2018年11月21日 (水)昭和村 奥会津の雰囲気 大好きです♪ @淺川理沙


こんにちは!

キャスターの淺川理沙です。


きのう、昭和村に取材に行ってきました♪

NHK福島放送局から、車で片道2時間半です。

奥会津は、8月に、南郷トマトの中継で南会津町に行って以来、2回目でした!

1.181121.jpg

まず、行ったのは「からむし工芸博物館」

昭和村と言えば「からむし織」ですよね~。

2.181121.jpg

興味深かったのは、産地の気候によって、からむしの繊維に違いが出る点。

実際に触ると、昭和村のものは、他の産地より乾いていて、さらさらしていました。

3.181121.jpg

機織り機も展示されていて、からむし織の歴史や詳細を分かりやすく学べましたよ。

4.181121.jpg

次に訪れたのは「喰丸小」です!

「はまなかあいづTODAY」でも、何度か放送されていましたね。

5.181121.jpg

昭和55年に廃校となった小学校の

築80年の木造校舎を改修し、地域の交流拠点として、ことしオープンした施設です。

小学校だった面影が、随所にありました。

6.181121.jpg

でも、残念ながら、休館日で中に入れませんでした…泣


昼ごはんは、昭和村の野菜を使った天ぷら定食と、昭和村の名物「凍み草餅」を食べました♪

特に凍み草餅は、表面がカリッとしていて、とてもおいしかったです♪

7.181121.jpg

8.181121.jpg

と、昭和村を巡りましたが、

今回、取材するのは、からむし織でも、喰丸小でも、凍み草餅でもありません!

 

昭和村の何をお伝えするのかは、来月14日(金)放送予定

「はまなかあいづTODAY」の「ココに福あり~fMAP~」を楽しみにしててくださいね♪

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:13:15 | 固定リンク


2018年11月20日 (火)福島が 寒くなるほど うまみ増す @岩間瞳


こんにちは。キャスターの岩間瞳です。

気がつくと、冬の足音がだんだんと近づいてきていますね…。

毎朝、布団から出るのが本当につらいです…。

 

ということで、福島の冬といえば、桧原湖のワカサギ釣り!!

解禁されて、すぐに行ってきました!

 

実は、私、初めてのワカサギ釣りだったんです。

桧原湖のワカサギ釣りは、ポイントに浮かぶドーム船に乗って、楽しめます!

1120-001.jpeg

しかも、ドーム船の中には「ストーブ」があって、暖をとりながら、釣りができる…!

1120-002.jpeg

雪の中、氷に穴をあけて釣るのも憧れますが

初心者の私、まずはドーム船で挑戦です!!

 

これまで、相馬の海でカレイや沼沢湖でヒメマスなどを釣ってきましたが…

ワカサギ、難しい!!

1120-003.jpeg

かすかなあたりを感じられるように集中しますが…まったく分からない!

もう、笑うしかありません…(笑)

1120-004.jpeg 

結局、この日は、2時間で1匹!

1120-005.jpeg

ワカサギ釣りを教えてくれた貸しボート屋さんによると

「きょうは、風も強くて波もあるし、水温が高いから

 ワカサギが、あまりいなかったのかもしれない」とのこと。

私の釣りの腕が、原因ではないようです…!(笑)


そのあとは、釣れた1匹と、

冷凍保存してあったワカサギたちを、から揚げにしていただきました。

1120-006.jpeg

桧原湖のワカサギ、おいしいー!

全然苦みがなく、むしろ甘さも感じるような…絶品でした!

釣りたては、さらにおいしかったー!

 

初めてのワカサギ釣り、とっても楽しかったのですが

さすがに1匹は悔しいので、結氷したころのリベンジを誓いました!!!

(コツがあれば、教えてください!)


そしてそして、本格的な冬になる前に味わいたいのは“りんご”!

フルーツライン沿いにある直売所に行ってきました!

1120-007.jpeg

去年、冷夏の影響の取材でお世話になった紺野淳さんです。

そのときは、梨がおいしい季節。

今回はりんご…と思ったのですが。

1120-008.jpeg

吾妻山の噴火警戒レベルが引き上げられ、

売り上げが激減するなどの影響が出ているというのです!

去年の同じ時期と比べて、10分の1ほどにまで落ち込んでいるとか…

 

しかし、ことしは、りんごの出来がよく、

夏の猛暑の影響で糖度が例年よりも4度~5度ほど高い、17度や18度のものもあるといいます。

みずみずしさと優しい甘さが口に広がり、とってもおいしかったです!!!

 

来月中ごろまで販売しているということなので、

ぜひ、みなさんも紺野さんのりんご、食べてみてください!!

 

そして、これからどんどん寒くなって、温泉にはいい季節ですから

高湯温泉、土湯温泉にも、どんどん遊びに行きたいなと思いました♪

投稿者:岩間 瞳 | 投稿時間:19:23 | 固定リンク


2018年11月20日 (火)あこがれの舞台へ。 @後藤万里子


こんにちは。キャスターの後藤万里子です。

毎年、この時期は、

高校の各部活動で、三年生にとって、最後の全国大会をかけた試合が行われます。

 

きのう、「はまなかあいづTODAY」の「月曜スポーツ」のコーナーでお伝えしたのが、

高校バレーボールの話題。

 

全日本バレーボール高等学校選手権大会、通称「春高」。

今週末、「春高」をかけた、福島県代表決定戦が行われます!!

 

私も、高校時代、この大会に出場した一人です(*^-^*)!

キャプテンで、ポジションはセッター。

準決勝で3セットの激闘の末敗れ、悔し涙を流したこと、今でも覚えています。

 

青春をバレーボールにかけてきた多くの高校生がいる中で、

私が今回注目した選手が、こちら。 

1120-01.png

郡山女子大学付属高校、通称「郡女」の攻撃の要、目黒愛梨選手です。

目黒選手は、三姉妹の末っ子。

姉二人が「春高」に出場しており、その背中を追いかけ、「春高」を目指しています。

 

私も、一番上のお姉さんとは中学、高校と試合をしたことがありますが、

すごくキレのあるスパイクを打つ選手だったことを覚えています。

 

目黒選手の武器が、片足で踏み切る「ワンレック」という技。

1120-02.png.

両足踏切だと、真上にしか踏み切れませんが、

片足で踏み切ることで、横に移動しながらスパイクを打つことができるので、

幅広い攻撃をすることができるんです。

 

「郡女」の、平日の練習時間は2時間ほど。

強豪校にしては、短い練習です。

 

ですが、練習中は、全員が声を出して盛り上げ、

一人一人が「勝つためには、どうしたらいいか」と考えながら

プレーしているように見えました。

1120-03.png

やっぱり、部活動は青春!

「胸が熱くなるものがあるな」と改めて感じました。

 

来週の「月曜スポーツ」のコーナーでは、

今週末に行われる、男女の高校バレーボールの試合結果をお伝えする予定です(^^♪

ぜひご覧ください!

投稿者:後藤 万里子 | 投稿時間:17:19 | 固定リンク


2018年11月17日 (土)句づくりの 秋の行楽 あとわずか @五七GO!


落ち葉が舞い、急に寒くなってきました。気持ちの良い秋の行楽シーズンもそろそろ終わりです。投稿句からも冬の気配が・・・。季節の移ろい、ご投稿ください!

 

12日(月)「秋を彩る植物の2句」

s-181112575-1.jpg

白河市の白河なん子さんは、自宅の軒先の吊るし柿を鮮やかな色で描きました。干し柿が大好きだというお孫さんに、はやく食べさせてあげたいと話していました!(平川)

県内各地、住宅のベランダでも吊るし柿見かけますよね。私も好きな風景です。(吾妻)

s-181112575-2.jpg

いわき市の佐藤さんは真っ赤なハナナスです。トマトにも見えるハナナスは観賞用だそう。来年は苗をもらって育てるそうです。楽しみですね♪(平川)

 

13日(火)「是非見て!と送られてきた写真の2句」

s-181113575-1.jpg

福島市のしばちゃんさんは吾妻総合運動公園のもみじです。イチョウばかりに目が行く中、しばちゃんさんは真っ赤なもみじの写真を送ってくれました!こちらもきれいです!!(平川)

s-181113575-2.jpg

福島市の大ちゃんばあばさんは初投稿!ハート型の赤い実を見て欲しくて慣れないスマホで送ってくれました!

紹介した日がたまたま72歳の誕生日でとても喜んでくださいました!私もうれしいです!おめでとうございます!(吾妻)

 

14日(水)「自然が作る美しさを見事にとらえた写真の2句」

s-181114575-1.jpg

二本松市の菅野さん、クモの巣と霧の雫の造形です!

本当に真珠のネックレスに見えますね。後ろがほんのり赤いのはドウダンツツジの紅葉している葉。季節感もありますね~。(平川)

s-181114575-2.jpg

伊達市のミキさんは、秋の夕空の雲を罫線に見立てました。

「気付いたときはもっときれいでしたが」と話しますが、十分きれいです!(吾妻)

 

15日(木)「秋の定番と、これが秋?の写真の2句」

s-181115575-1.jpg

いわき市の高橋さんは、喜多方市の新宮熊野神社の大イチョウを見に行きました。

初めてみた大イチョウの迫力に感動しましたと話していました。(平川)

s-181115575-2.jpg

喜多方市の髙田のバアバアーさんは、庭のプランターのイチゴが、今頃赤くなり、多くの人に見てもらおうと写真を撮って投稿してくれました。

句を作るのに苦戦して「五七五」でなく「六八六」になりましたが気持ちは伝わっていますよ!(吾妻)

 

16日(金)「秋から冬への2句」

s-181116575-1.jpg

会津若松市のアップルパイさんは鶴ヶ城の落ち葉を。黄枯茶飯と重ねてイメージしたそうです。“黄枯茶色”素敵な表現ですよね! (吾妻)

s-181116575-2.jpg

伊達市のミキさん、今週2回目のご紹介は見事なタイミングでの投稿!

福島市でも初霜が観測されたこの日のまさに霜の写真に生活感あふれる句をつけました。

「タイミングが大事」の実践例です。ありがとうございます!(吾妻)

投稿者:ふくしま五七GO! | 投稿時間:10:00 | 固定リンク


2018年11月16日 (金)秋深し アートとワインを 味わう日 @吾妻謙


フランスのワイン、ボージョレヌーボーが、「11月第3木曜日」の16日解禁。

福島市の駅前では、水曜日の晩からワインイベントが開かれ、

s-181116-1.jpg

多くの方が、県産ワインも含めたたくさんのワインを飲み比べながら、

s-181116-2.jpg

午前0時のボージョレヌーボーでの乾杯を待っていました。

そういえば、私が20歳になった頃は、大変なボージョレブームで、

多くの店が、深夜0時の解禁と同時に提供し、満員のお客さんが乾杯していました。

そして「今年のぶどうの出来は・・・」なんて語っていたものです。

あれから早30年・・・。

ワインの好みは、フルボディの重~いので「湿った土の香り」といった感じのものとなり、

ボージョレヌーボーとは正反対。

しかも、出来の良かった年のワインを選んで飲めるような大人にはなっておりません・・・。

しかし

s-181116-3.jpg

家でカンパ~イ。年1回の恒例行事です。

 

さて、二本松市を中心に開催されている現代美術の展覧会「福島ビエンナーレ」も大詰めです。

10日(土)に、こんなアート表現がありました。

アート像「サン・チャイルド」

s-181116-4.jpg

現代美術家ヤノベケンジさんが2011年に福島の復興の願いを込めて制作しました。

それが福島市に寄贈され、ことし8月に市の施設前に設置されましたが、「原発事故の後、福島市で防護服が必要だったと誤解を招く」などと批判の声があがり、1か月あまりで撤去されました。それが。

s-181116-5.jpg

小さなサン・チャイルドの登場。

s-181116-6.jpg

美術家、若木くるみさんの「福島ビエンナーレ」出展作品です。若木さんは「サン・チャイルドが撤去されてさみしく、憤りも感じた。またこの問題を考えるきっかけになれば」と、これを思いつきました。後頭部の髪をそり、

s-181116-7.jpg

合わせ鏡で自ら絵を描きます。

s-181116-8.jpg

この独特の手法で、2009年の岡本太郎賞を受賞した気鋭のアーティストです。

s-181116-9.jpg

若木くるみ「面」写真提供:川崎市岡本太郎美術館

今回の作品は、サン・チャイルドになりきるだけではありません。

この格好のまま、福島駅前から二本松駅まで22キロを走るのです。その名も「福島・ラン・アート」

s-181116-10.jpg

その走るスピードとスタミナに驚かされました!

なんと、若木さんランナーとしても過酷なレースへの参加歴が豊富なんです。例えば台湾の「環花東超級マラソン」で333キロを走り女子優勝を飾ったり、ギリシャの「スパルタスロン」で246キロを走って世界女子9位になったりと、驚きです。

s-181116-11.jpg

そんな若木さん、福島の自然を満喫しつつ、仮設住宅を目の当たりにしたりして二本松まで走り切りました。アートと社会の関りを考えたそうです。

この果敢な表現に刺激を受けました。

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:21:48 | 固定リンク


ページの一番上へ▲