2018年09月22日 (土)空に花 キノコにトンボ 魚で秋 @五七GO!


3連休後の今週は、グッと投稿数が増えました。

いろいろな風景から、秋を感じて句にしてくださったんですね!ありがとうございます。

初挑戦で送ってくださった方も、たくさんいます。

「テレビを見ていて、自分もやってみようと」と話してくださいます。

日が短くなって、午後6時50分のコーナーの時間には、テレビの前にいる方も増えています。

ということで、初紹介の方も多かった今週です。

 

18日(火)「秋は鼻からもの2句」

s-180918575-1.jpg

福島市のうにょりんさんは、金木犀の香りで1句。

私も、急に金木犀を感じたので、タイムリーでした。

湿度が高い方が、強い香りが広がるそうです。

だから、連休中に気づいたんですね。(吾妻)

s-180918575-2.jpg

イチスケのママさんは、いわき市から山形の芋煮会に参加。

河川敷にたなびく、鍋の香りが想像できます。とんぼもナイスタイミング!

みんなで食べる芋煮は、おいしかったでしょうね♪(岩間)

 

19日(水)「秋は空からもの句2つ」

s-180919575-1.jpg

小学4年生も参加してくれました!伊達市の安藤美冬さん。

1学期に俳句を習い、中1のお姉さんと、競って作っています。

下校中に見た鱗雲を、素直な気持ちで詠んでくれました。

これからもその感性で!!(吾妻)

s-180919575-2.jpg

郡山市のSQおじさんさんは、赤トンボを3ペア激写!

スマホでの撮影でも、ばっちり写ってました!

貴重な写真、ありがとうございます!(岩間)

 

20日(木)「秋は赤からの2句」

s-180920575-1.jpg

郡山市のこまめちゃんさんは、お墓参りで見た彼岸花を絵手紙で。

3月に実施した「五七GO!のつどい」でのアドバイス、

タイミングを考えて、彼岸の入りに合わせた投稿がナイスでした!(吾妻)

s-180920575-2.jpg

かわいらしい「赤」はタマゴタケ!二本松市の権五郎さんが、安積山で見つけました。

つるっとして、まんまるなタマゴタケかわいい!

秋の紅葉の写真も、お待ちしています(岩間)

 

21日(金)「秋、魚で盛り上がる2句」

s-180921575-1.jpg

会津若松市のものももさんは、お友達と秋刀魚パーティー!

ひとり1匹でしたが、そのために七厘を購入したそうです。

その1匹を、大事においしく焼いたんでしょうね。

サンマの香ばしさ、わかります!(吾妻)

s-180921575-2.jpg

いわき市の蜂吾郎さんは、マリンフェスティバルでの1枚。

立派なカジキ!会場が盛り上がる雰囲気も伝わってきます!(岩間)

投稿者:ふくしま五七GO! | 投稿時間:11:00 | 固定リンク


2018年09月21日 (金)3連休 舞台に触れて 興奮す @吾妻謙


15日(土)、16日(日)、17日(月・祝)の3連休、舞台を満喫した吾妻です。

 

15日(土)。歌手の加藤登紀子さんを迎え、県文化センターでイベントを実施。

ピアニストの鬼武みゆきさんと、ステキなコンサートです。

s-180921-1.jpg

さらに、私の朗読と、鬼武さんのピアノの即興演奏のコラボレーション

s-180921-2.jpg

加藤さんはトークショーも、という公開収録でした。

s-180921-3.jpg

大いに盛り上がりましたよ。

 

加藤さんとは「初めまして」でしたが、あの歌声はず~っと耳に張り付いていて、

「100万本のバラ」や「知床旅情」「さくらんぼの実る頃」を間近で聞き、大興奮でした。

「さくらんぼの実る頃」は、アニメ「紅の豚」の挿入歌で、好きなんですよね~。

 

一番乗りのお客さんは、本宮市から。開場の4時間近くも前から、並んでくださいました。

s-180921-4.jpg

加藤さんのサービス精神は、最高!

 

どんなステージだったかは、

29日(土)~30日(日)にかけて全国放送する「福島発ラジオ深夜便」で!

来週のこのブログで、聴きどころを紹介しますね!

 

16日(土)は、南相馬市小高区の劇場「LAMAMAODAKA」へ。

s-180921-5.jpg

柳美里さんが、23年ぶりに復活させた演劇ユニット「青春五月党」の公演を見ました。

演じるのは、ふたば未来学園の演劇部です。

s-180921-6.jpgs-180921-7.jpg

この写真、同じシーンです。

「静物画」という脚本を、女子だけ、男子だけのキャストで演じ分けました。

これが興味深かった。それぞれに面白かった。女子の繊細さ、男子の素朴さ・・・。

 

表現って、感性ってと、いろいろ考えました。

部員たちにとって、柳さんとの稽古は、最高の宝物ですね。

脳みその、ふだん眠っているところを刺激してくれる舞台でした。ありがとう!

 

17日(月・祝)、県民栄誉賞を受賞した、郡山市出身の俳優、西田敏行さんの表彰式へ。

地元・郡山の会場で、西田さんの表情はとても穏やかで、ステキでした。

s-180921-8.jpg

それもそのはず。

4人目の県民栄誉賞で初めての、たくさんのお客さんが入っての表彰式。

s-180921-9.jpg

先着300人が入場でき、当日も先着順の自由席という中で、

最前列の中央に、小中学校の同級生が、ずらりと並んでいたのです。

s-180921-10.jpg

「長い年月をお互い生きてきたなぁ、顔に刻まれた、しわや毛髪の薄さを見て、

いとおしくなった。同級生はいいもんだ」と西田さん。

一緒に阿武隈川で泳いでいたという齊藤光宏さんは

s-180921-11.jpg

「西田さんは、小さいころから全然変わっていない、気さくな人」と、

写真を提供してくれました!

s-180921-12.jpg

トロフィーを持っているのが西田さん、左の白い帽子が齊藤さんです。

「福島発ラジオ深夜便」では、西田さんのインタビューも放送します。お楽しみに。

ステージって、立つのも見るのも興奮しますね。刺激的な3日間でした!

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:18:42 | 固定リンク


2018年09月19日 (水)東北の 最南端に 初訪問♪ @淺川理沙


こんにちは。

キャスターの淺川理沙です。


先週13日(木)に、矢祭町へ取材に行ってきました♪

茨城県との県境の町!東北最南端の町でもあります!

福島市から、車で片道2時間30分。改めて、福島県って広いですね。


矢祭町と言えばアユ釣り!そして「もったいない図書館」が有名ですよね。

その中でも特に行ってみたかった「あゆのつり橋」を渡ってきました♪
1.180919.jpg2.180919.jpg

そこから見た久慈川は、水面がこんなにキラキラしていましたよ!

3.180919.jpg

橋を渡った先にある「夢想滝」は、ちょっと神秘的な雰囲気。

4.180919.jpg

「あゆのつり橋」から200メートルほどの距離なのに、

潤った空気で木々の葉が湿っていて、ひんやりと涼しい場所でした。

5.180919.jpg


そして矢祭山駅には、こんな物が…!

全国各地の無人駅を巡っている方が、

同じように駅巡りをしている方々との交流を目的に置いたようです。

6.180919.jpg7.180919.jpg

ノートには、矢祭町を旅した方々の感謝の言葉など、

温かいメッセージが書かれていました。

8.180919.jpg

そういえば、矢祭山駅の周辺では、

大学生くらいの女性グループなど、若い観光客の方々に何組か出会いました。

幅広い年代が矢祭町を訪れているんですね。


そして、途中の道の駅で、矢祭町産の野菜も買いましたよ!

地元の採れたて野菜を食べると、幸せな気持ちになります♪

9.180919.jpg

 

さて、なぜ、矢祭町で取材をしていたかというと、

28日(金)放送の「はまなかあいづTODAY」の

「ここに福あり~fmap~」のコーナーで紹介するからです!

 

撮影は来週ですが、矢祭町で暮らす皆さんの魅力をお伝えできるよう

毎日、ロケの準備を頑張っています。お楽しみに♪

10.180919.jpg

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:15:40 | 固定リンク


2018年09月15日 (土)見つけてね 秋はそんなに 小さくない @五七GO!


最高気温が25度以上の「夏日」が、こんなに涼しいものかと感じる、きょうこの頃。

朝晩はグッと気温が下がり、もう「小さい秋」ではないですね。

身近な秋をどんどん見つけて、投稿してくださいね。

 

10日(月)「思わず見入る写真の2句」

s-180910575-1.jpg

福島市のしばちゃんさんは、71歳。

飛んでいるように見えますが、窓に止まっているのを撮影。迫力ありますね~~。

こうした時のために、スマホを持ち歩いているそうです!(平川)

s-180910575-2.jpg

花吉さんは、伊達市で「ヘメロカリス園」を一般に公開しています。

現在、来年の公開に向けて「リコリス」を30種・3000株、栽培中。

赤の彼岸花だけでなく、白、黄色、紫もあるなんて、すごい!

来年、見に行きたいです。(吾妻)

 

11日(火)「感謝の心があふれる2句」

s-180911575-1.jpg

田村市の安藤さんは、86歳。手元にカメラを置いて、いつでも撮れるようにしています。

そこでシャッターを切ったのが茜空。「きょうも1日無事終わった」と感謝の手を合わせます。

日没前後のほんの一瞬の空の色、お見事です!(吾妻)

s-180911575-2.jpg

東日本大震災のときの余震の不安を思い出したという、福島市の菅原さん。

札幌市に、お友達が住んでいるそうです。

地震が現在も続いていますので、心配ですよね。(平川)

 

12日(水)「“秋ですが”と“秋ならでは”の句2つ」

s-180912575-1.jpg

郡山市の金澤さんは、初投稿!

種をまいた覚えのない朝顔がいま咲き、その“ど根性”を詠みました。

このまま種を回収して、次はちゃんと育てるそうですよ(^^♪(平川)

s-180912575-2.jpg

山歩きが趣味の福島市の沼田さん、信夫山で「アミタケ」のようなキノコを発見。

採ってみましたが、形が少し疑わしい・・・ということで、この句です。

山に、同じように採った跡と、落ちているキノコがあったというエピソードに納得です。

みなさん、キノコは特に慎重に・・・。(吾妻)

 

13日(木)「秋の切なさを感じさせる2句」

s-180913575-1.jpg

会津若松市の佐藤さん、鶴ヶ城のシルエットと燃える夕焼けで一句。

戊辰戦争での落城に、思いを寄せます。

「会津は、苦難を乗り越えてきた、震災で大打撃を受けた観光も、

会津まつりで盛り上がれば」と話す佐藤さん、私もまったく同感です!(吾妻)

s-180913575-2.jpg

夏井川でお友達と話しながら、アユを釣るのが趣味だという、いわき市の一三さん。

彼岸花を見ると「そろそろ終わりかなぁ」と寂しくなるそうです。(平川)

 

14日(金)「この時期ならではの2句」

s-180914575-1.jpg

会津若松市の満田さんは、きょうの写真で投稿。

秋景色の中の、真っ白な入道雲。

山のシルエットに前に、猪苗代湖の青、芦原の茶、稲の黄金、そして、そばの花と、

見事なグラデーションです!(吾妻)

s-180914575-2.jpg

楢葉町のならは百合さんは86歳。

敬老の日を前に、祖父、祖母と家族で暮らした富岡町から楢葉町に嫁いだ日を思い出します。

私も、敬老の日に祖父、祖母にプレゼントしなくちゃっと思いました!(平川)

投稿者:ふくしま五七GO! | 投稿時間:19:39 | 固定リンク


2018年09月14日 (金)音楽を通して 奇跡の 出会いあり @吾妻謙


8日(土)の夕方。

私は、仙台駅前のアーケードを歩いていました。

というのも、友人の結婚式が、仙台であったからです。

 

披露宴がお開きになったあと、

ちょうど仙台市内で開催されていた

「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」を楽しもうと、繰り出しました。

s-180914-1.jpg

と、聞き覚えのあるバイオリンの旋律が、流れてくるではありませんか!

大勢の人垣で、平場のステージが見えなかったので、回り込んでみると。

s-180914-2.jpg

お~!!やっぱりです!!

この後ろ姿は、間違いありません!

バイオリンの高嶋英輔さんとベースの長澤伴彦さんのユニット「style-3!」。

s-180914-3.jpg

関東を中心に、全国各地で演奏活動をしています。

 

私が、前任地の横浜放送局で「横浜サウンド☆クルーズ」という

FM番組のプロデューサーをしていた時に、

「style-3!」のライブを公開放送しました!

 

楽曲がすばらしく「Sky on」を、番組テーマ曲にもしました!

いまでも、午後6時に神奈川県域に軽やかに流れています。聞ける方はぜひ!!

という深いご縁の方々なんです。

 

2015年の4月、南相馬の市民祭りに参加した際は

s-180914-4.jpg

連絡もくださり、記念撮影もしました!

s-180914-5.jpg

あれから3年半。なかなか会う機会もない中で・・・。

お気に入りのメロディーに導かれての、偶然の、感動の再会!!

お互い、いかに盛り上がったのかは、この写真。

s-180914-6.jpg

力の入った演奏で、長澤さんのメガネも曇っています。

いや~びっくりしたし、うれしかったです~。

 

さらに、横浜で番組に出演していただいた、榊原光裕さんに会いに行きました。

榊原さんは「定禅寺ストリートジャズフェスティバル イン仙台」の創始者のひとりです。

現在「Happy Toco」で活動中。

 

出演する、勾当台公園市民広場に向かいます。

日も暮れて、照明が、屋台から立ち込める煙を照らします。

s-180914-7.jpg

s-180914-8.jpg

ステージには、

「Happy Toco with Combination Salad」。

榊原さんと、バイオリンの佐藤聡子さんの「Happy Toco」。

s-180914-9.jpg

こちら、1970年代に仙台で結成された伝説のグループ

「Combination Salad」です。

s-180914-10.jpg

プログラムには、ドラム・ボーカル「J.I」とありました。

1曲目、ビリー・ジョエルの「素顔のままで」を聞いた瞬間、この声は!!と。

s-180914-11.jpg

「J.I」・・・ジュンイチ・イナガキ、稲垣潤一さんだったのです!

かつて、よく聞いていた稲垣さんに、ここでお会いできるとは!感動しました。

そして、演奏後、榊原さんとも再会。

音楽がつなぐ縁ってすごいな~と思う1日でした。

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:21:06 | 固定リンク


ページの一番上へ▲