2017年07月21日 (金)福島の自然の中で生きる @吾妻謙


11年連続の甲子園か、はたまた初出場か、

夏の高校野球福島大会、決勝は聖光学院といわき光洋の対戦となりました。

きょう、準決勝の聖光学院対日大東北を、あづま球場から実況した吾妻です。

日大東北は5年連続で聖光学院との直接対決に破れ、甲子園への夢が潰えました。

明日の福島代表を決める1戦、注目です。

 

さて、15日(土)奥会津、只見町に行ってきました。福島市から車で3時間あまり。

目的は、この方。

s-0721-1.jpg

俳優の六角精児さんにインタビューしに行ったのです。

只見川に沿って走る鉄道、JR只見線は、2011年の新潟・福島豪雨で橋が流され、

一部区間が今もバスでの代替運転になっています。

鉄道好きの六角さんは、全線復旧に向けてずっと応援してきました。

この日、六角さんが作った「只見線のうた」の披露ライブがありました。

 s-0721-2.jpg

 六角さんはインタビューで、只見線を応援する理由について

「走っている地域の、その風景がたまらなく好き」と。

全国の鉄道に乗りまくっている六角さんですが、その山の中を走る只見線は格別だとか。

「只見川の水面ギリギリかと思ったら、すごく高い橋を渡っていたりね」とか、

「あそこのトンネルを抜けたあの景色がいい」とか、細部に至るまで熱く語ってくれます。

こちらは、地域の関係者との意見交換会。

 s-0721-3.jpg 

「夏は車内にカブトムシを放して観察できる“カブトムシ列車”を走らせよう」、

「冬は、途中下車して雪合戦をしたり、吹雪体験をしたりできないか」などなど

アイデアをどんどん出していました。

その2日後、このあたりに大雨が降りました。

水田のほかに、特産のトマトやアスパラガスにも被害が出てしまいました。

六角さんも「只見線のうた」で、キバをむいて暮らしに影響を与える自然を歌っています。

「ただ景色が綺麗だから乗ろうとか、そういうのだけではなく、

厳しい自然の中、隣町と鉄路でつながっていることの重要性、安心感を考えないと」と

只見線への愛は尽きないのでした。

 

前回ご紹介したバンドの「indischord(インディスコード)」。

 s-0721-4.jpg

 ギター/ボーカルの林成一郎さんは福島出身で、作詞も担当しています。

 s-0721-5.jpg 

特に歌詞に地名が含まれるわけではありませんが

「日常、歩いている道や坂や、そこを吹く風とか、詞にはすべて反映されていると思う。

 福島に来て、そんな世界観をふと感じてもらえるとうれしい」と。

 s-0721-6.jpg 

そういえば高校野球にも、地域性ってあると感じます。郷土を背負ってガンバレ!

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:22:32 | 固定リンク


2017年07月20日 (木)ここは福島・・・?@平川沙英


こんにちは。

きょうは、暑いので気持ちだけでも涼しく…と
真っ青なワンピースを着ているキャスター平川です。

先週は、三連休がありましたね!

「どこに行こうかな~」と、後藤キャスターに相談したところ、
「浄土平!絶対行ったほうがいいよ!!!」と
すごいテンションで言われたので、行ってきました(笑)

07201.jpg
ここは日本か!福島なのか!と思うほど
異世界感漂う景色!びっくりしました。

 

07202.jpg
お腹がすいたので、まずはレストハウスでお昼ごはん。
私は、スープカレーを食べました(*^^*)
ホクホクのジャガイモが丸々入っていて、おいしかったです。

 01.jpg

さて、いよいよ登山道へ。
息切れしながらも、たどり着いた先には

02.jpg


この景色!
写真には収まらないスケール!

07205.jpg
思わず、手を広げて写真を撮りたくなりますね。

火口壁を歩いていると、大きな岩がゴロゴロとあり、
ゲームに出てくる岩の壁とは、こんな感じなのか・・・なんて考えていました(笑)

福島市から1時間ほどのところに
こんなステキな場所があるなんて(^^♪
次は、天文台で星が見たいので、また近々行きます!

 

さて、あすは高校野球・福島大会の準決勝!

NHKでは、試合の模様を中継でお伝えします。
後藤&平川は、スタンドリポートを担当しますよ~!
スタンドの皆さんの思いを精一杯お届けします(^^)/

投稿者:平川 沙英 | 投稿時間:15:45 | 固定リンク


2017年07月18日 (火)いわきに、そして福島に笑顔を!@後藤万里子


先週末、3連休だった人も多かったのではないでしょうか。リフレッシュできましたか??

7月15日にはいわきFCパークがグランドオープンし、盛り上がっていたようですが、私は先週水曜日(12日)に天皇杯3回戦、いわきFC 対清水エスパルスのパブリックビューイングに行ってきました!


平日にもかかわらず、
会場は前回を超えるおよそ350人!
入場制限がかかり残念ながら会場に入ることができなかった人を合わせると、なんとおよそ400人!


注目度の高さを実感すると共に、地元いわきの盛り上がりを体感し、嬉しくなりました!(^^)!

IMG_3640.jpg

様々な年代の人が画面を食い入るように見つめ、一喜一憂する姿。とても印象的でした。

私も皆さんと一緒にユニフォームを着て、いわきFCを応援して、仕事ではありましたが楽しかったです(^^♪

 

結果は、残念ながら0-2と負けてしまったものの、
「いわきに笑顔と盛り上がりをくれた、いわきFCに感謝しています」という声が多く聞こえて、
今回の天皇杯を取材できてよかったと思いました。


そして多くのサポーターに愛されているチームだと感じました。


今後のいわきを、そして福島を盛り上げてほしいです(*^^*)!!!


サポーターの皆さんもありがとうございました!!!!

IMG_3704.jpg


これからも頑張れ!いわきFC!

投稿者:後藤 万里子 | 投稿時間:19:33 | 固定リンク


2017年07月17日 (月)福島がくれた、私の夏@山田賢治


みなさんこんにちは。福島に来て1か月が経ちました。

 

思えば、1か月前。JR福島駅に降り立ったとき、ホームでなぜかフッと、高校時代、甲子園を目指して白球を追っていた自分が蘇ってきました。流れている曲が何かを認識する前に。

 

でもすぐに,、その曲が何か、意識に上がってきました。

そう、「栄冠は君に輝く」。

夏の高校野球の大会歌です。何だか私を迎えてくれているようなうれしい気分で、この歌を口ずさみながら、新幹線ホームの階段を降りていきました。

調べると、この曲を作った作曲家の古関裕而さんが福島市出身で、生誕100年を記念して発車メロディになったとのこと。そんな縁が福島にあるとは。

 

IMG_5481.JPG

【福島駅東口にある古関さんのモニュメント。数々の「古関メロディ」が時報で流れる。】

 

そして、10年ぶり!高校野球の実況を、この夏、担当します。これも何かの縁!

決勝戦のラジオ実況という大役。球場に通い、野球実況の感覚を取り戻すべく、ネット裏で“自主練”しました。いわば“口のフィールディング練習”です。

 

IMG_5494.JPG

私も一球入魂で、ノンフィクションの球児のドラマを伝えていきます。

どうぞお聞きください。

 

投稿者:山田 賢治 | 投稿時間:20:34 | 固定リンク


2017年07月14日 (金)若いっていいよねぇ~ @吾妻謙


福島局のキャンペーン「Fのモト」。福島県で頑張っている若者を応援しています。

「F」には福島、復興、フレッシュ、フレンド、ファイトなど様々な意味を込めています。

そんな中、平均年齢21歳と若く、福島県社会人リーグ1部のいわきFCが

サッカー日本一を決める「天皇杯」で活躍を見せてくれました。

2回戦でJ1、北海道コンサドーレ札幌を撃破!

3回戦ではJ1、清水エスパルスに惜敗しましたが、大いに盛り上げてくれました!

福島をフットボールで活気付ける、まさにFのモトです。

今週は、そんなFのモトにたくさん会って、「老い」を感じた吾妻です。

 

きょうの「はまなかあいづToday」で紹介した葛尾村の復興支援に取り組む大学生。

s-170714-1.jpg

 

葛尾村が、村内を研究フィールドとして提供し、学生が専門分野を駆使して復興を支援するというものです。

郡山女子大の松村優佳さん。

s-170714-2.jpg

 

仲間たちと、スイーツでの支援を考えました。

こちらが考案した「じゅうねんプリン」と「じゅうねんアイス」

 s-170714-3.jpg 

「じゅうねん」は、食べると10年寿命が延びるといわれるエゴマで、葛尾村の特産です。

食べてみて、びっくり!おいしい!!香ばしさと甘さがベストマッチ!

「エゴマを炒って香ばしさを出すところを工夫しました」と。

値段と、どこで売るかによっては、十分、高級プリン、アイスのライバルになりますよ!

「このスイーツを食べに、若い人が葛尾に来てくれれば」と生み出しました。

いまは、地元の農家と一緒にエゴマの栽培にも取り組んでいます。

そして、日大工学部の作山和輝さん。

s-170714-4.jpg

建築士を目指す作山さんが出したのが蔵。

s-170714-5.jpg

作山さんたちのグループは、古くなって使われなくなった村内の蔵を、交流スペースとして蘇らせようというのです。

住民と一緒に梁や柱を磨き、協力しながら交流スペースを作っていきます。

「交流スペースを作ったら、それを使ったイベントも考えていきたい」と一過性ではない取り組みを目指します。

さらに、バンドの「indischord(インディスコード)」にも会いました。

s-170714-6.jpg

去年結成した福島のバンドで、4月に宮城で開催されたアラバキロックフェスのオーディションで見事グランプリを獲得。メインステージに立った、今注目の4人組です。

彼らのインタビューは、来週19日水曜日に放送予定です。

s-170714-7.jpg 

お楽しみに。

目の前の事に夢中に取り組めるのが若い人たち。

私、最近どうも先を見すぎたり、結果を気にしたりしすぎていないか・・・反省。

そういえば、マラソンの長い上り坂対策で「先を見るのではなく、5メートルくらい先を見ろ。そうすれば、坂を意識せずにいつの間にか上れる」とネットで読みました。

なるほど・・・。と、そんなことを調べている時点で、若くないんですよね。では。

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:20:29 | 固定リンク


ページの一番上へ▲