BKラジオドラマ脚本賞・歴代入賞者一覧

※作者名の横の数字で入賞度数を表示

回数 開催年 入 選 佳 作 応募総数
第1回 1980年(S.55) 仁多雪郎 『遠近の仮橋』 山本淳子 『雛祭りの家』 134編
小池康生 『氷の飾りもの』
(「サテンの夜」改題)
田中理恵 『回転夢苦馬』
第2回 1981年(S.56) 広岡アキ子 『母の季節』 東 理夫 『五円玉鑑別法』 87編
貝井清志 『遠のいていく風景』
第3回 1982年(S.57) 東 多江子 『テレフォンキッス』 貝井清志(2) 『醒めない夢』 36編
第4回 1983年(S.58) 内田史子 『囚われの町』 矢荘隆芳 『45分間』 124編
山川裕子 『ナビゲーター』
大西博司 『河のある町 ~わが心のアランフェス協奏曲~』
第5回 1984年(S.59) 宮城絢子 『木槿の家』 関澄一輝 『助けてください』 178編
宮地美由紀 『ビックリハウス』
第6回 1985年(S.60) 久野 麗 『ショパンでさよなら』 (該当作なし) 98編
関澄一輝(2) 『ゴー!! ベイビー・ゴー』
第7回 1986年(S.61) (該当作なし) (該当作なし) 92編
第8回 1987年(S.62) 鴨竹 一 『新人類とマッチ棒』 (該当作なし) 112編
大久保博美 『ほほえみ物語~神様のいたずら』
第9回 1988年(S.63) 妻鹿年季子 『ぼくのスカート』 山本雄史 『俄の部屋』 99編
樽谷春緒 『貴方へのラブレター』
大久保 潤 『孝志』
第10回 1989年(H.元) 篝 レイコ 『甲子園より愛をこめて』 近藤峰子 『気のいいあひるの住むところ』 65編
長川千佳子 『夢のかけら』
松下義彰 『遠吠え』
第11回 1990年(H.2) 柴田寿子 『留守番電話』 北野和恵 『SHE -かなわないなぁ-』 117編
谷 登志雄 『待合室』
遠藤とーる 『ビッグリムファーザーズの冒険』
第12回 1991年(H.3) 玉井恵子 『星々の夜』 加藤丈幸 『つくつくぼーし』 115編
伊藤孝輔 『名残りの薔薇』
くにいたかし 『ラジオパーソナリティーズ』
第13回 1992年(H.4) 加藤博子 『真夜中のパーティーライン』 吉田玲子 『蟻の穴』 151編
辻野臣保 『ハリーとアキラ』
樽谷春緒(2) 『アイドル年齢』
第14回 1993年(H.5) 池窪弘務 『ひとりで跳べる』 内田高弘 『いつか、あの海に帰りたい』 172編
玉井清文 『恩別廃駅』
滝沢福治 『天井裏』
第15回 1994年(H.6) 肝付恭一 『海のこだま』 竹口みとい 『刺青情話』 102編
山田典枝 『犬を飼いましょう』
山本陽子 『椋鳥の飛ぶ家』
第16回 1995年(H.7) 佐藤久美子 『開いた窓』 斉藤幸治 『Down by the river』 145編
福島誠一郎 『世界の果ての小さな海』
寺嶋奈美子 『中身のつまった抜け殻』
第17回 1996年(H.8) おおたるけいこ 『犬のしあわせ』 門前雄郎 『侵食』 174編
中市和孝 『賑やかな台風』
山田 灯 『孤独な惑星』
第18回 1997年(H.9) 清水亜希子 『誰か、ネロをさがして。』 月野あかり 『南極横断鉄道404号』 139編
植松二郎 『梅を売る家』
岩崎正則 『おやじダブルクリック』
第19回 1998年(H.10) 内山元子 『二月の森』 やの ひでのり 『都会の救世主』 182編
木村 洋 『電気』
森上道弘 『輝かしい日々』
第20回 1999年(H.11) 横山亮子 『後悔の呪文(タラレバ屋でございっ)』 石毛佳季 『好きと言えなくて』 132編
澤田美喜男 『防犯カメラ3号』
第21回 2000年(H.12) 小野田俊樹 『ばちこどんぐりの世界』 加藤紀子 『無言の遠吠え』 130編
小田嶋正幸 『空想のそらへレモンを投げて』
第22回 2001年(H.13) (該当作なし) 山下君子 『翔べない豚さん』 179編
横山玲子 『薫子さんの仲人デビュー』
山本むつみ 『川留め騒動始末』
第23回 2002年(H.14) 中江有里 『納豆ウドン』 吉村奈央子 『森の記憶』 188編
小山悦子 『変身 ~カフカの失笑~』
第24回 2003年(H.15) 天野夏樹 『屋上の徘徊者』 古田 淳 『アフタースリーアワーズ マイガール』 206編
高橋美和・
芝 寿美
『夢深き緑』
第25回 2004年(H.16) 田中浩司 『がらんどう綺譚』 杏輿(2) 『スマイルゲッターズ』 181編
吉田秀和 『足の裏の感触』
第26回 2005年(H.17) 吉田秀和(2) 『いぬ』 藤江洋一 『二匹の猿のごたると』 147編
海市隆雄 『たそがれの代走』
第27回 2006年(H.18) 木下くみ 『暑中休み』 添谷泰一 『ママがパパになる日』 141編
久保原茂 『匂い袋』
回数 開催年 最優秀賞(最優秀賞と改称) 佳 作 応募総数
第28回 2007年(H.19) 福井ちひろ 『時の無い暗闇』 青山花累 『夕暮れのシンフォニー』 160編
木本真太郎 『ラジオの島へようこそ』
第29回 2008年(H.20) 住田有津子 『天昇る魚』 掛川浩司 『さよなら、桐谷さん』 109編
植澤紀子 『波音のメッセージ』
第30回 2009年(H.21) 月野あかり 『ルカをよろしく』 凪司工房 『あの夏の宿題』 127編
森本宇一郎 『尾鷲情話~月とクラゲ~』
第31回 2010年(H.22) (該当作なし) 堀 達夫 『道頓堀飛込み事件』 71編
樋田春香 『三十年目のブルーテープ』
橋目真理子 『工場のカナリア』
第32回 2011年(H.23) 西村有加 『りっちゃんのこと』 西尾 成 『渡れない橋』 82編
福田弥生 『杉田春夫 初めての日』
第33回 2012年(H.24) 嶋田 葵 『さよなら環状線』 中庭順子 『闇のぬくもり』 93編
住本 達 『東大阪の天使』
第34回 2013年(H.25) 鈴木絵麻 『ハードボイルド・ボギー』 鈴木 恵 『国道一号線の恋』 102編
中 治人 『海鳴りが聞こえる』
第35回 2014年(H.26) 桑原亮子 『夏の午後、湾は光り、』 岩﨑敬子 『お乳の神様』 104編
野間菜美子 『白いコスモス、揺れた』
第36回 2015年(H.27) 新井まさみ 『ふたりの娘』 こたつめがね 『簿記の先生がうるさい』 94編
松田裕志 『ひとり』
第37回 2016年(H.28) 山田麗華 『雨のリズム』 ムロイ実香 『歴女さん、忍びましょ』 105編
荒木ひさみ 『出世払いは持ちまわり』
第38回 2017年(H.29) 黒瀬ゆか 『家族のコツ』 奥田広宣 『永遠の嘘をついてくれ』 133編
津山由利子 『天王寺サブロー』
第39回 2018年(H.30) 山本雅嗣 『幻タクシー』 渡辺由佳 『ロックなミシンで起こして』 95編
滝本祥生 『太秦ムービースター』