ページの本文へ

埼玉WEB特集

  1. 首都圏ナビ
  2. 埼玉WEB特集
  3. 「テレビのカケラでなにつくる?」 黒田菜月さんとしゅと犬くんが子どもたちの作品を紹介!

「テレビのカケラでなにつくる?」 黒田菜月さんとしゅと犬くんが子どもたちの作品を紹介!

首都圏ネットワーク「おかえり天気」
  • 2023年11月8日

芸術の秋!

首都圏ネットワークでは、11月6日(月)から10日(金)の5日間、“埼玉発!芸術が街を変える”と題して埼玉県内の「芸術」の話題をお伝えしています。

6日の「おかえり天気」では、10月に行われたワークショップでつくられた作品の展示について紹介しました。

テレビのカケラでなにつくる?

「テレビのカケラでなにつくる?」は、放送番組で使われた美術セットや小道具の端材・廃材を使って、自分だけの作品をつくるワークショップ。番組セットの廃材などを使って、廃棄物に新たな付加価値を持たせる「アップサイクル」を学ぼうというイベントです。

開催中の「さいたま国際芸術祭」にあわせて、10月21日(土)と22日(日)の2日間、NHKさいたま放送局(さいたま市浦和区)で実施しました。

関連記事はこちら

ワークショップの様子
ワークショップの様子

「おかえり天気」で子どもたちの作品を紹介

ワークショップに参加した子どもたちがつくったツバメとハートの形をしたオブジェは、NHKさいたま放送局で11月21日(火)まで展示を予定しています。

2021年の大河ドラマ「青天を衝け」のセットで使用された廃材も再利用しています。素敵な作品に仕上がっています。

大河ドラマ「青天を衝け」で使用されたセットの一部

ワークショップ参加者とサポート役の学生が登場!

ワークショップに参加してくれた眞島桂大さんと、弟の楓さんに感想を聞きました。

桂大さん

家にない素材がたくさんあって、わくわくしました。工作で色々なものをつくることができるので、捨てるのはもったいないと思いました。

リハーサルの様子
楓さん

楽しかったです。

ワークショップには東京学芸大学と埼玉大学の学生さんが、子どもたちのサポート役として参加してくれました。埼玉大学1年生の若井さんにも感想を聞きました。

若井さん

みんなで力を合わせてつくることができて、とても貴重な経験になりました。

今回のおかえり天気は、11月13日の午後7時までNHKプラスでお楽しみいただけます。

ツバメとハートのオブジェは、Eテレで、11月25日(土)午後2時から放送する「スゴEフェス2023 生放送スペシャル!」で環境にやさしいスタジオセットとして登場する予定です!ぜひご覧ください。

「スゴEフェス2023 生放送スペシャル!」の詳細はこちら

  • 塩澤荘文

    NHKさいたま放送局

    塩澤荘文

    埼玉県内の「おかえり天気」を毎週担当

ページトップに戻る