みんなでプラス メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

みんなでプラス

“性暴力” 実態調査アンケートご協力のお願い

NHKの双方向サイト・みんなでプラス「性暴力を考える」では、2019年春から性暴力について取材し、被害に遭われた方やご家族などから寄せられる多くの声と対話しながら、記事や番組を発信し続けています。

皆さんの声を聴かせていただくなかで感じたのは、私たちの社会では、人間の尊厳を奪い、“その後”の人生にも深刻な影響を及ぼす性暴力への理解がまだまだ進んでいないということです。そこで今回、被害に遭われた方を対象に、大規模な実態調査アンケートを行うことにしました。性別や年齢は問いません。

痴漢、セクハラ、性的DV、SNS性被害、レイプ・・・。望まない性的な言動はすべて性暴力です。一人ひとりのご経験や思いを、より大きな声として可視化して、社会全体に問いかけたいと思います。

ご回答いただいた内容は、NHKの報道や番組に使用するほか、被害者支援に関わる専門家の研究や活動にも役立てていただく予定です。どうか、ご無理のない範囲で皆さんの力を貸してください。

※4月30日でアンケートは締め切らせていただきました。皆さん、多くのご回答をありがとうございました。

なぜ調査をするのか

同意のない・対等でない性的な言動はすべて性暴力です。たとえ恋人どうしや夫婦であっても、どのような状況や場所でも、本人が望まない性的な行為は、人権と尊厳を傷つける暴力です。

いま、性犯罪に関する刑事法を改正するかどうかなど、社会制度をめぐって、議論が少しずつ進んでいます。しかし、私たちは、このホームページに寄せられる皆さんの声を聴くうちに、制度や仕組みを変えるだけでは、性暴力の問題に本質的な解決をもたらすことは難しいのではないか・・・と考えるようになりました。

被害そのものだけでなく、周囲の心ない発言や、性暴力に関する知識の不足が、ことあるごとに被害に遭われた方を傷つけ、“その後”の人生の構築を難しくしている現状があるからです。

性暴力被害に遭うとはどういうことなのか。どうすれば、被害に遭われた方が“わたし”という一人の人間として再び生きることができるのか。そして、この社会に生きる“わたしたち”にできることは何なのか。

誰もが被害者・加害者・傍観者にならない、性暴力の無い社会の実現を目指すために、皆さんの声を聴かせてください。

調査の概要

●回答期間
2022年3月11日(金)~4月30日(土)24時まで

●回答の対象者
このアンケートは、性暴力被害に遭った方、また、被害に遭った方のご家族など被害者本人のお近くにいらっしゃる方を対象とするものです。性別や年齢は問いません。ご回答いただく際は、ご自身の思いに即してご入力いただきますよう、お願いします。それ以外の方は回答をお控えください。

●回答方式
すべてウェブで回答していただきます。匿名でも回答できます。
全部で35問あります。一時保存はできません。一度回答を開始すると、ブラウザを閉じない限り、回答状況は維持されます(回答時間に制限はありません)。
メールアドレスなどご連絡先をご記入いただいた方には、取材班から後日ご連絡させていただく場合があります。

あなたの声を聴かせてください

●回答のご負担への配慮
質問項目の作成には専門家や研究者の方々にご協力いただき、倫理上の問題が無いかを確認し、回答いただく方になるべくご負担をおかけしないようにアドバイスを受けながら注意深く検討しました。それでも、被害について思い出したり、言葉にしたりすることは負担を伴います。どうか、途中で負担を感じる場合は、無理をせず回答を中止してください。
※大変申し訳ございませんが、みんなでプラス「性暴力を考える」では、個別に専門的な支援を提供することはできません。性暴力被害の相談窓口についてはこちらに私たちがこれまで取材した情報をまとめています。ご活用いただければ幸いです。

●複数の被害に遭った方へ
性暴力の被害は、日常の中で繰り返し発生することがあります。しかし今回のアンケート調査では、ご回答いただく方の負担を軽減する目的と集計上の理由から、1つの被害について詳しくお聞きします。ご自身の中で「最も衝撃を受けた被害」についてご回答ください。
※もし複数の被害についてご回答される場合は、大変お手数ですが、被害ごとに初めからご回答くださいますよう、お願いします。ただ、くれぐれもご無理のないようにお願いします。

●個人情報の取り扱い・調査結果の公表について
回答いただいた内容は、個人情報を伏せた形で集計し、今後のNHKの報道や番組、専門家や研究者の研究や被害者支援に役立てていただく予定です。いずれの場合も、氏名やメールアドレスなど個人情報が公開されることはありません。自由記述でいただいた内容、ご意見は、個人が特定できないよう、趣旨を変えずに一部表現を修正することがあります。なお、NHKが取り扱う個人情報の保護については、「報道・著述・学術研究分野に係る個人情報保護規程」をご参照ください。

●アンケートの作成にご協力いただいた方々(五十音順)
大沢真知子さん(日本女子大学名誉教授)
小笠原和美さん(慶應義塾大学教授)
片岡笑美子さん(一般社団法人日本フォレンジックヒューマンケアセンター長)
上谷さくらさん(弁護士)
齋藤梓さん(臨床心理士、公認心理師、目白大学専任講師)
一般社団法人Spring(性被害当事者を中心とした団体)
長江美代子さん(日本福祉大学教授)
花丘ちぐささん(公認心理師)
宮﨑浩一さん(立命館大学大学院博士課程)
山口創さん(桜美林大学教授)

回答するには

※4月30日でアンケートは締め切らせていただきました。皆さん、多くのご回答をありがとうございました。

みんなのコメント(30件)

体験談
匿名
30代 女性
2022年12月2日
身近な方から性被害を受けました。
相手は反省の色はまるでなく、何もなかったかのよう社会生活を送っています。それどころか私に非があるといったようなことを言われ、1人の人間として失望しました。罰することはなかなか難しいのだとは思っていますが、これから先の障害、後遺症に苦しみながら生きていくことは非常に辛いです。性被害が繰り返されないよう、祈る日々です。
オフィシャル
「性暴力を考える」取材班
プロデューサー
2022年5月2日
4月30日をもってアンケートを締め切らせていただきました。
多くのご回答をお寄せいただき、本当にありがとうございました。

アンケートのほか、このコメント欄にも、被害の体験談や性暴力に対するご意見が数多く届いております。
性暴力をめぐる問題に対する多様なまなざしを可視化するため、このページに順次公開しておりますが、被害に遭われた方にとっては、ご自身のつらい記憶がよみがえるものもあると思います。
また、個別の意見に対するさまざまな考えや感情が湧いてくることもあるかもしれません。
お読みいただく際は、どうぞご自身の体調や気持ちを大切に、無理のないようになさってください。

投稿のなかで、個人や団体の名誉を傷つける可能性があるもの、宣伝、その他不適切な内容が含まれているなどと判断した場合は、非公開とさせていただきます。

皆さんの声は1つ1つ、取材班で大切に読ませていただき、取材や番組制作の参考にさせていただいております。
アンケートの集計結果は、まとまり次第報告させていただきます。

今後とも、みんなでプラス「性暴力を考える」をどうぞよろしくお願い致します。
オフィシャル
「性暴力を考える」取材班
ディレクター
2022年4月18日
皆さん、本当にたくさんのご回答をありがとうございます。

回答した内容を、ご自身でもう一度確認することは可能か?というご質問をいただきました。
大変恐縮ですが、システムの都合上、一度送信頂いた回答をもう一度表示させることはできかねます。ご希望に添えず申し訳ない思いです。

なお、送信前であれば、ブラウザを閉じない限り入力中の内容が消えることはありませんので、ご自身の入力内容を保存しておきたいかたは、送信前にスクリーンショットなどで記録していただくよう、お願いします。
オフィシャル
「性暴力を考える」取材班
ディレクター
2022年3月14日
みなさま、多くのご回答を本当にありがとうございます。
アンケートに2か所、注意書きを加えましたので、これから回答していただける方はご確認いただければ幸いです。

▼Q11「加害者の性別」の選択肢に当てはまるものが無い場合は、Q10の「その他」に書き込んでください。Q11は未選択で構いません。

▼Q18「被害のことを誰かに話したか」の回答は、システムの不具合で1つしか選べなくなっています。複数の場合は「その他」に書き込んでください。
提言
いつき
30代 女性
2022年6月19日
アンケートに回答しようと途中まで記入しましたが、結局投稿しなかった者です。

私が受けた被害は(私以外にも大勢そういった方はいらっしゃると思います)、いつ、誰からという特定の被害ではなく、10代前半の頃から現在に至るまで、様々な状況で複数の相手から受けたものでした。

今回のアンケート内容を私は特定の被害について書くフォームだったように受け取ってしまい、途中でアンケート内容として相応しい回答をしているように思えなくなり、投稿まで至りませんでした。

10代前半は自分が受けているものが性被害だとの認識が薄く、10代後半では恥ずかしさから人に相談できず、一人では対処法も分からず、社会人になってからはこの位は皆耐えている、と私は一度もその被害を明らかにすることも解決することもしませんでした。

またこのような機会があれば、日常的に受ける被害についてもフォーカスしていただければと思います。
感想
フレデリック
2022年5月31日
アンケートに参加しました。辛いけど、被害者の実態、後遺症で苦しんでいることを知って欲しいと思います。過去のことじゃない現在進行形の苦しみを被害者は味わっているのです。自分が笑っていいのかも分からないほど心も頭も壊されるのです。
体験談
カフェラテ
女性
2022年4月29日
小学校三年生の時に、下校時に男子中学生に空き地に連れ込まれて、性的イタズラをされた。
大人しい方だったので、その後、イジメにあって男子に殴られたこともある。
異性に嫌悪感があり、恋愛感情を持つことがなくなった。
感想
リョウ
30代
2022年4月29日
過去の記事や、ここのコメント欄も過去の記事のコメントもですが、男性・男の子が加害者となっている性暴力が多すぎです。
私も小学生時代、男子数人にやられたことがあります。
私は生物学上男性として生まれた身ですが、このような現状に胸が締め付けられる思いです。男性が加害者となっている現状は認識してはいますがあまりにも多すぎる、割合的に圧倒的過ぎるためか、男性として生まれて申し訳なく思うほどです。
何故、男性に対しても女性に対しても性暴力の加害者は圧倒的に男性を占めるのか。
何故、こういった行動を幼少期からする男子がいるのか。
男性として生まれて罪悪感を抱きます。
幼少期からの教育を徹底的にして、加害男性・男子が女性のように少なくなることを祈るばかりです。
体験談
ほん
女性
2022年4月29日
なぜ日本はこんなにも性教育が行き渡っていないのかと憤りを感じます。
私は小学生の頃兄に繰り返し性暴力を受けましたが、中学生になるまで自分が受けていたのは性暴力だったとは認識できず、当の加害者本人である兄さえ未だに自分が本当は何をしてしまったのか分かっていないのだと思います。なぜ自分はこんなに苦しまなければならないのかと何度も考えました。
性教育をするのに早すぎることはないと思います。性暴力をなくすためには、まずそういった固定概念をなくすことから始まるのではないでしょうか。性についての浅い教育しか受けられず、周りの世界から歪んだ性知識を与えられる子どもたちの今の現状に胸が痛みます。
提言
かぼちゃ
50代 女性
2022年4月27日
性的暴力者は犯罪者として
法律で裁かれるべきだと思います
人の心と体を傷つけることが
どれ程悪いことであるかという
命の尊厳、人の価値、等の
教育が必要だと思います

私は息子が権威ある人から
精神的虐待を受けました
周囲に訴えても
先手を打たれて信用してもらえず
2次被害に苦しみました

あらゆる虐待について理解が進み
きちんとした対応が取れる社会を望みます