2017年09月21日 (木)大発見!? @平川沙英


こんにちは。

キャスターの平川です。

きのうは「ひるはぴ」に出演し、
んめぇ~、福島の桃「黄貴妃」の魅力をお伝えしました(^^♪

0921-1.jpg
左から、仙台放送局の石川 奈津紀キャスター、星川 幸キャスター、私、竹下 愛実キャスターです。

 

本番前後もいろいろな話で
盛り上がり、本当に楽しかったです!
ありがとうございました(*^^*)

今週のお便りテーマは「びっくり!旅のハプニング」
ということで、番組内で私も県内を旅した話をしました。

それが、こちら。
0921-23.jpg
いわき市のアンモナイトセンター!

ここは、化石産出地の上に建てられたという施設です。
館内ではアンモナイトを始め、
サメの歯や恐竜の化石などを見ることができ、
さ、ら、に、!!
発掘体験もすることができるんです(^^♪

わくわくどきどき。
平川、世紀の大発見なるか・・・!!!

0921-3.jpg

ゴーグルとヘルメットを装着し、いざ。

0921-4.jpg
真剣に岩を掘っていきます。
これがなかなか難しい・・・
力とコツが必要です。

しかし掘っていくと・・・

0921-5.jpg

見つけました!化石!!
「イノセラムス」という二枚貝の化石です。
嬉しいですね~~。
これで満足していた私ですが、
他の方を見ていると
「サメの歯を見つけた~!」
「アンモナイトだ~!」との声が。

珍しい化石が見つかった場合は、
アンモナイトセンターに保管されますが、
(それほどの化石を掘り当ててみたいものです・・・)
通常的に発掘される貝やサメの歯などの化石は
持ち帰ることができます。
私が掘り当てたイノセラムスは、
よくみつかる化石だとのこと・・・

でも!このイノセラムスは限られた時代に生息していたので
地層の時代を知るのにとても重要な役割を果たすんです。

保管方法もしっかり聞いて、大切に持ち帰りました。

0921-6.jpg

じゃん!それっぽいですよね(笑)
全て同じ貝の化石ですが、自分が発掘したと思うと
愛着が湧いてきます。

0921-7.jpg

ラベルも付けて、
テレビの前に飾ることにしました( ̄▽ ̄)!

子どもはもちろん、
大人も楽しくなってハマってしまいますね。


また次は違う化石を発掘しに行きたいなぁ・・・

投稿者:平川 沙英 | 投稿時間:17:51 | 固定リンク


2017年09月15日 (金)魅惑のステージへのお誘い @吾妻謙


このところ、プロデューサーやディレクター業務に奔走している吾妻です。

といいますのも、私が手がけるイベントが近づいているのです!

そのイベントとは「ラジオ深夜便のつどい」!

ご存じ「ラジオ深夜便」。午後11時15分から翌朝5時までの全国放送で、

アンカーを務めるベテランアナウンサーたちが、ラジオで優しく語りかけています。

この「ラジオ深夜便」を、11月24日(金)から25日(土)にかけて「福島発」で放送します。

福島からは、2008年6月28日以来、実に9年5か月ぶり。

そう言えば、前回も私の担当でした!懐かし~。

その放送を前に、公開収録をするのが「深夜便のつどい」です。

10月21日(土)に、矢吹町文化センターで開催します!

4部構成です。では内容を。

第1部!矢吹町出身といえば、絶好調男!プロ野球解説者の中畑清さん。

s-170915-1.jpg

私とのトークで、故郷・福島の魅力や自身の体験を語ります。

「恩師、長嶋茂雄さんの話もするよ!」と中畑さん。得意のアレも披露予定。楽しみです。

 

第2部は「朗読シアター」。

深夜便アンカーの徳田章、大沼ひろみ両先輩と、私が朗読します。

s-170915-2.jpg

朗読作品は!なんと、南相馬市に移住した、芥川賞作家の柳美里さん書き下ろしです!

「演者は3人。福島ゆかりの内容で、30分の朗読劇」という、私のリクエストを快諾してくださいました!

しかし・・・、柳さんのブログによると、まだ着手しておらず、

「21日~28日で朗読劇を書く。」と。え!?1週間であがるんですか!さすがです。

他にも、たくさんの仕事を抱えながら引き受けてくださった柳さん。

s-170915-3.jpg

どんな世界が展開されるんでしょうか。初公開!今から楽しみです。

 

第3部は、横浜在住の作曲家で、ピアニストの鬼武みゆきさんの「福島を奏でるコンサート」。

鬼武さんは、昨年度から福島を訪ね、その美しい風景からイメージした曲を作っています。

これまでに「花見山」「相馬野馬追い」「大内宿」「磐梯山麓」「奥会津」の曲を

「はまなかあいづToday」で披露してくださいました。

s-170915-4.jpg

その曲を、バイオリニストの渡辺剛さんと演奏してくださいます。

s-170915-5.jpg

ホールに響く福島の風景。これは、聞き逃せません!たっのしみ~。

 

そして、第4部が「アンカーを囲むつどい」。徳田、大沼両アンカーの番組裏話などです。

いかがです?これは行きたくなりましたよね。

応募の締め切りは、今月28日(木)ですよ。お申し込みをお忘れなく!

では、矢吹町文化センターでお待ちしています。

s-170915-6.jpg

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:19:29 | 固定リンク


2017年09月14日 (木)農家の愛情が育んだ "んめぇ黄色い桃"@平川沙英


こんにちは。

キャスター平川です。
食欲の秋にぴったりといえば・・・

きのうの「n・me・na ふくしま」で紹介した「黄貴妃(おうきひ)」という桃!

0914-1.jpg

きれいですよね~(^^♪

甘い香りが強く、
実は、ほどよく締まっていますがとろみもあって、
秋にぴったりな芳醇な味わいが魅力です。

この黄貴妃は福島市飯坂町で生まれました。
0914-2.jpg

生みの親の畠直七(はた・なおしち)さんと奥様です。

桃を育ててなんと50年以上!

畠さんは「桃の産地と言われる以上、できるだけ長く
福島の桃を味わってもらいたい!」と
6月下旬の早生から9月下旬の晩生まで、およそ20種類の桃を育てています。
途切れず出荷できるよう、自ら品種改良を重ねる工夫もしているんです。

その中でも初めて生み出したのが黄貴妃でした。

「このような品種が欲しい!」と種をまいても
なかなか思い通りにはいかないそうで、
味も色も肉質も収穫時期も、すべてにおいて「これは!」という
黄貴妃が出来たときは、とても嬉しかったと言います。

これは27年前に初めて黄貴妃ができた原木。

0914-3.jpg

私より年上です・・・( ゚Д゚)
歴史を感じます。


そんな黄貴妃、
加工品にもなっています。
0914-4.jpg

じゃん!桃のジャム。
可愛いですよね~。
黄貴妃は中でも色や、変わった味わいから人気だといいます。

作っているのは、
0914-5.jpg

同じく飯坂町の、鈴木満さん陽子さん夫婦です。
「福島の桃を守りたい」と2年前にご主人の家業である果樹農家を継ぎました。

美味しい桃を作ることでもっと福島を元気にしたい!という
お二人の前向きな話を聞いて、
私も頑張ろう!と勇気をもらいました。

ぜひ、旬の最後まで福島の桃を楽しんでくださいね(*^^*)

 

見逃した・・・!
もう一度見たい・・・!という方、
来週20日(水)の「ひるはぴ」(総合テレビ午前11時30分~)でも放送する予定です。
東北6県で見られますよ(^^♪
私も仙台のスタジオにお邪魔して、
福島の桃の魅力を東北の皆様にお伝えします!
ぜひご覧ください(*^^*)

投稿者:平川 沙英 | 投稿時間:20:53 | 固定リンク


2017年09月12日 (火)岩村選手、お疲れ様でした!@後藤万里子


キャスターの後藤万里子です。


きのうの「はまなかあいづToday」の「月スポ」でもお伝えしましたが、
10日(日)に、プロ野球独立リーグのBCリーグ「福島ホープス」の

岩村明憲選手兼任監督の選手引退試合の取材に行ってきました。

 

全国から集まったファンは、およそ3600人!
メジャーでも活躍した岩村選手の人気を改めて感じました(*^^*)


球場には、球団のマスコットキャラクター「ノゾミン」が!
思わず駆け寄って2ショット(^^♪


2jpeg.jpg


引退試合にふさわしく、スタンドで見ているだけで汗ばむような、本当に良い天気でした。

 

1jpeg.jpg


岩村選手は、指名打者で先発出場。
ヒットを打つたびに、会場のファンは大盛り上がりでした(*^^*)

 

今シーズンで、選手としては引退しますが、

今後も、監督として、福島ホープスの指揮をとり、福島を盛り上げてほしいと思います!(^^)!

 3jpeg.jpg

 ケガに苦しんだ中でも、たくさんの記録を残した岩村選手。

21年間のプロ野球選手人生、本当にお疲れ様でした!!!

投稿者:後藤 万里子 | 投稿時間:19:22 | 固定リンク


2017年09月11日 (月)秋風のなかで音楽を感じて♪@岩間瞳


こんにちは。

キャスターの岩間瞳です。

この土日は、久しぶりに晴れて気温も上がり、お出かけ日和の週末となりました!
みなさんは、どんな週末を過ごしたんでしょうか?


私は、仙台の定禅寺通りで!

0911-01.jpg

音楽を感じてきました♪

0911-02.jpg

人がいっぱい!
「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」!

仙台市の定禅寺通りを中心に行われる、ことしで27回目の市民音楽祭です。


仙台駅に降り立ったときから、構内のステージから、ギターの音色が。

この日は、どこでお茶しても買い物しても、音楽が聴こえてきました。
それもそのはず!50近い屋外ステージが、街中のいたるところにあるんです。

これが、無料で楽しめるなんてぜいたく~!
さわやかな秋晴れのもと、心地よすぎる~!

たまたま流れてきた音楽に足を止めたり、

演奏者とお客さんが同じ目線で盛り上がったりするのも、とっても楽しい♪

さらに!
おいしい食べ物やお酒を楽しみながら、音楽を聴けるのもいい!

0911-03.jpg
(音楽に夢中で、ステキな写真がないのが非常に残念です・・・)

ジャズ以外にも、ロックやスカ、ゴスペルなど、ふだん聴かない音楽もあって
好きなジャンルの幅も広がりました!

春の「仙台青葉まつり」や冬の「光のページェント」だけでなく

初秋の定禅寺通りもすばらしいです(*^o^*)

投稿者:岩間 瞳 | 投稿時間:18:44 | 固定リンク


ページの一番上へ▲