もっとニュース

  • 2023年10月16日

けん怠感 息苦しさ…コロナ後遺症 血液成分の分析でわかったことは

キーワード:

新型コロナウイルスの感染後、症状が長引く人では、血液中の物質に特定の変化がみられるとする研究成果をアメリカ・イエール大学の岩崎明子教授らの研究チームが科学雑誌「ネイチャー」で発表しました。チームは新型コロナの「後遺症」の正確な診断や治療法の開発に応用できるとしています。研究成果の内容についてまとめました。

後遺症が1年以上ある人など血液成分を分析

岩崎明子教授らの研究チームは、新型コロナに感染しあと、けん怠感や息苦しさなど何らかの症状が長引く「後遺症」が1年以上ある人と感染後、後遺症がない人、感染しなかった人などあわせて268人の血液成分を分析しました。

後遺症ある人 “血液中の物質に特定変化”

その結果、後遺症がある人たちでは、血液中にあるB細胞やT細胞と呼ばれる特定の免疫細胞が増加していたほか、体内で潜伏していたヘルペスウイルスが活性化するなどの変化が、確認されたということです。

さらに、後遺症がある人では、体の状態を一定に保ちストレス反応に関わる「コルチゾール」というホルモンの量が、後遺症がない人や感染しなかった人と比べ半減していました。

“後遺症の正確な診断や、治療法の開発”

研究チームは、こうした変化を指標にすることで新型コロナの後遺症の正確な診断や、治療法の開発につながるとしています。

米イエール大学 岩崎明子 教授 
「後遺症の中でもけん怠感は、コルチゾールの低下が要因だと考えられ、ほかの症状も免疫とホルモンの量が不安定になることで起きている可能性がある。後遺症があることを周りに理解されず悩み続ける人も多いので、原因の解明を目指しさらに研究を進めたい」

新型コロナ後遺症 国内の状況は

一方、新型コロナウイルスのいわゆる「後遺症」について厚生労働省の研究班が東京・品川区、大阪府八尾市、それに札幌市で19万人あまりを対象に行ったアンケート調査の結果、成人の1割から2割あまりがせきやけん怠感など何らかの症状が感染から2か月以上続いたと回答したということです。

あわせて読みたい

ページトップに戻る