統合失調症の病気・症状解説(1/1ページ)

統合失調症は、脳の中で情報を伝達する神経伝達物質が過剰に分泌されたり減少したりすることで、情報を正しく処理できなくなり、脳に混乱が生じる病気です。15~35歳という若い人に発症しやすいのが特徴です。治療を受けると多くの症状が改善しますが、放っておくと回復が難しくなります。重症化を防ぐためには早く治療を受けることが大切です。