みんなでプラス メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

みんなでプラス

“学校行事を削減”が約9割 独自調査で分かった現代の学校事情

専門家とともに都内300の公立校に調査を行ったところ、今年度の運動会などの学校行事を、コロナ禍前と比べ削減すると答えた学校は約9割に上りました。

運動会のほかにも、クラブ活動や児童会活動、学級会など「特別活動」の見直しを進める学校は少なくなく、専門家は「日本の学校教育の大きな特徴である特別活動が曲がり角を迎えている」と指摘しています。

背景には教員の過重労働を抑制するための働き方改革や、外国語教育・プログラミング教育など学ぶべき内容の増加も。現代の学校事情を考慮しながら、子どもが主体となった学びの時間をどうしていくのがいいのか考えます。

(クローズアップ現代取材班)

※ 記事の末尾に「コメント欄」があります。変わりゆく特別活動について、教員や保護者の方をはじめ、ご意見や経験談がある方はぜひメッセージをお寄せください。

運動会は“午前”まで 狙いを絞って教育効果を高めようとする学校

板橋区立上板橋第四小学校は、コロナ禍以降、運動会を午前中までとしてきました。制限がなくなった今年もそれを継続することにした一方、時間を短くするだけではなく、教育効果を高めるための工夫を凝らしました。

① 団体競技を、2学年合同チームで実施

力を合わせる経験をしてほしいと、コロナ禍で中止していた団体競技を復活。玉入れの前に全員が踊りを披露する「ダンシング玉入れ」を導入し、全員の見せ場を作りながら、異なる学年どうしが交流する機会を作りました。2学年が合同で行うことで競技回数を減らし、時間短縮も実現しました。

② 徒競走、参加していない時間は教室で休憩

学年ごとに行われる徒競走は待ち時間が長くなるため、熱中症対策の意味もあり、ほかの学年は教室で休憩。子どもたちは競技の振り返りを自発的に行うなどして過ごしていました。

③ 運動会の“運営”を子どもたちが担う

最高学年の6年生。これまでは応援団をつくり、時間をかけて練習したり演技を披露したりしてきました。

ことしの6年生は、応援団は結成せず、ゴールテープを持つ係やゴールした児童を誘導する係など、運動会の運営に参加。全体の時間は短くしながらも、責任感を養う仕組みを随所に盛り込みました。

④ その日のうちに「振り返り」を実施

「特別活動」では、取り組んだ活動を振り返り、どのような学びや課題があったか子どもたち自身で確認し、次の成長につなげることが大切にされています。

今回学校は、運動会を終えた午後に、その日の出来事を振り返る時間を設けました。熱の冷めないうちに行われた話し合いでは「負けていても最後まで応援する姿がよかった」「運動会での団結力を、次の音楽会や中学校生活にもつなげていきたい」など、積極的に意見が出されていました。

運動会を統括した教員

どこまで保護者の願いに応えながら、子どもたちが輝く場を作れるかはすごく悩みました。もっとやりたい部分はあるけど現代ではそれは成り立たないという悔しさもあります。でも、子どもたちの活躍の場は残していくべきなんじゃないかと感じるので、この時代に合った形で学校行事を行うのがこの先はいいんじゃないかと思います。

この記事のコメント投稿フォームからみなさんの声をお待ちしています。

“運動会は午前中まで”が7割 学校行事の最新事情

いま学校行事は縮小傾向にあります。

番組ではこの秋、都内の公立小学校を対象に、学校行事についての調査を実施。300校から回答を得ました。その結果です。

今年度の学校行事について、コロナ禍前の令和元年度と比べ、数や時間、内容など削減・精選するか聞いたところ、約9割の学校が「はい」と答え、削減傾向にあると分かりました。

具体的な削減内容は「行事の種類を減らした」が12.3%、「行事の時間や期間を短くした」が46.3%、「準備に時間をかけないようにした」が24.3%でした。

最も象徴的な例が運動会です。今年度の運動会にあてた時間について、「午前中で終わり」と答えた学校が7割以上。午後まで実施している学校は全体の4分の1程度でした。

学校行事以外の特別活動も縮小傾向に。コロナ禍前の令和元年度と比べ、今年度の実施予定時数が減っているのは「学級活動」が13%、「クラブ活動」が14.7%などとなっています。

そもそも「特別活動」とは

「特別活動」は、国語や社会・算数などと並んで国の学習指導要領に定められている授業の1つです。協働し課題を解決する力を養うことなどを目的としています。多くの人が経験してきた「学級会」や「委員会」、「クラブ活動」、そして「学校行事」が特別活動として実施されています。

特別活動の授業時数は、国の学習指導要領では「学級活動(学級会)に充てるものとする」とされており、学校行事などほかの活動はそれぞれの学校が必要に応じて実施することになっていて、具体的な実施時間は定められていません。 

縮小の背景にある教員の多忙 “学校行事を精選”へ

その特別活動が縮小している背景の1つが、教員の過重労働です。

文部科学省がことし行った公立の小中学校の教員向けの調査で、勤務時間が平日で▼中学校では11時間1分、▼小学校では10時間45分。国が残業の上限として示している月45時間を超えるとみられる教員は中学校で77.1%、小学校で64.5%に上っており、長時間勤務の教職員が多いことがわかっています。

こうした中、文部科学省の諮問機関である中央教育審議会はことし8月、教員の負担軽減のために、授業時数の見直しとともに「学校行事の精選・ 重点化を図る必要がある」と提言。専門家は「日本の学校教育の大きな特徴だった特別活動は、いま大きな岐路にある」と指摘しています。

大きな曲がり角を迎えた特別活動 子どもが輝く教育を実現するには?

特別活動の研究者や小学校の校長らが集まった会議では、現状への危機感や今後の方策について議論が交わされていました。

小学校の教頭 “誰かのために頑張る力が失われている”

コロナ禍で特別活動の機会が減って、人間関係の希薄さというか、人のために頑張るっていうのがすごく少なくなったなって感じています。例えば掃除では「みんなのため学校のためにきれいにしようね」と働きかけても、なかなかその思いが伝わらない。コロナの影響なのか、自分を守らなきゃ、自分さえよければいいというところがあるように感じられて、課題だなと。

小学校の校長 “コロナ禍で先生も人間関係に困っている”

コロナ禍で先生になった若手の方の中には、人と人とをどうつなげたらいいのかが分からないという先生もいらっしゃる。先生たちにも人間関係の作り方を指導していかないといけないなと最近感じています。

専門家 “行事は外注してはいけない”

運動会は残すけれども業者に任せるという考え方もありますが、それはどうなんだろうという気がしています。学校は教師と子どもの関わりがすごく大事。その中で、学校行事は楽しい時間や思い出を作る時間として大切だと思うんです。

文部科学省 初等中等教育局 安部恭子 視学官

中教審から‟学校行事の精選”が提言されましたが、これが安易な削減になってはいけないと思います。学校行事は子どもたちにとって、日ごろの教科学習では発揮できない自分の良さとか、友達の頑張りとかを実感できる場です。すでにコロナ禍で行事はだいぶ精選されたので、その中で効果的にやるためには何が大事かを考える。うちの学校では何を大事にしていきたいのかということを、もう一度見直していただくことが大事だと思います。


これからの時代を生きる子どもたちの大事な資質能力を育むのは、各教科だけではなく、特別活動のように実生活や実社会で活用できる汎用的な力が絶対に必要だと思いますので。

どうする「特別活動」?あなたのご意見を聞かせてください

学校を取り巻く状況が大きく変わる中、大きな曲がり角を迎えている「特別活動」。あなたは今後どうあってほしいと思いますか?教員の方、保護者の方、学校に通っている児童生徒の方……ご意見をぜひコメント欄にお寄せください。

現代に合わせながら特別活動を実施するアイデアや実践例などもぜひお待ちしています。コメント欄で一緒に議論を深めませんか。

みんなのコメント(142件)

提言
みかりん
40代 女性
2024年5月18日
運動会は、区長さん、地域、おじいちゃんおばあちゃんの楽しみに学校がつきあっている部分があるので、止めてよいと思います。校長先生の出世のために付き合わされているとも言えます。
運動会は待ち時間が多く、運動量も少なく、その準備が大変です。体力向上のために、こんなことをしていますと、保護者に学校だよりで説明すればいいのだと思います。
学校では、その準備のために3週間以上かけ、その全体での進捗確認のため、大型紙にスケジュールを張り出します。
朝の時間に、校歌、応援歌、選手宣誓の練習をし、全体練習で揃えられるように担任は必死です。スローガンも、手書きで、一文字づつ、数十枚に渡ってつくり、三階や二階から吊り下げるのも、回収するのも大変で、PTAが早朝駆り出され準備し、帰りもかたずけを手伝わされます。大型印刷機ではだめなのでしょうか?運動会の予行練習でくたくたで、児童へも優しく振る舞えない。
悩み
3女は5年生。
40代
2024年5月18日
行事は学校で体験をして直接刺激で五感で得るものが多く、本やメディアで代わりにはならない。力に差がある人が協力して助け合うことの意味や辛さ、特に傷つけてしまったときの後悔、受け入れて考える大変さを体全体で感じ、体験するとても貴重な機会。子供たちは一方で、判断基準となる行事経験も交流経験も与えられず、タブレットPCで溢れる情報を与えられる。それをもとにゆくゆくは宿題も出さない方向であり、自主的な勉強をしろとも言われている。情報からの想像力で経験を補えるのだろうかと不安になる。困った経験もない10歳、情報の真偽も判断基準がない短い人生経験で、自主性で宿題は困難と感じている。学校からは、もうコロナが理由ではなく行事の内容が薄くなっても戻るつもりはない、その方向に時代が変わっている、家庭の役割を強めるようにと言われている。悩ましい。
提言
kuroneko
19歳以下 男性
2024年5月12日
中学生です。むやみやたらに特活の時間を減らすべきではないと思います。
私の学校でも減っていて、やむを得ず生徒会の会議に昼休みを使うこともあります。小学校のときもです。これでは、児童生徒のためにも、先生方のためにもなりません。まずは、わざわざ小学校で学習する必要性の低い英語、プログラミングの授業を減らし(もしくはなくす)、必要な教科の授業や学級の活動に時間を使うべきだと思いました。英語やプログラミングは後からいくらでもできますが、特別活動の「集団での(集団行動の)経験」、道徳などの「社会生活の礼儀」、国語や算数などの「生活のための必要最低限の知識」は、小学校のうちに教えておかないと、卒業後、周囲の人との接し方、生き方など困ると思います。最近、ネットやいじめなどのトラブルが増えているのも特別活動、国語等主要科目の必要な科目が英語など、必要性の低い教科に押されている弊害なのかな、とも思いました。
体験談
虐めサバイバー
40代 男性
2024年4月24日
私はずっと虐めに遭っていました。教師の目の前で虐められてるのに一度も助けてもらったことはありません。何が特活だ、と思う。道徳の授業をした同じ教室で虐めを見て見ぬふりをする、運動会で運動の苦手な子が馬鹿にして笑われてるのに注意しない、自分を体育館裏に呼び出して殴ろうとした上級生の卒業式で「優しかった、六年生?!」とか言わせる、毎日掃除の時間に同じ奴に同じように虐められてるのに「ゴミの取り残しがあった」とか言う。私にとって学校は拷問部屋でした。子供を傷めつけて奴隷にしておいて何が主体性だ。何が「人のために」だ。言ってることとやってることが違うじゃないか。形だけの特別活動なんかじゃなく、人間として当たり前の道徳心を行動で示すのが一番の教育だろう。
感想
シオドア
30代 男性
2024年3月30日
特別活動を削るべきではないと言う人達へ。そもそも特別活動は通常授業の合間に行う物なので、通常授業を圧迫してまでやる物ではないし、ましてや特別活動に時間を掛けるのは本末転倒なのです。通常授業や部活でただでさえ教師も生徒も精神的にも時間的にも余裕がないのに、やれ行事だ、やれ集会だで授業時間を逼迫された上に、授業時間不足だという理由で学校に拘束される時間が増えたら余計疲弊します。そんな余裕のない状態だと、生徒は他人を攻撃、要するに虐めをしたり、教師も虐めを解決する余裕もなくなるので、虐めに真剣に対応出来ないのです。教師や生徒に余裕を持たせれば、虐めを減らしたり、虐めがあっても教師が真剣に対応出来るようになると思います。人間性は、行事以外でも実技教科で育てればいいのです。
提言
にな川
40代 男性
2024年3月13日
娘の通う小学校では、地域の自然・文化を体験する豊かな学校行事と、音楽、スポーツといった課外活動が行われていました。しかし指導要領改訂により、プログラミング、外国語などが授業として加わり、授業数確保のため行事、課外活動の大半が廃止となってしまいました。文科省は「生きる力」を育てる、と言いますが、本当はこうした行事、活動の中でこそ子どもの生きる力が育まれていたのではないかと思います。では新たに入った授業がそれに代わるだけの内容か、というと、英語などカタカナで学んでいて、こんなことのために学校行事が廃止されたのか、とため息が出ます。子どものキャパシティには限界があり、授業でつぎ込んだ内容の全てが身につくわけではありません。授業の内容が身に付くには、それ以前の人としての下地作りが必要です。畑は土壌が大切ですが、人としての土壌をどう作るのか、そこの議論が欠けていると思います。
感想
あいちゃん
2024年2月21日
歓迎集会、平和集会、運動会、送る会等の一つ一つの行事を乗り越えるごとに子どもたちは、成長していきます。勉強が苦手で教室にじっと座っていることが苦手な子が、行事の時にみんなをまとめ、リーダーになることもあります。どこかで誰かが輝ける居場所の一つになるのです。それを今、減らされようとしています。教員の負担はそこではない。過重労働で減らして欲しい仕事は、子どもとの関わりではありません。それなのにそこを減らそうとされています。全くの逆効果です。学習指導要領に載っていないとの名目でなくされようとしています。でも、とめられません。形を変えてでもなんとかして残して欲しいと思います。
感想
くく
50代 女性
2024年1月25日
今年に入り、小学校の現状を知る機会がありました。教育がこれから先、どのような方向に進むのか知りたいので、是非、12月の番組の再放送をお願いします。
感想
シオドア
30代 男性
2024年1月20日
これは良い傾向だと思う。本来の授業時間を圧迫するような無駄な行事が多いから、夏休み短縮や始業式・終業式の日まで授業せざるを得なくなると考えると、無駄な行事やそれに使う時間を整理することで、授業時間の確保に繋がるし、教師や生徒の負担も減るというメリットも生まれる。授業時間確保と言うなら、先ず無駄な行事を削るのは正しいと思う。そもそも休日削るのは、ブラック企業と一緒。教師も生徒も時にはキチンと休ませないと、勉強も部活もパフォーマンスは上がらないと思う。
提言
59歳にして教員になった人
50代 男性
2024年1月3日
民間に37年間勤めてから、教員の世界に飛び込んで半年足らずの者として意見を述べたい。『特別活動(部活を含め)』を縮小するのはやめた方が良いと思う。理由は、子どもたちがリアルに感情を剥き出しにする場面を教員が見ることができるからである。教室での授業中とは異なる側面で児童生徒を観察することができ、教員が生徒たちに対してより良いフィードバックを与えるための情報を得ることができるからである。教員の働き方改革は、教育にお金をかけ、教員の数を増やして教員の負担を減らすことだと考える。どうも政治家やお役人の方々は、現場を理解していない。このままでは、日本は壊れると真剣に考えている。
この記事のコメント投稿フォームからみなさんの声をお待ちしています。