研究内容

リアリティーイメージング

コネクテッドメディア

スマートプロダクション

その他

国際標準化活動

技研は、ARIB((一社)電波産業会)などの国内だけでなく、ITU(国際電気通信連合)、SMPTE(映画テレビ技術者協会)、MPEGをはじめとする国際標準化活動にも寄与しています。例えば、ITU-R(ITU無線通信部門)において、ハイビジョンのスタジオ規格や、地上デジタル放送のISDB-T方式、衛星デジタル放送のISDB-S方式などが勧告されています。8Kスーパーハイビジョンについても、広色域・ハイフレームレート・ハイダイナミックレンジの映像方式や、22.2マルチチャンネル音響方式、衛星放送の伝送方式ISDB-S3が勧告されるなど、8K放送の国際的な普及に向けて着実に取り組みを進めています。

社会に貢献する技研の技術

技研の研究開発成果は、広く一般に公開されており、特許やノウハウは、誰でも利用できます。これまでに、技研の研究開発成果は、放送関連分野はもとより、医療、建築などの産業分野への応用や、教育への利用、あるいは博物館での利用などにより、幅広く社会に還元されています。

国際研究連携

研究の国際連携の重要性が、ますます高まっています。技研では、国際学会で積極的に研究成果を発表するとともに、海外の研究機関や大学、企業の研究所に研究員を派遣して、共同研究を推進しています。BBC(英国放送協会)をはじめとする放送関連の研究機関が集うBTF(Broadcast Technology Futures Group)では、次世代の放送技術の研究を推進しています。ABU(アジア太平洋放送連合)でも重要な役割を担っており、ABU加盟国から多くの研究員を受け入れています。また、日本の地上デジタル放送方式ISDB-Tの世界展開にも協力しており、2019年3月現在、日本を含め中南米など20か国で採用されています。