BACK レシピ一覧に戻る
林家木久扇のプリン

プリン

監修・調理指導 大熊 恵 先生
甘さがほんのりで卵の味がしっかりしたちょっと固めのプリン。
木久扇さんが小さい頃にミルクホールで食べたプリンをイメージして作りました。

【初回放送】2016年9月5日

林家木久扇のプリン

材料 さあ、はじめましょうか!

プリンカップ3~4個分
<カラメルソース>
グラニュー糖 50g  
10ml  
<プリン液>
150g Mサイズ3個分
バニラのさや 1/2本 縦にさいてバニラビーンズを取り出す
砂糖 45g グラニュー糖、上白糖でも可
牛乳 225g  
<飾り>
チェリー 適量  

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテ卵の風味が生きるほのかな甘さ

オキテ1卵多めでしっかりプリン

オキテ2密着ラップで泡をなくせ

オキテ3たっぷり蒸気で口当たりなめらか

閉じる

作り方

印刷用PDFはこちら

カラメルソースをつくる

step1
鍋を火にかけ、グラニュー糖を少しずつ加えて溶かす。

step1

step2
キャラメル色に焦げてきたら火を止めて、水を少しずつ加える。
※鍋に粉ふるいでふたをしてから水を注ぐと、カラメルが沸いて飛び散るのを防げます。

step2

step3
プリンカップの底にスプーン1杯くらいずつ流し、冷ましておく。

step3
 

プリンをつくる

step1
卵をほぐし、砂糖を加えてすり混ぜる。

step1

step2
鍋に牛乳を入れ、バニラのさやとバニラビーンズを加え、火にかけて温める。(約50℃)

step2

step3
温めた牛乳をステップ1に加えて、混ぜ合わせる。

step3

step4
目の細かいこし器でこして、ラップで表面の泡をとる。

step4

step5
プリンカップに8~9分目まで注ぐ。

step5

step6
バットにキッチンペーパーを敷き、プリンカップを並べ、お湯を型の半分くらいまで注ぐ。160℃のオーブンで35分蒸し焼きにする。
※焼成時間は多少前後します。型を持って揺らしてみて、動かないくらいに固まっていれば、焼き上がりです。

step6

step7
粗熱を取って、冷蔵庫で冷やす。型からはずし、器に盛り付け、チェリーを飾る。
※2時間程度で冷えますが、一晩おくとかたさがほどよくなり、カラメルソースもしっかり溶けて、おいしくなります。

step7
 

たべごろと保存方法

冷蔵庫で一晩おいて翌日中にはお召し上がりください。
完成
レシピ一覧に戻る
Page Top