もっとニュース

  • 2024年3月21日

2024年4月-6月の天気 全国的に暖かい 気温「平年より高い」関東甲信地方「 4月・5月 晴れの日多い見込み」

キーワード:

気象庁は、ことし4月から6月にかけての3か月間の長期予報を発表しました。
それによりますと、暖かく湿った空気に覆われやすくなるため気温は全国的に平年より高くなる見込みです。

関東甲信地方の平均気温は平年より高く、降水量はほぼ平年並と見込まれています。

4月から6月 平均気温は全国的に「高い」

気象庁が19日に発表した4月から6月にかけての長期予報によりますと、3か月間の平均気温は北日本から沖縄・奄美にかけて全国的に「高い」と予想されています。

要因として、終息に向かうエルニーニョ現象の影響で大気の温度が上がることや、日本の南にある太平洋高気圧の西への張りだしが強まるため、暖かく湿った空気に覆われやすくなることが考えられるということです。

この影響で降水量は、沖縄・奄美で「多い」、西日本の太平洋側で「平年並みか多い」と予想されています。

また、北日本と東日本、西日本の日本海側では「ほぼ平年並み」と見込まれています。

気象庁異常気象情報センターの楳田貴郁所長は、「全国的な高温が予測されている。ここ数年は4月に気温が30度に達することもあるので、十分な熱中症対策をしてほしい。また、西日本太平洋側や沖縄・奄美では梅雨入りの前にハザードマップや避難経路を確認してほしい」と話しています。

関東甲信地方は

関東甲信地方は、暖かい空気に覆われやすいため、4月から6月にかけての平均気温は「高い」と予想されています。また、降水量は「ほぼ平年並」と見込まれています。

月別では、4月と5月の天気は数日の周期で変わり、平年と同様に晴れの日が多いと見込まれています。また6月は平年と同様に曇りや雨の日が多いと予想されています。 

あわせて読みたい

ページトップに戻る