誤えん性肺炎のリハビリ・アフターケア(1/1ページ)

誤えん性肺炎は、食べ物や唾液などが誤って気道に入り込んだときに、一緒に口やのどの細菌やウイルスが入り込むことで起きる肺炎で、65歳以上の高齢者の肺炎の多くを占めています。口の中のケアや、調理の工夫、食事のときの姿勢を正すこと、ワクチンなどで予防しましょう。