みんなでプラス メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

みんなでプラス

“更年期”を語り、みんなで考える問題へ

更年期のつらい症状を、ひとりきりで悩むのではなく、“語ることのできる”、“社会みんなで考える問題”にしたい。

五輪メダリストの有森裕子さん、エッセイストの小島慶子さん、女優の有森也実さん、タレントの磯野貴理子さん、NHKの武内陶子アナウンサーが自身の更年期を語ります。

すべての女性が経験する更年期。当事者も、男性も、これからの人も。あなたに向けた4人からのメッセージです。

関連番組の放送予定

NHKスペシャル「#みんなの更年期」

2022年4月16日(土)総合・夜10時放送
※放送から1週間は見逃し配信をご覧いただけます。

五輪メダリスト・有森裕子さん

更年期症状だとわからずに長く苦しみました。どっと汗が出たり、人の話を聞いていても内容が理解できなくなったり・・・当時の日記には、自分はどうなるんだろうと不安を繰り返し綴っていました。偶然医師に更年期について話を聞き、治療を始めました。症状はまだありますが、今は自分の体に何が起きているのか、対処の仕方もわかります。「更年期を知ること」がどれだけ大きいか、感じています。教育の中でも更年期について学び、理解が広がる社会になることを願っています。

エッセイスト・小島慶子さん

バラエティ番組で「よ!更年期」とからかわれたときの戸惑いが原点です。更年期を滑稽なものとして扱う風潮が、当事者を孤独にしているのではないか。そういうの、もうやめよう。そんな思いから、自身の更年期について積極的に発言しています。症状を自覚した当初は「こんな悩み、きっと私だけだ。恥ずかしい、みっともない」と思い、誰にも相談できませんでした。でも、これは大切な体の話。更年期について、安心して語ることができる世の中にしたいですね。

女優・有森也実さん

私が経験した症状は、ホットフラッシュから始まり、顔面のけいれんにまで及びました。一時は“もう女優をやめようか”とまで思いつめました。苦しい時間でしたが、これまでの自分、これからの自分を考えるきっかけとなりました。自分自身の「総括」の時間であったと今は思えます。伝えたいのは、絶対終わりが来ること、そして、その経験は無駄にはならないこと。正しい知識が広まり、次の豊かな人生へのプロセスだと感じられるような社会になればと思います。

タレント・磯野貴理子さん

NHKアナウンサー・武内陶子

初めてカメラの前で自身の更年期について話をしました。私の場合は、ホットフラッシュから始まり、放送中に頭が真っ白になってしまうなどの症状も。家でも子どもたちに「ママ、怒ってばかり」と。でも怒りをコントロールできなかった。このままでは虐待してしまうかもと不安を感じたこともあります。今回の取材を機に症状についてオープンに話をしてみたら、周囲の男性から「僕らも知りたかった」という声をたくさんもらいました。更年期をもっと語ろう!そんな願いをこめて取材を続けています。

記事を読む(みんなでプラス)☟
更年期障害でNHKアナウンサーを辞めようと思った日

関連番組の放送予定

NHKスペシャル「#みんなの更年期」

2022年4月16日(土)総合・夜10時放送
【出演】武内陶子,有森也実,有森裕子,小島慶子
※放送から1週間は見逃し配信をご覧いただけます。

全ての女性が閉経前後に経験する更年期。
女性ホルモンの減少がもたらすめまいや頭痛など症状による深刻な影響が。
家族、キャリア、そして人生にも…社会はどう向き合う?

みんなのコメント(7件)

感想
あさ
40代 女性
2022年7月4日
今、まさに更年期に直面し、こちらに辿りつきました。現在44歳、38歳で生理不順、ホルモン減少、生理もなくなりました。注射、漢方と試してきましたが、体調不良は悪化するばかり。管理職なのに、最近仕事も休みがちになってしまい、仕事を辞めようかと悩んでいました。こちらを拝見し、いつか終わるんだと励まされました。毎日身体がだるくてつらいですが、頑張ってみようと思います。素晴らしいサイト、ありがとうございました。
体験談
おかめひょっとこ
50代 女性
2022年4月19日
とにかく体がだるくて目が回るし生理は1年に14回も来たし2週間も生理は続くし、ひどい時は3ヶ月も生理が続いていた。2011年の3月の頃の調子はものすごく悪かった。
感想
にゃお
60代 女性
2022年4月17日
今回初めて番組拝見しました。
「更年期症状」とひとくくりにするのも実は問題で、番組中でも女医さんが指摘されてましたが、隠れている病気を見逃すこと、ホルモン補充療法のデメリットもあるのです。結局、番組の主旨としては医療に頼ること、周囲の理解を得ること、社会が変わるのを待っている風ななんとも心もとない感想を持ちました。
私が関わって来た美容業界は医療に頼らないエストロゲン低下、および骨盤底筋群の劣化をできる限り抑えるノウハウを生み出しています。美容界隈ではもっと踏み込んで行ってますよ。
感想
あゆさお
40代 女性
2022年4月16日
まだ私はこれが更年期かという症状は正直ありません。でも、生理は数ヶ月なく忘れたころにやってきました。母は更年期はひどくはなく、遺伝と聞いたこともありますが、バリバリ働きたいのに気分が重くて憂鬱と思う日がふえました。診療はまだ何もうけたことがないので、この番組をみて一度診療した方がいいかなと思いました。
体験談
ワンコ
50代 女性
2022年4月15日
不眠症になり眠れない 疲れが取れない、右半身が痺れる、めまい、動悸 イライラ、記憶力理解力の低下等の症状。
更年期障害でしんどいと職場に伝えても、更年期障害のなかった年上同性や年下同性から本当の理解は得られたと感じられず無理をして職場で倒れました。妊婦は大事にされるのに更年期には何の制度もなく辛いと痛感。その後仕事は退職しました。
提言
angel
50代 女性
2022年4月15日
「更年期障害」という言葉に対し過敏になるより、身体の大きな変換期として捉えれば、変に神経質になったり特別視する必要もなくなるのではないでしょうか。この件に関し、「社会的経済損失が大きい」とか「診療報酬が少ない」と言っている関係者をみていると、何かとても意図的なものを感じざるを得ません。加齢と共に体調が変化し、様々な不具合が起きるのは生物として当然のこと。それと向き合い、乗り越える姿勢がそれぞれの人生を形成していくのではないでしょうか。
体験談
がんすけ
50代 男性
2022年4月9日
私は50を過ぎた男子です。2年前から体調が悪く、何件か医者を受診しましたが解決には至らず。通院している心療内科で担当医に話すと「更年期障害」と言われました。
会社で女性に話をすると、自分の体調不良と症状がほぼ同じだと分かりました。
まだ症状が発生する時もありますが、男子でも更年期障害に苦しむことがあることを認識していただきたい。