file.02 オウム真理教

NHKスペシャル「オウム真理教」(ドキュメンタリー×ドラマ)

特別手配犯のひとり平田信が逮捕され、再び注目を集めるオウム真理教一連の事件。
世界初の化学兵器・サリンによるテロを許してしまったその背景に迫る。


番組概要

オウム真理教の主な事件

日本中に大きな衝撃を与えながらも「迷宮」入りしてしまった数々の未解決事件。戦後のエポックとなりながら、いまなお真相は未解明のまま、時代の病理となった難事件。
NHKスペシャル「未解決事件」は、日本中に大きな衝撃を与え、今も生々しい記憶を残す「未解決事件」を実録ドラマとドキュメンタリーで徹底検証し、未来へのカギを探るシリーズ。

大きな反響を得た「File01グリコ・森永事件」の放送後、NHKにある要望が届いた。
「オウム真理教の事件を取り上げてほしい」。
地下鉄サリン事件の遺族からだった…。

1995年3月20日、首都直下で起きた世界初の化学兵器・サリンによる無差別殺人。通勤ラッシュの時間帯を狙った犯行は、6000人を超す死傷者を出した。実行犯として逮捕されたのは「オウム真理教」の幹部たち。医者や科学者といったエリートたちによる犯罪に、社会に大きな衝撃が走った。
事件を首謀したのは「オウム真理教」の教祖だった麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚。松本死刑囚は事件の2か月後に逮捕され、坂本弁護士一家殺害など13の事件で殺人や殺人未遂の首謀者として死刑が確定した。一連の事件に関する裁判は16年にも及び、1つの組織としては戦後最多の13人が死刑を言い渡されたが、多くの謎や課題が残されたままとなった。
今年明け、特別手配中の1人、平田信元幹部が出頭し、事件は再び注目を集めている。

番組では、NHKが独自に入手した教団内部の700本を超す音声テープと元幹部たちの証言をもとに、教団の暴走への軌跡を初めてドラマ化。さらに死刑判決を受けた元幹部との手紙のやりとりや、警察関係者への徹底取材によるドキュメンタリーで、世界初の化学テロ「サリン事件」がなぜ起きたのか明らかにする。
国内外から今なお注目を集め続けるオウム真理教の事件。
その「闇」に光を当て、後世への教訓を導きたい。

未解決事件追跡プロジェクト