クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
2017年7月4日(火)
徹底追跡 “最凶アリ”襲来

徹底追跡 “最凶アリ”襲来

刺されると死亡する危険性もあり、専門家が「最悪の外来種のひとつ」と指摘するヒアリ。国内初確認から3週間、新たに名古屋港でも見つかり、危機感が高まっている。南米原産、攻撃性が高い上に驚異的な繁殖力をもち、一度巣を作ると在来のアリを駆逐して、生息域を広げていく。アメリカ、オーストラリア、中国など、侵入を許した国では、家畜や農作物、そして電子機器にまで被害が出て、対策に追われている。今回、日本へコンテナを輸送した中国の港を取材。現地の人が口々にヒアリの被害を証言するなど、脅威が広がっていることが明らかになった。〝最凶アリ″の侵入を水際で食い止めることができるか。各国の対策とともに、考える。

出演者

  • 五箇公一さん (国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター室長)
  • 武田真一・鎌倉千秋 (キャスター)

“最凶”アリ ついに日本へ

その毒針は、時に人の命を奪い、驚異的な繁殖力で世界に生息域を広げる。最悪の外来生物と恐れられてきた強い毒を持つヒアリ。今、国内で相次いで確認されています。
アメリカでは、農作物を食い荒らすだけでなく、さまざまな電気機器にも侵入。その経済損失は、年間5,000億円に上ると推計されています。
海外では、国家対ヒアリの様相を呈しています。私たちは、最凶アリの拡大を防ぐことはできるのでしょうか。

強い毒を持ち、環境省が農作物や生態系に影響を与える生物に指定し、警戒していたヒアリ。今日(4日)大阪・南港で、ヒアリの女王アリが確認されました。

鎌倉:この手のひらを見ていただきましょう。黒い点が見えますでしょうか。

ヒアリは、体長2ミリから6ミリの小さなアリです。そして、全体が赤茶色。攻撃性が強く、素早く動き回るのが特徴です。お尻に毒針があって、これに刺されると、火で焼かれたような痛みを感じるというんですね。
先月(6月)兵庫県尼崎市で、国内で初めて確認された後、神戸港、先週には名古屋港でも相次いで確認されました。危機感を強めた環境省は、東京や横浜など、全国の主要な港で緊急調査を行っています。

ついに日本にやって来たヒアリ。海外では、国を挙げて、ヒアリ対策に当たっています。国家対ヒアリの攻防、その最前線を取材しました。

“最凶”ヒアリ襲来 驚異の生態とは

ヒアリの日本への侵入は決して許してはならない。警鐘を鳴らし続けてきた、昆虫学者の岸本年郎准教授です。

海外での調査中にヒアリに手を刺され、緊急入院した経験もあります。

ふじのくに地球環境史ミュージアム 岸本年郎准教授
「冷や汗がだらだら出てくる。じんましんが、どんどん広がっていって、まったく、これまでに感じたことのない冷や汗、どうき、息苦しさというので、非常に不安を覚えた。」

刺されると、やけどのような激しい痛みが走り、重度のアレルギー反応が起きた場合は死に至ることもあります。

ふじのくに地球環境史ミュージアム 岸本年郎准教授
「警戒のレベルを、これまでもしっかりと水際対策をやってきたということなんですけど、さらに重要度を上げて、しっかりと侵入の警戒を続けていくことが重要です。」

ヒアリの原産地は、南米・アマゾンです。1930年代以降、貨物船に紛れて、アメリカ国内に侵入し、生息域を拡大していきました。
ヒアリは人に危害を加えるだけでなく、社会に大きなダメージを与えています。農作物を食い荒らし、根元に巣を作り枯れさせてしまうのです。家畜が刺されて死ぬケースも相次いでいます。その被害は、農村部だけにとどまりません。熱に引き寄せられる習性があるため、都市部では電気回路に侵入、停電や住宅火災を引き起こすこともあります。ヒアリによるアメリカ国内の経済損失は、1年間に5,000億円に上るとも試算されています。
ヒアリは、大雨で水にさらされても、強力なあごと足で互いに組み合って浮かび、生き延びることができます。自分の体の何倍もある在来種のアリを集団で襲うヒアリ。強い毒で駆逐していきます。繁殖力も驚異的です。女王アリの寿命は、およそ7年。1,000個ほどの卵を、毎日産むことができます。
ここ20年ほどで、ヒアリの生息域は太平洋をまたぎ、オーストラリア、中国、台湾と大きく拡大してきました。

“最凶”ヒアリ襲来 国家あげた闘い

侵入を許した国では、国家対ヒアリの様相を呈しています。オーストラリアでは、根絶計画を策定。16年にわたる戦いを続けています。ヒアリの繁殖力に対抗するため、最新の技術を駆使して、巣をあぶり出していきます。熱探知カメラを搭載したヘリで、上空から地上の温度を計測。ヒアリのアリ塚がある場所は、温度が高いという特性を利用して、巣を突き止めるのです。あぶり出した巣穴には、強力な殺虫剤を散布。
これまでに投じた予算は300億円。駆逐に失敗すれば、70年で最大5兆円の被害が見込まれるとして、危機感を強めています。
一方、13年前にヒアリが確認された台湾。ヒアリのにおいを覚えさせた探知犬まで投入。殺虫剤の散布など、対策を行ってきましたが、その繁殖力が勝り、拡大を防げていません。

野菜農家
「薬をまいても効果は長続きしません。状況は変わりませんよ。」

政府は、ヒアリ防治センターを設け、さらなる対策を推し進めています。

国立台湾大学 昆虫学系 黄榮南教授
「初期対応が鍵を握っています。対策をしっかりせずに、一度生息地域が拡大すると、根絶は困難なのです。日本も油断はできません。」

“最凶”ヒアリ ついに日本へ

しかし、その日本でも、ヒアリが相次いで確認されています。先月16日の調査で、およそ100匹のヒアリが発見された神戸港。ヒアリが見つかったのは、海外から輸入されたコンテナを船から陸揚げし、一時的に保管するエリアです。

現場責任者 濵上真一さん
「ちょうど、ここに(コンテナを)置いてました。」

環境省が行ったヒアリの調査に同行した、現場の責任者、濵上真一さんです。

現場責任者 濵上真一さん
「こういう亀裂の部分に赤っぽいアリが何匹かいたので、普通の日本のアリと違って、動きも速くて赤っぽいアリだったので、まさかと思いました。」

神戸港に続き、名古屋港のコンテナからも見つかりました。実は、これらのコンテナには共通点がありました。いずれも中国・広東省の南沙港を出港した船に積まれてきたのです。南沙港は、主に自動車部品や家電を輸出する中国でも有数の貿易港です。日本の22の港との間で、コンテナの定期便が就航しています。取材を進めると、周辺ではヒアリの被害が相次いでいることが分かりました。

「知り合いで刺された人はいますか?」

住民
「いますよ。あちらの畑で荷物を運ぶときに刺されました。足が赤く腫れて、点滴をしないといけません。」

住民
「とっても痛くて、あとが残る。」

「刺されたあとを見せてください。」

住民
「ここ。アリ塚が畑の中にあったんだ。」

港の近くの村では、農作業に支障をきたすほどだといいます。

住民
「巣の奥のほうにも、たくさん潜んでいるよ。地元のアリとは全然違う。地元のアリは大きくて、かまれても痛くなかったよ。この辺りに50年くらい住んでいるけれども、10年ほどの間に一気に広がったんだよ。」

南沙港では、コンテナなどを注意深くチェックしているといいます。しかし、ヒアリは侵入していたのです。
今、日本では、コンテナに潜んだ外来生物の上陸を未然に防ぐことは難しいのが現状です。わずか数ミリの外来生物のチェックは、民間業者の目視に委ねられているのが実情です。

現場責任者 濵上真一さん
「1日1,000本以上の出入りがあるなかで、(念入りに)1本1本全部やるというのは、物流に支障をきたす可能性がありますし、これだけ大きなものを扱っていますので、やはり小さな生物を、この中で見つけ出すというのは、難しい一面もある。」

港の外にヒアリが広がるのを防ぐことはできるのか。今、各地の自治体は警戒を強めています。

神戸市危機管理室 小塚満幹課長
「6月末までの報告の中では、調査においても、ヒアリの生息というのは、確認されてはいないんですが、今後はモニタリングというか、長いスパンで、これから取り組んでいく必要があると考えております。」

“最凶”ヒアリ ついに日本へ

ゲスト 五箇公一さん(国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター室長)

外来生物の専門家で、今回、神戸港でもヒアリの調査を行った、五箇公一さん。
五箇さんも、海外でヒアリに刺されたことがある?

五箇さん:あります。アメリカで調査中に、10か所ぐらい刺されたことがあるんですが、非常に痛かったですね。
(やはり熱い感じになる?)
本当に火の粉を散らしたような痛みを感じました。

このヒアリ、どれほど恐ろしい生物だといえる?

五箇さん:非常に繁殖力が強くて、大きな巣を作るということで、彼らが侵入したエリアでは、在来のアリは全部ほぼ駆逐されてしまって、なおかつ動物や昆虫も襲って、生態系そのものを大きく変容させるという生態リスクがあります。それと同時に、農作物、あるいは家畜といったものに対する被害、そういった農林業に対する影響というものも非常に大きいと。
(電気機器にも影響を及ぼすと?)
そういった社会インフラにまで侵入して、大きな支障を来すということもあります。多くの人が一番心配されている部分が、やっぱり健康被害の部分だと思うんですが、僕も刺されたことがあって、経験したんですが、非常にその毒性が強くて痛いんですね。まず刺されると、その後、長くかゆみが続いたりといった、非常に精神的なストレスを与える昆虫であると同時に、人によっては、アレルギー体質の場合、アナフィラキシーショックというものを引き起こす恐れもあり、こういった全身症状が出た場合は、適正な処置を受けないと、その状態で放置してしまうと、最悪、死に至る恐れがあるという、そういった意味では、決して侮れない昆虫であるということは考えていかなくてはいけないということですね。
(アナフィラキシーというのは、個人差もある?)
その体質というのが、従来の蜂アレルギーがあるなしとは関係なく、今までアレルギーがなかった人でも、ヒアリに対してアレルギーを示すというケースもありますので、また、そのアナフィラキシーの程度にも差があって、非常に重症化する人も、中には出てくるという意味では、正直、誰がそういった症状になるか分からないという不確実性が、今、人々にとっても不安であると同時に、管理の難しさ、リスクにもつながっているということになります。

今日、大阪でヒアリが確認されて、しかも繁殖能力を持つ、女王アリと確認されたということだが、これはどういう意味を持つ?

五箇さん:まず、コロニーですね、家族という単位で、女王アリと働きアリがセットで実は彼らも動いているということが分かったということと、そういうセットで動いているということは、港に着いたそういう集団が運よく、彼らが営巣できる場所まで移動していれば、そこで巣を作り、繁殖を繰り返して分布を拡大することができるという、言ってみれば、最悪のリスクというものが結構、現実味を帯びてしまったということになります。
(ということは、日本国内に、もうすでに定着している可能性もある?)
現時点で見つかっているのが港の中だけで、これまでのところ、港の外、そういった普通の住宅街であったり、そのほか、いわゆる緑地であったりといったところでの発見事例がないので、まだ現時点では、定着して、分布を拡大しているという証拠はないんですが、反面、今、侵入初期でひたひたと隠れながら潜伏して、数を増やしている可能性もゼロではないということなので、引き続き、監視を強化していく必要はあると思います。

ヒアリの侵入を防ぐために、コンテナを消毒するとか、そういった手だては考えられない?

五箇さん:それが一番、物理的に理想的な防除になるんですが、残念ながら、VTRにも出ていたとおり、今、日本の港には、毎日のようにいろんな国からたくさんのコンテナが運ばれていて、それをすべてチェックし、なおかつ言ってみれば、消毒駆除をするということは、明らかに物流に影響が出て、必然的に経済も停滞するという、大きなコストが生じることになります。現実的には、非常に、今の日本では難しいと思います。

鎌倉:今回問題になっている、このヒアリ以外にも、日本には多くの外来生物が侵入しています。例えば、アメリカカンザイシロアリ、輸入木材に紛れて入り込み、家の柱などを食い荒らします。このシロアリは、従来の方法では駆除が難しいといわれています。そして、ツマアカスズメバチ。長崎県の対馬で見つかり、今後、生息域の拡大が懸念されている外来生物です。また、記憶に新しいところでは、デング熱を媒介する、ネッタイシマカ。ここ数年、羽田空港や成田空港で確認されています。

私たちは、次々と襲来する外来生物と、どのように闘っていけばいいんでしょうか。

毒グモ 国内へ 外来生物との闘い

22年前に、国内で初めて確認された、セアカゴケグモ。ヒアリと同じく、海外からのコンテナに紛れて侵入したと見られています。

かまれると、めまいや吐き気、呼吸困難など、重い症状に見舞われることがあります。物流ルートを通じて広がり、今では44の都道府県で確認されています。
住民がかまれて重症になるケースも発生した福岡市です。公園や側溝など、身近な場所で見つかるようになった、セアカゴケグモ。市は、月1回定期駆除を行うほか、強化月間を決め、800人体制で駆除を行ってきました。

福岡市 生活衛生課 大森貴央係長
「こちらがセアカゴケグモを何匹駆除したか集計したものになります。(ことし)1月から4月の合計で、700匹以上の駆除を行っています。」

市では、駆除の効果が出て、個体が減っていると考えていましたが、去年(2016年)は増加に転じてしまいました。市は、セアカゴケグモの広がりを防ぐには、住民の関与が欠かせないと考えています。正しい知識を身につけてもらうために、講習会などを実施。この2年で30回以上行っています。

「こういうのを見ると、セアカゴケグモの巣だと、すぐに分かります。」

セアカゴケグモは攻撃性が低いため、住民自身に駆除も担ってもらっています。

地元の公民館 職員
「室外機の下とか、フェンスの中とか。背中が赤いから、セアカゴケグモねって(殺虫剤を)シューってするだけです。」

今年度の福岡市のセアカゴケグモ対策費は3,300万円。地道な対策が続けられています。

福岡市 生活衛生課 大森貴央係長
「発生と駆除の闘いというか、なかなか根絶までは難しいと思っています。」

“最凶”ヒアリ襲来 対策は?

鎌倉:セアカゴケグモの対策を見ていただきましたが、実は、先ほどのヒアリの駆除を見据えた、ある取り組み、日本で、すでに行われているんです。2010年、東京の大田区に侵入していることが分かった、アルゼンチンアリ。

生態系への影響や農作物への被害が懸念される、これも特定外来生物なんですけれども、五箇さんを含む国立環境研究所などのチームが、5年間にわたって毎月、殺虫剤の散布、それから毒餌の設置も続け、このアルゼンチンアリの根絶に世界で初めて成功しています。

詳しくはどういう方法で行ったのか?ヒアリにも応用できる?

五箇さん:ヒアリもアルゼンチンアリも、基本的には社会性昆虫になりますので、一番肝心なのは、巣の中での生産を止めるということが、一番大事な、要は標的ポイントになります。要は、外に歩いている働きアリをいくら殺虫しても、巣が生きているかぎりは、どんどん生産され続けることになりますから、逆にそういった社会構造を逆手に取って、働きアリに有効、要は殺虫成分の入った餌を持ち帰らせることで、巣の中の幼虫の生産を抑制すると、要は巣ごと退治してしまうという方法を取ることで、増殖を止めることができます。これを、ひたすら有効成分の入ったベイト剤といわれる薬剤を持ち帰らせるということを繰り返して、なおかつ集団の大きさというものを常に測りながら、薬の置く量と置く場所というのを、きめこまやかに見直していくということを繰り返すことで、約3年間で個体数をゼロにすることができて、残り2年間、モニタリングしたデータをもとに、おおむね4年間で根絶することができたということが分かりました。

もし、私たちがヒアリを発見するようなことがあった場合、どうしたらいい?

五箇さん:まず、想定されるものとして、家の中にヒアリらしきアリが歩いていた場合は、これはもう速やかに手近にある殺虫剤で、殺虫していただければよろしいと思います。家の外、例えば公園であったり、家の庭の中にアリ塚といわれる、要はヒアリ独特のアリの巣、そういったものが見つかった時は、この状況で手を出すと、働きアリがたくさん出てきて、非常に危険ですので、そういったアリ塚、アリの巣が発見された場合については、近くの役所に届け出ていただいて、適正な処置をしていただくようにお願いします。

そして、刺されたら一人にならないというのは?

五箇さん:日本のアリの場合は、刺されて痛いということはあまりないんですが、もしアリに刺されてすごく痛いというケースは、それはヒアリであるかもしれないということを疑ってかかって、最悪のケースとしてのアナフィラキシーショックを想定して、独りぼっちにならないと、刺された後に。もし具合が悪くなったら、すぐに身近にいる人に助けを呼んで、119番をかけていただくと、病院に行っていただくということですね。

ヒアリは、見分けられるもの?

五箇さん:正直、歩いているヒアリというのを、ぱっと見て「これ、ヒアリ」というふうに見分けがつくほど、そういう特徴的というか、簡単に見分けられるアリではないですね。
(しかも、まだこの辺りにたくさんいるという状況でもない?)
現状、こういった形で、神戸、あるいは大阪といった所で調査するかぎり、そういった身近な所に、非常にたくさんいるという状況までは、まだ来ていません。

この外来生物の襲来は、人間社会のグローバル化がもたらしたものだと思うが、もはや、それが避けられないものだとすると、こういったリスクにどう向き合っていけばいい?

五箇さん:ここまで、ヒアリを含めいろいろな外来種が今、日本に入ってきているという現状は、やはり、おっしゃるとおり、グローバル化ですね。多くの資源を海外から輸入するという、今のわれわれのライフスタイルを表しているということになります。やはり日本の自然というのは、島国の中で、非常に人間に優しい資源環境という、まさに、お花見ができるといった環境だったものが、今、こういったわれわれ自身が生活スタイルも変えて、あるいは身近な環境すらも改変していく中で、こういう危険な外来生物も入り込みやすく、さらに分布を拡大しやすくなっているというリスクに対して、われわれは、そういった生活スタイルそのものから見直していくということを考える必要があるかもしれません。

グローバル化した現代で、もはや避けられないリスクでもある、この外来生物。そこにどう向き合っていくのか、番組では今後も、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。外来生物の動画や写真、目撃情報を番組ホームページに投稿してください。みんなで作る危険生物の地図です。視聴者の皆様との共同取材による、新しい調査報道を行っていきたいと思います。ぜひ、ご参加ください。もちろん、安全には十分ご注意ください。

https://www.nhk.or.jp/gendai/request/gairai.html
 
※「徹底追跡”最凶アリ襲来”」のNHKオンデマンド配信はありません。