ページの本文へ

NHK北海道WEB

  1. NHK北海道
  2. NHK北海道WEB
  3. 道北オホーツクの番組イベント情報
  4. チョイス!道北オホーツク|特選!蔵出し再放送番組のご紹介

チョイス!道北オホーツク|特選!蔵出し再放送番組のご紹介

  • 2024年5月17日

NHKが過去に放送した道北・オホーツクの番組を厳選しお届けする「チョイス!道北オホーツク」このページでは、放送予定をご紹介しています。        
(※番組や日時は変更する可能性があります)

▌5月の再放送番組

北海道スペシャル

選 礼文島からの贈り物~杣田美野里のメッセージ

2024年5月25日(土) 前 9:00

番組内容

過酷な環境の中で命をつなぐ花々に思いを寄せた写真家の杣田美野里。2021年秋に世を去るまでの間、礼文島舞台に、写真集、ガイドブック、エッセイ集など12冊もの著作を遺した。病床で受けたラジオ深夜便のインタビューで語ったのは「死を意識した時に輝く現実がある」という言葉。遺作のフォト短歌集『キャンサーギフト』には、生命に対する力強いメッセージがこめられていた。時を超えて受け継がれるメッセージをたどる。

※放送・配信内容が変更になる場合があります。

 

2023年12月22日放送当時の特設ページはこちら

 

 

よみがえる新日本紀行

オホーツク・サンクチュアリィ-北海道・小清水町-

5月18日(土) 午前 9:00

番組内容

新日本紀行から42年。動物たちの聖域「オホーツクの村」は健在だ。その運営には全国から520人が参加している。3代続けて“村民”になった一家は生き物たちを撮った写真をブログで発信。北の自然の息遣いを広く伝えてきた。また地元農家を中心に、人間に重い病気をもたらす感染症を防ぐためキタキツネに餌に混ぜた薬剤を与える取り組みも行われている。ふるさとの森を舞台に人と野生動物の共存をめざす模索が続いている。
※2023年7月放送当時の番組内容をそのまま記載

※放送・配信内容が変更になる場合があります。

 

さわやか自然百景

選 北海道 利尻島 秋

5月18日(土) 午前 10:05

番組内容

北海道北部、利尻島。まん中にそびえる利尻山は、火山でできた切り立った地形のため、水はすぐに地中にしみ込み、そのほとんどが海に注ぐ前に姿を消す「かれ沢」となる。険しい環境の中に、生きものたちを支える「不思議な水辺」がある。山麓で突如、地中から湧き出す水。わずか100mほどで、海へと注いでしまう。しかしそこには、驚くほどたくさんの生きものたちが暮らしている。小さな水辺の命のドラマを見つめる。

※放送・配信内容が変更になる場合があります。

 

さわやか自然百景

選 北海道 利尻島 冬

5月18日(土) 午前 10:19

番組内容

北海道北部、日本海に浮かぶ利尻島。溶岩が固まった岩場が広がる海辺には、2月、大きな波が押し寄せ、しぶきが岩の上で凍りつく。土壌が痩せている陸上に広がるのは針葉樹の森。その森を巧みに利用するのが鳥たちだ。国の天然記念物に指定されている日本最大のキツツキ、クマゲラも見られる。枯れ木にくちばしで大きな穴を開け、細長い舌を器用に使い、木の中に隠れている虫を取り出して食べる。火山の島で厳しい冬を過ごす生き物たちを見つめる。

※放送・配信内容が変更になる場合があります。

 

 

 

▌4月の再放送番組

道北・オホーツクスペシャル

選 あなたの町の映像アルバム 旭川編

4月20日(土) 午前 9:00

※道北・オホーツクエリア向け

番組内容

開局90年を迎えた旭川放送局では、旭川市のみなさんを招き過去の映像の上映会を開きました。旭川のシンボル・平和通買物公園では、映像は昭和初期から続く商店街の賑わいや、地域のために奮闘する人々の熱意やアイデアの数々を今に伝えていました。そばの産地として有名な江丹別地区で映像が映し出したのは、今も昔も地区を元気にする若者たちの姿でした。上映会に参加したみなさんは、ふるさとへの思いを新たにしました。

※放送・配信内容が変更になる場合があります。

 

道北オホーツクスペシャル

選 あなたの町の映像アルバム 北見編

4月20日(土) 午前 10:05

※道北・オホーツクエリア向け

番組内容

北見市の中心部とオホーツク海に面した常呂地区で、NHKのアーカイブ映像の上映会を開きました。画面に映し出されたのは、かつて生産量世界一を誇ったハッカ栽培や、当時の町の繁栄の様子。オホーツクの風土の中で海の恵みと共に生きる人々や、長野五輪に出場し常呂の名前を世界に知らしめたカーリングに情熱を注いだ人々の姿でした。上映会に参加したみなさんは、ふるさとへの思いを新たにしました。

※放送・配信内容が変更になる場合があります。

 

 

 

▌3月の再放送番組

中井精也の絶景!てつたび

実りを運ぶ秋の列車~JR石北本線~

3月16日(土) 午前 9:30

※道北・オホーツクエリア向け

番組内容

鉄道写真家の中井精也さんが網走から旭川まで237.7キロを旅する。実りの最盛期を迎えた北見盆地からは、毎日長大な「たまねぎ列車」が出発。常紋峠や湧別川沿いの渓谷では紅葉を満喫。遠軽駅では北海道の鉄道が歩んできた歴史に思いを馳せ、瀬戸瀬駅近くの山頂からははるか30キロ先のオホーツク海と眼下の列車を一望する奇跡の一枚を撮影。秋ならではの絶景を満喫する旅である。

※放送・配信内容が変更になる場合があります。

 

中井精也の絶景!てつたび

心にしみる秋の静けさ~JR富良野線~ 

3月16日(土) 午前 10:05

※道北・オホーツクエリア向け

番組内容

鉄道写真家の中井精也さんが旭川駅から富良野駅まで18駅54.8キロの富良野線を旅する。豊かな起伏を描く美瑛の丘や十勝連峰の雄姿を望む富良野の絶景を満喫していく。                さらに富良野駅から足を伸ばして根室本線の今年度いっぱいで廃線になる区間を探索する。100年以上人々を運んできた路線との惜別の旅だ。すでに運行が休止され草に覆われていくレールやもうじき列車が走らなくなる鉄橋などを中井さんが心をこめて撮影する。

※放送・配信内容が変更になる場合があります。

 

こころの時代~宗教・人生~ 「殉難者の祈り」

3月9日(土) 午前 10:05

※道北・オホーツクエリア向け

番組内容

明治以降、北海道開拓における鉄道や道路の建設など、過酷な労働条件のもとで亡くなった犠牲者を「殉難者」という。長年その存在は公にされることがなかったが、1970年代から「殉難者」に光を当てようとする民衆史掘り起こし運動が始まった。その活動の中心を担った北見市の中川功さん、網走市の森亮一さん、深川市の殿平善彦さんにお話を伺うことで、「殉難者」の無念に思いをはせ、北海道における近代化の実相を考えていく。

出演者

中川功(なかがわ いさお)、森亮一(もり りょういち)、殿平善彦(とのひら よしひこ)

※放送・配信内容が変更になる場合があります。

 

 

 

▌2月の再放送番組

道北・オホーツクスペシャル

選 あなたの町の映像アルバム 旭川編

2月17日(土) 午前 9:30

※道北・オホーツクエリア向け

番組内容

開局90年を迎えた旭川放送局では、旭川市のみなさんを招き過去の映像の上映会を開きました。旭川のシンボル・平和通買物公園では、映像は昭和初期から続く商店街の賑わいや、地域のために奮闘する人々の熱意やアイデアの数々を今に伝えていました。そばの産地として有名な江丹別地区で映像が映し出したのは、今も昔も地区を元気にする若者たちの姿でした。上映会に参加したみなさんは、ふるさとへの思いを新たにしました。

※放送・配信内容が変更になる場合があります。

 

街角ピアノ「旭川 vol.3」

2月17日(土) 午前 10:05

※道北・オホーツクエリア向け

番組内容

北海道・旭川駅の改札近くに置かれた1台のピアノ。道内各地を結ぶターミナルで、大雪山、美瑛、富良野など観光スポットも近い。ピアノは利用客にくつろいでもらおうと旭川市が設置した。散歩の途中に立ち寄った71歳の保育士、ピアノを通して人見知りを克服しつつある女性、性別違和を乗り越えた音楽家、弾き語りのライブ活動を行っている主婦…。さまざまな人々が心のメロディーを奏でる。

※放送・配信内容が変更になる場合があります。

 

命のしずく

~あるトランスジェンダー 魂の旋律~地上波初

2月17日(土) 午前 10:20

※道北・オホーツクエリア向け

番組内容

トランスジェンダーの敦賀ひろきさんは戸籍変更後、公務員から音楽家に転身、9年前に東京から北海道へ移住した。その後、結婚した女性が5年前に末期ガンに。病と闘う妻に寄り添う中で「今を生ききろう」と決意。昨年7月、移住後初のホールでのソロコンサートに挑んだ。北海道の森の中で大舞台に向け、自らの思いを託した新曲も制作。敦賀さんの波乱の半生と、冬から初夏までの日々を追う。

※放送・配信内容が変更になる場合があります。

 

 

 

ページトップに戻る