骨髄炎の病気・症状解説(1/1ページ)

骨髄が細菌に感染し炎症を起こす病気。大腿骨(だいたいこつ)や脛骨(けいこつ)、上腕骨などに起こる。子どもに多い。最近では高齢化に伴い、細菌が背骨の骨髄に感染して起こる「化膿性脊椎炎」が増えている。これも「脊髄炎」の一種。