変形性足関節症の病気・症状解説(1/1ページ)

変形性足関節症は、足首の関節の軟骨が損傷して炎症が起こり、足首に痛みを生じる病気です。原因は、加齢、O脚、繰り返すねんざ、骨折などです。主な症状は、歩き始めに痛む、夕方に腫れる、階段や坂を下りるのがつらいなど。治療は、サポーターや足底板を使う装具療法、薬、運動療法、手術などです。