おもわく。
おもわく。

戦後文学のトップランナーであり続け、ノーベル賞を受賞するなど世界文学の旗手としても注目を集める作家・大江健三郎(1935-)。「現代社会の病理」「魂の救済」「現代人が失ってしまった神話的想像力」といった普遍的なテーマを描き続ける作品群は、今も多くの人たちに読み続けられています。しかし、その特異な文体や難解な思想から読み通すのが非常に困難な作家といわれることもあります。そこで、番組では、大江の後期代表作「燃えあがる緑の木」を読み解くことで、彼が文学を通じて追究してきた「人間についての洞察」「生きることの意味」「共同体のあり方」などをあらためて浮かび上がらせます。

「燃えあがる緑の木」は、執筆当時、大江自身によって「最後の小説」と位置付けられた集大成ともいうべき作品。一人の「救い主」の誕生、そして、彼を中心とした「教会」創生の物語です。舞台は大江の故郷でもある「四国の谷の森」。主人公・隆は、様々な挫折を経て「魂のことをしたい」と願うようになり谷へ向かいます。そこで古くからの伝承を語り継ぐ「オーバー」という長老に出会い特別な教育を受ける。やがてこの村のリーダーだった「ギー兄さん」の後継者に指名され、悩みながらもその使命を引き継ぐことになります。独特な治癒能力を得て隆は新たな「ギー兄さん」となり、村人たちの病や心を癒していきます。ところが、その行為は「いかがわしいもの」として糾弾の的に。様々な受難を受けながらも「燃えあがる緑の木」教会が設立され、既存の宗教にない「祈り」や「福音書」を生み出し、多くの人たちの魂を救済していきます。しかし、マスコミや反対派からの激しい攻撃や内部分裂をきっかけとして、大きな悲劇が到来してしまいます。そのプロセスには果たしてどんな意味が込められているのでしょうか?

作家の小野正嗣さんは、この作品が、大江が自らの知性と体験の全てを傾けて、既成の宗教によらない、現代社会における「祈り」「魂の救済」の可能性を描こうとしたものだといいます。異なる者同士の憎悪や対立など二極に引き裂かれがちな現代社会にあって、その矛盾をどう引き受け自らの魂と向き合っていけばよいか、そのヒントを与えてくれるというのです。番組では、大江健三郎本人の未公開インタビューなども交えて作品に新たな光を当て直し、そこに込められた奥深いメッセージを読み解いていきます。

ページ先頭へ

第1回 「四国の森」と神話の力

【放送時間】
2019年9月2日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2019年9月4日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2019年9月4日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
小野正嗣(早稲田大学教授)…「九年前の祈り」で芥川賞受賞
【朗読】
寺島しのぶ(俳優)
【語り】
加藤有生子

「燃えあがる緑の木」は、一人の「救い主」の誕生、そして、彼を中心とした「教会」創生の物語である。舞台は大江の故郷でもある「四国の谷の森」。主人公・隆は、様々な挫折を経て「魂のことをしたい」と願うようになり谷へ向かう。そこで古くからの伝承を語り継ぐ「オーバー」という長老に出会い特別な教育を受ける。やがてこの村のリーダーだった「ギー兄さん」の後継者に指名され、悩みながらもその使命を引き継ぐことに。それはこの村に潜在する「神話の力」を自らが体現することでもあった。大江が描く新たなギー兄さんの姿には、現代人が失ってしまった「辺境」や「神話」がもつ豊かな力が漲っている。第一回は、作品の執筆背景にも触れながら、小説に込められた「神話の力」や「辺境の意味」を読み解いていく。

ページ先頭へ

第2回 世界文学の水脈とつながる

【放送時間】
2019年9月9日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2019年9月11日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2019年9月11日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
小野正嗣(早稲田大学教授)…「九年前の祈り」で芥川賞受賞
【朗読】
寺島しのぶ(俳優)
【語り】
加藤有生子

独特な治癒能力を得た新しい「ギー兄さん」は、村人たちの病や心を癒していく。だが同時にそれは「いかがわしいもの」として糾弾の的に。ギー兄さんは反対者に殴打され深く傷つく。しかし、その受難はかえって一部の人たちの心をとらえ「燃えあがる緑の木」教会が設立。ギー兄さんに寄り添い支え続ける両性具有のサッチャン、父親である「総領事」、最初は糾弾者の一人だった亀井さんなど、多くの人たちが集い始める。彼らの協力を得ながら、古今の文学や宗教書の引用からなる「新たな福音書」や新しい形の「祈り」が生み出されていく。そのプロセスには、大江が人生を賭けて続けてきた世界文学との対話の成果が縦横に生かされている。第二回は、「燃えあがる緑の木」教会形成のプロセスを追いながら、大江が世界文学から何を得、どのようにオリジナルな思想を育ててきたかを明らかにしていく。

名著、げすとこらむ。ゲスト講師:小野正嗣
ページ先頭へ

第3回 信仰なき「祈り」は可能か?

【放送時間】
2019年9月16日(月・祝)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2019年9月18日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2019年9月18日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
小野正嗣(早稲田大学教授)…「九年前の祈り」で芥川賞受賞
【朗読】
寺島しのぶ(俳優)
【語り】
加藤有生子

ギー兄さんによる独自な説教や祈りによって多くの人たちを集め安定した基盤を築いたかに見えた「燃えあがる緑の木」教会だが、ギー兄さんの父親である「総領事」の病死やその葬儀を経てゆらぎを見せ始める。ギー兄さんは、これからのヴィジョンを示すべき説教の場で、突然うずくまるように倒れこんでしまう。その弱さに失望したサッチャンは、ギー兄さんの元を去ることを決意。行き場のなくなったサッチャンは、自らを傷つけるかのごとく性的な放蕩を繰り返す。大江の描く「救い主」や「教会」は、既存の宗教に比べて圧倒的に脆弱で、時にその脆さを露呈してしまう。それは何を意味しているのか。第三回は、大江の描く、これまでにない「救い主」像から、既存の宗教によらない「祈り」や「魂の救済」は可能かを考えていく。

安部みちこのみちこ's EYE
ページ先頭へ

第4回 一滴の水が地面にしみとおるように

【放送時間】
2019年9月23日(月・祝)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2019年9月25日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2019年9月25日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
2019年9月30日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
2019年10月2日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2019年10月2日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
小野正嗣(早稲田大学教授)…「九年前の祈り」で芥川賞受賞
【朗読】
寺島しのぶ(俳優)
【語り】
加藤有生子

ギー兄さんは反対派によって両膝を砕かれるという更なる受難に遭遇。だが彼は逆に「傷つけないこと」を生きる原理とする力強い存在へと変貌する。一方でマスコミや反対派からの攻撃を受け続ける教会では、組織防衛を強化しようとするグループと村出身の教会員の間で対立が激化。そんな教会に対してギー兄さんは決別を宣言、原点に戻るべく巡礼へと旅立つ。だがその途上で再び迫害を受け命を落とす。「根拠地か巡礼か」「組織か個か」という二極に引き裂かれながらもその矛盾を引き受け、特定の宗教によらない「祈り」を求め続けるギー兄さんの姿は大江本人の営みとも重なる。第四回は、様々な矛盾の中に立ちつくすことで、逆に「魂のこと」に近づいていくギー兄さんの姿を通して、「人間にとって魂の救済とは何か」を深く考えていく。

NHKテレビテキスト「100分 de 名著」はこちら
○NHKテレビテキスト「100分 de 名著」
『燃えあがる緑の木』 2019年9月
2019年8月25日発売
ページ先頭へ
Topへ