STOP詐欺被害!

  • 2023年7月5日

特殊詐欺の手口と対策 “カードにシールがないと手続きできない”に注意

キーワード:

詐欺のさまざまな手口をお伝えし、被害を未然に防ごうという「STOP詐欺被害!」。 
最近、実際にあった手口を見ていきます。 
今回のテーマは、「“カードにシールがないと手続きできない”に注意」です。

6月、埼玉県上尾市に住む70代の女性の自宅に市役所の職員を名乗る男から「高齢者を対象にした補助金の支払いがあります」と電話がありました。 
続いて、銀行職員を名乗る男から電話があり、「キャッシュカードの裏にシールが付いていないカードは古いので、振り込みの手続きができません。カードを新しくする必要があります」と言われました。

女性が自分のカードを見ると、シールは貼られていませんでした。

このため女性は古いカードだと思い込み自宅を訪れた銀行職員を名乗る男に手渡してしまいました。 
あとになって不審に思い市役所に問い合わせたところ、だまされたことに気づきましたが、すでに口座からは130万円が引き出されていました。

皆さんへのお願いです。「“カードにシールがないと手続きできない”に注意」

詐欺グループは、あなたがキャッシュカードを手放すよう不安をあおってきますが、全国銀行協会によりますとシールがあるかないかで手続きに影響が出たケースは確認されていません。 
電話でお金の話が出たりキャッシュカードを渡すよう言われたりしたら詐欺を疑い、家族や警察に相談してください。

あわせて読みたい

ページトップに戻る