明日へ つなげよう

こころフォト

トップページ 写真一覧 こころフォトに寄せて 動画を見る

佐々木和海さん(ささき・かずみ/当時14歳)りつ子さん(りつこ・当時42歳)石垣利一さん(いしがき・りいち/当時76歳)・かつよさん(当時68歳)
宮城県名取市

妻のりつ子さん、娘の和海さん、同居していた義理の両親の利一さん・かつよさんは震災当時、全員、自宅にいたとみられています。自宅は津波に流され、4人は亡くなりました。

震災から6年を迎えて

佐々木清和さんより

りつ子へ
自宅跡の土地は、あなたの物だから残った分は必ず残すから。
毎日、朝ご飯と弁当を作っているよ。夕食のおかずも少しずつ種類が増えてきているよ。
毎朝、ご飯お供えするから。
お酒の量まだ多いかな?
もし相手ができて、相手が良いと言ったら一緒になっていいかな。
「6年も多く生きているよ」。

和海へ
成人になったね。成人祝いのスーツ気に入ってくれた?
成人の姿は想像できないけど似顔絵どおりかな?
中学校のジャージは、震災を忘れさせないためにこっちに残すから。
その代わり、スーツ持っていくから。いつも携帯見ているよ。
「おーい、元気だよ」。

二人へ
貴方たちは年を取らないね。
毎年、ひまわり見えてる。今年も咲かせるから。
閖上中学校遺族会の慰霊碑から飛ばす、鳩風船のメッセージ読んでくれた。
多くの人に支えられて何とかやれてるよ。心配かけないようにするから。
これからも、語り部で震災のこと、命、日常の大切さと貴方たちがいた証を伝えていくよ。応援して。
貴方たちに恥ずかしくないようにして、お土産話持って行くから。
「いつも一緒だね。見守ってくれてありがとう」。

神戸市の森本修さんより

番組を拝見しました。
最愛の奥様、お嬢様を亡くされた話を涙無しでみる事できませんでした。
心より哀悼の意を送ります。
仲の良いご家族であったご様子がお話からよく理解出来ました。
お二人の写真、特にこけしの様な和海さんの赤いほっぺは、童子の可愛いさ真っ盛り。
私は涙なくして見ることが出来ませんでした。
お二人が他界され、お一人になられましたが、清和様がお二人の話を世間に広め、話を聞いた人達の心の中でお二人は生きて行かれると思います。
温かい周りの皆様に支えられ、そして周囲の人達を支えて生きて行って下さい。

同世代の男性
森本 修 拝

佐々木和海さん、りつ子さん、石垣利一さん・かつよさんへのメッセージ・写真を募集しています。


お寄せいただいたメッセージは、ホームページへの掲載や番組への活用などに限って利用いたします。
メッセージは掲載できない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

皆様の個人情報の扱いに関しては、「NHKにおける個人情報保護について」をご参照ください。

お名前(*)
ふりがな(*)
本人との関係(*)
電話番号(*)
(半角数字)
住所(*)

ページへの掲載は区市町村までとします。(例)東京都渋谷区の※※さん より

メールアドレス(*)
(半角数字)
確認用メールアドレス(*)
(半角数字)
メッセージ(*)

※内容は800文字以内でお書きください
(800文字を超えた場合は送信できません。ご了承ください)

※文字化けしてしまうため、機種依存文字は使用しないでください。

※写真を投稿したい場合は、こちらの写真投稿フォーム をご利用ください。


郵送の場合はご意見・お問い合わせページに
「郵送希望」と記して住所をお書き下さい。
こちらからメッセージの記入用紙や返信用封筒を送ります。
送っていただいたお写真は返却します。

ご意見・お問い合わせ

  • >> メッセージを投稿する
写真一覧へ戻る