もっとニュース

  • 2024年3月4日

群馬 移住の希望地ランキング2位 関東で最上位に “東京などへのアクセスの良さ 生活費安い 地震少ない”

キーワード:

地方への移住支援を行う東京のNPO法人が相談に訪れた人に、「希望地」を尋ねたアンケートで、群馬県が、去年より7つ順位が上がり、関東地方では最も高い2位となりました。

理由について、群馬県は、東京などへのアクセスの良さに加え、生活費や教育費の安さ、それに地震の少なさなどがあるとみられるということです。

移住希望地のランキングが上昇したことについて、群馬県は、希望者の関心を反映させた「移住セミナー」の開催が要因の1つだと分析しています。

移住の希望地…2位が群馬県

東京のNPO法人、「ふるさと回帰支援センター」は、平成21年から移住希望者を対象にアンケートを行っていて、去年(R5)は1万7056件の回答がありました。

このうち、窓口で相談した人に複数回答で「移住の希望地」を都道府県で尋ねたところ、1位が静岡県、2位が群馬県、3位が栃木県と、群馬県が関東地方で最も高くなりました。

去年より7つ順位が上がりこれまでで最も高いということです。

群馬県を希望した人は20代以下と40代では1位で、理由について、群馬県は、テレワークが広がる中、東京などへのアクセスの良さに加え、生活費や教育費の安さ、それに地震の少なさなどがあるとみられるということです。

群馬県によりますと、昨年度、県内に移住した人は1324人で過去最多となっていて、山本知事は「群馬にとってとてもうれしいニュースだ。まだ順位を上げられるポテンシャルはあると思うのでトップを目指していきたい」と話していました。

移住希望地ランキングが上昇したことについて

移住希望地のランキングが上昇したことについて、群馬県は希望者の関心を反映させた「移住セミナー」の開催が要因の1つだと分析しています。

県によりますと、去年、群馬県が開催した移住に関するセミナーは109回にのぼり、前の年より30回多く開催しています。

テーマは窓口に相談に訪れた人から出た実際の声を反映させ、「古民家DIY」や「移住に必要なお金」など、ニーズに即したものになるようにしています。

3月1日には、県と市町村と連携した「ペット」がテーマのオンラインセミナーが開かれ、移住を希望するおよそ20組が参加して、ペットと引っ越しする際に必要な手続きや、ペットと遊ぶのにお薦めの公園などについて情報を集めていました。

また、県内でペットを飼って暮らしている人が講師として参加し、地元の動物病院の状況などを説明していました。

群馬県では、こうした移住希望者の関心やニーズを反映させたセミナーが順位を押し上げた要因の1つとみています。

県ぐんま暮らし・外国人活躍推進課 押元朋子さん 
「移住先について具体的な地域を決めていない人も多いので、まず、群馬県に興味を持ってもらうためにさまざまな『フック』を作り、PRしていきたい」

あわせて読みたい

ページトップに戻る