新日曜名作座

山本周五郎・戦国短編集(全6回)

戦国を生きた名もなき者たちの物語

【ラジオ第1】

2021年4月4日~5月9日 毎週日曜 午後7時20分~午後7時50分

この番組は聞き逃し配信対応です。

※配信期間は放送から1週間

【出演者】

西田敏行 竹下景子

【原作】

山本周五郎


【脚色】

古川壬生


【音楽】

池辺晋一郎


【スタッフ】

演出:川口泰典
技術:大塚茂夫
音響効果:今井裕

【あらすじ】

江戸の市井ものを描いては他の追従を許さない山本周五郎が、戦国の武士道を描いた短編をいくつか残している。内、一篇は、昭和16年に執筆され未発表のまま出版社の資料室に眠っていた。題は「死處(ししょ)」。2017年に発見されたこの作品を含む6篇を選んで新日曜名作座とする。
江戸の庶民を描いた作品で本領を発揮する周五郎。彼が描く、江戸泰平の世になる前の「戦国時代」の人々の死生観はどんなものであったろう。選りすぐりの作品をオーディオドラマ化する。
「城を守る者」
「石ころ」
「夏草戦記」
「青竹」
「紅梅月毛(こうばいつきげ)」
「死處(ししょ)」

番組からのおしらせ

インターネットでラジオが聞けます!らじる★らじる 番組へのメッセージ