新日曜名作座

半村良時代小説集(全6回)

SF、伝奇小説の鬼才が描く世話物は、時を越える!

【ラジオ第1】

2020年8月2日、9日、23日、30日、9月13日、20日 毎週日曜 午後7時20分~午後7時50分

※台風報道のため休止となった第5回は、9月13日に放送予定です。

この番組は聞き逃し配信対応です。

※配信期間は放送から1週間

【出演者】

西田敏行 竹下景子

【原作】

半村良


【脚色】

山本雄史


【音楽】

池辺晋一郎


【スタッフ】

演出:川口泰典
技術:西田俊和
音響効果:今井裕

【あらすじ】

昭和期のSF、伝奇小説の大家、半村良。人気作家だった半村氏は反面、多くの時代小説で、その人情味あふれる味をだしていた。半村良氏は1933年東京生まれ、2002年没。高校卒業後、事務員・工員・バーテンダーなど、様々な職を転々とする。広告代理店に勤務していた1962年、「SFマガジン」に処女作「収穫」が入選。文壇デビューを果たす。
多彩な作風で、とくに時代小説では市井の人々をとりあげ、彼らの情感を豊かに描いた作品が多い。そのオーディオドラマ化。
『およね平吉時穴道行』
『いも虫』
『あまったれ』
『役たたず』
『ぐず』
『おまんま』

番組からのおしらせ

インターネットでラジオが聞けます!らじる★らじる 番組へのメッセージ