる中、法務省は、専門家や被害者の支援団体などをメンバーとした検討会を立ち上げ、近々、刑法の見直しについて議論を始める予定です。「みんなでプラス 性暴力を考える」では、シリーズで、刑法について さまざまな視点から考えます。

第1回は、2018年に北欧スウェーデンが踏み切った刑法改正についてです。スウェーデンでは「性的同意のない性行為はすべて違法」となります。これに対し 日本では、2017年に110年ぶりに刑法が大幅改正されたものの、性的暴行の罪に問うには「相手が性行為に同意していなかった」ことに加えて、「暴行や脅迫があったかどうか」を証明することが必要です。以前は日本と同じように、性的暴行の罪に問うには複数の条件が必要だったというスウェーデン。なぜ、どのように法改正に踏み切ったのでしょうか。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200326/k10012349711000.html

性犯罪をめぐる スウェーデンの法改正や日本の刑法について、みなさんはどう考えますか?
下の「コメントする」か、 ご意見募集ページから お寄せください。