かんたんごはん

  • 2023年9月14日

豆乳キムチチゲスープ

キーワード:
豆乳キムチチゲスープ

食物繊維や発酵食品など、腸の働きを高める食材をたっぷり使ったレシピ。お腹の調子を整えながらおいしく食べられるうれしい一品です。豚肉を入れればメインのおかずにもなります。


管理栄養士
柴田真希さん

材料2人分

絹ごし豆腐(小)

1丁(150g)

にんじん

30g

にら

25g

しめじ

50g

300ml

顆粒(かりゅう)チキンスープの素(もと)

小さじ1

豆もやし

100g

みそ

小さじ2

キムチ

80g

豆乳(無調整)

100ml

ごま油

適量

つくり方

1.豆腐は一口大に切る。にんじんはせん切りに、にらはザク切りにする。

2.しめじは固い部分を切り落とし、あとは手でほぐしておく。

しめじなどのきのこ類には食物繊維が豊富に含まれている。

3.鍋を強火にかけて水を入れ、顆粒チキンスープの素を入れる。その後、にんじん、豆もやし、しめじ、豆腐を入れ、中火にしてふたをし、5分ほど煮る。

豆もやしは普通のもやしよりも食物繊維が豊富。

4.ボウルにみそ、キムチ、豆乳を加えて混ぜ合わせる。

みそとキムチはおなかにいい発酵食品。

5.(3)ににらを加えてさっと加熱し、野菜がくったりしてきたら火を止めて(4)を加え、ごま油を入れて完成。

火を止めてから豆乳を入れると分離しにくい。

おすすめレシピ

ページトップに戻る