独裁者の部屋
機関名 スウェーデン教育放送(UR)
アート89
国/地域名 スウェーデン
メディア テレビ
(ジャクリン・ ヒョンワニー)
リアリティーショーは世界各地で人気の高いフォーマットになっていますが、軽薄で深みのないコンテンツに使われる例も少なくありません。しかし、このフォーマットを教育を目的とする番組に利用し、重要な社会問題を提起しようとしたら、いったいどうなるでしょう?その答えが「独裁者の部屋」です!若者たちの政治離れから民主主義自体がいま脅かされています。その中で、この社会実験的な番組は人権が尊重されない社会に暮らしていたらどうなるのかを考えさせてくれます。「独裁者の部屋」は挑戦的な作品です。革新的で創造的で、しっかりした教育目的を持っています。青少年のみならず社会一般の人たちの間で、きっと多くの議論を巻き起こすことでしょう。

(シャーロット・シヴァート)
「独裁者の部屋」は若い視聴者、特に政治には関心がないという若者たちに、民主主義の価値について考えてもらうことを目的とした番組です。また、民主主義の大切さと、それを達成するための市民参加の必要性について議論を巻き起こしたいという狙いもありました。こうした狙いを実現するために、思い切った手法や挑発的な内容にしました。
市民の権利と自由が制限された独裁体制下での暮らしはどんなものなのか。さまざまな状況に対して、彼らはどんな選択をするのか。生まれて初めて民主主義の世界を離れた彼らは、人間としてどう変わってゆき、これまでの生活をどう見つめ直すのか。この体験を通して彼らが考え、そして視聴者が考えることが、この番組の目指すべきところだと考えています。

← 受賞作品(2015)

PAGE TOP