クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
2016年6月9日(木)
追跡“サイバーストーカー”の闇 

追跡“サイバーストーカー”の闇 

ダイジェスト 放送した内容をご覧いただけます

photo

追跡“サイバーストーカー”の闇 

これまでストーカー被害の大半は、元交際相手や配偶者など、ごく身近な関係の間で起きていました。しかし、新手のサイバーストーカーは、ツイッターなどのSNSを通じて、無数につながる人どうしで起きることが特徴です。加害者の中には、一方的に相手を知っている、ファンのようなケースもあれば、全く見ず知らずの人がストーカーになる場合もあります。現在のストーカー規制法では、連続して電話やファックス、メールを送信する行為は、規制の対象になっていますが、SNSは含まれていません。今、SNSで気軽に自分の身近な日常や感じたことを発信している方も、少なくないと思います。しかし、そうした行為が、サイバーストーカーの引き金となっている実態が見えてきました。
今回のグラレコ

番組の内容を、「スケッチ・ノーティング」という会議などの内容をリアルタイムで可視化する手法を活かしてグラフィックにしたものです。

出演者

  • 小早川明子さん
    (NPO法人ヒューマニティ 理事長)

  • 津田大介さん
    (ジャーナリスト)

  • 伊東敏恵
    (キャスター)

質問
コーナー

Q1

デジタルストーカーの被害にあわないためには、日頃からどんな対策をとったらいいですか。

日常を写した写真、プライベートなつぶやき、思わせぶりなツイートなどは、見る側が拡大解釈しやすいので、できるだけ避けるようにしてください。
Q2

デジタルストーカー被害にあった場合は、どうやったら解決できますか。

危険は芽のうちに摘むことが急務ですので、すぐに兆候があった場合は、「NO!」というようにしてください。逆に、何もいわないでブロックすることは、相手が「俺を見捨てたと」恨みを増幅させる危険があります。まずは「NO!」といったあと、反応があれば、「苦しいのでやめてください」ともう一度言う。そのうえでブロックするようにしてください。また、危ない人が来たと思ったら、思い切ってアカウントの更新も検討してください。

みんなのコメント 

あわせて読みたい

PVランキング

注目のトピックス