空間表現メディア

リアリティーイメージング

3DテレビやAR・VR技術を活用して、よりリアリティーや臨場感・没入感を高めた視聴体験をもたらす「空間表現メディア」の実現に向けた研究を進めています。特別なめがねを用いず、自然な3D映像を楽しむことができる空間像再生型3Dテレビの研究や、AR・VRを活用したサービス、新しい映像表現の研究に取り組んでいます。

3D映像技術

空間像再生型3Dテレビの実現を目指し、水平・垂直方向に動いても見ることができる3D映像の研究を進めています。3D映像の品質向上に向けて、複数カメラによる撮影技術と高密度な光線再生による表示技術、および3D映像の表現技術の研究に取り組んでいます。

アクティナビジョンによる3次元映像

3D映像デバイス技術

高品質な3D映像表示の実現に向けて、高速・高密度な表示デバイスの研究を進めています。インテグラル3D映像の奥行き範囲や視域を広げることができる高速光フェーズドアレーや、広い視域の動画ホログラフィー表示に向けた超高精細空間光変調器の実現に向けて、研究に取り組んでいます。

AR・VR技術

AR(拡張現実)やVR(バーチャルリアリティー)を活用して、視聴者に新しい視聴体験をもたらすサービスの研究を進めています。テレビの前に遠方の人や出演者が表示される空間共有サービスや、高精細なVR映像を活用した新たなサービスの検討を行っています。

ARを活用した将来の視聴イメージ

新映像表現による番組制作技術

スポーツ中継番組をはじめとした生放送番組を対象に、より魅力的で分かりやすい映像コンテンツを効率的に制作するため、多視点カメラの映像やセンサー情報を利用して被写体の動きを解析し、可視化する研究などを進めています。

スポーツ番組におけるボールの軌跡表示

詳しく知りたい方へ