2018年11月16日 (金)秋深し アートとワインを 味わう日 @吾妻謙


フランスのワイン、ボージョレヌーボーが、「11月第3木曜日」の16日解禁。

福島市の駅前では、水曜日の晩からワインイベントが開かれ、

s-181116-1.jpg

多くの方が、県産ワインも含めたたくさんのワインを飲み比べながら、

s-181116-2.jpg

午前0時のボージョレヌーボーでの乾杯を待っていました。

そういえば、私が20歳になった頃は、大変なボージョレブームで、

多くの店が、深夜0時の解禁と同時に提供し、満員のお客さんが乾杯していました。

そして「今年のぶどうの出来は・・・」なんて語っていたものです。

あれから早30年・・・。

ワインの好みは、フルボディの重~いので「湿った土の香り」といった感じのものとなり、

ボージョレヌーボーとは正反対。

しかも、出来の良かった年のワインを選んで飲めるような大人にはなっておりません・・・。

しかし

s-181116-3.jpg

家でカンパ~イ。年1回の恒例行事です。

 

さて、二本松市を中心に開催されている現代美術の展覧会「福島ビエンナーレ」も大詰めです。

10日(土)に、こんなアート表現がありました。

アート像「サン・チャイルド」

s-181116-4.jpg

現代美術家ヤノベケンジさんが2011年に福島の復興の願いを込めて制作しました。

それが福島市に寄贈され、ことし8月に市の施設前に設置されましたが、「原発事故の後、福島市で防護服が必要だったと誤解を招く」などと批判の声があがり、1か月あまりで撤去されました。それが。

s-181116-5.jpg

小さなサン・チャイルドの登場。

s-181116-6.jpg

美術家、若木くるみさんの「福島ビエンナーレ」出展作品です。若木さんは「サン・チャイルドが撤去されてさみしく、憤りも感じた。またこの問題を考えるきっかけになれば」と、これを思いつきました。後頭部の髪をそり、

s-181116-7.jpg

合わせ鏡で自ら絵を描きます。

s-181116-8.jpg

この独特の手法で、2009年の岡本太郎賞を受賞した気鋭のアーティストです。

s-181116-9.jpg

若木くるみ「面」写真提供:川崎市岡本太郎美術館

今回の作品は、サン・チャイルドになりきるだけではありません。

この格好のまま、福島駅前から二本松駅まで22キロを走るのです。その名も「福島・ラン・アート」

s-181116-10.jpg

その走るスピードとスタミナに驚かされました!

なんと、若木さんランナーとしても過酷なレースへの参加歴が豊富なんです。例えば台湾の「環花東超級マラソン」で333キロを走り女子優勝を飾ったり、ギリシャの「スパルタスロン」で246キロを走って世界女子9位になったりと、驚きです。

s-181116-11.jpg

そんな若木さん、福島の自然を満喫しつつ、仮設住宅を目の当たりにしたりして二本松まで走り切りました。アートと社会の関りを考えたそうです。

この果敢な表現に刺激を受けました。

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:21:48 | 固定リンク


2018年11月15日 (木)住民の 会話で作る 村の未来 @平川沙英


こんばんは。

朝晩の寒さが厳しくなっていましたね。

冬本番に向けて体調をしっかり整えたい、キャスター平川です。

 

球辞苑、みなさんご覧になりました??

「悪球打ち」興味深かった~。

いや、興味深くないテーマは、これまでないんですけどね(笑)

 

“ストライクゾーンがストライクじゃない”思わずうなりました。

たしかに、ボールでも、それをヒットにできる技術があれば、

それはストライクなのでは?と思いますし、

難しい球ほど、バットの出し方が決まっているから

迷わず振れるというのも、なるほど・・・っと思いました。

 

「あゝ奥深き野球の世界・・・。」ということで

次のテーマも楽しみにしようと思います。

野球について、熱く語り過ぎました。

 

ここからは、きょう取材に行った話を。

1115-1.jpg

このオシャレな住宅。飯舘村の村営住宅です。

きょう、竣工式が行われました。

村に戻ってきた人はもちろん、

新たに飯舘村で生活したいという人も、住むことができます。

1115-2.jpg

この村営住宅の魅力を、菅野典雄村長に教えてもらいました。

1115-3.jpg

住宅は、1LDK、2LDK、3LDKの間取り

そして、和室やフローリングなどさまざま。

自分に合った住居を選ぶことができます。

1115-4.jpg

そして一番の魅力がこちら。

ひときわ目立つ青いトレーラーハウス。

住民のみなさんで仲を深めてほしいという思いから作りました。

 

村長は、

「新しく移住してくる人と、もともと住んでいる人、

それぞれの思いを話し合いながら距離を縮め、村が元気になれば」と考えています。

1115-5.jpg

オシャレでかわいらしい外観も魅力的ですよね。

しかも、道の駅の裏という好立地!

この場所が、飯舘村に戻ってくる人、

そして、移住してくる人が増えるきっかけになればと思います。

投稿者:平川 沙英 | 投稿時間:19:49 | 固定リンク


2018年11月14日 (水)福島の いろどり豊かな 秋の色♪ @淺川理沙


こんにちは!

キャスターの淺川理沙です。


先日、新幹線に乗ったとき、

福島駅に近づくにつれて、山々がどんどん色づいていることに気がつきました。

1.181114.jpg

そこで、けさの「おはよう福島」の“カメラリレー”でも

福島駅前の赤く色づく木々について、お伝えしました♪

2.181114.jpg

11月ももう半ば。早いですね~。

 

私はずっと関東育ちなので、「葉が色づく」といえばイチョウのイメージでした。

関東では最も色づくのが11月下旬なので、まだまだ先…だと思っていましたが、

福島では、紅葉のピークが過ぎてしまいましたね。


でも!念願かなって、福島の紅葉を見に行くことができました!!

中津川渓谷です♪

3.181114.jpg

紅葉はもちろんですが、

渓谷へ向かう途中の風景も見晴らしがよく、気持ちよかったです!

4.181114.jpg

そして、五色沼です♪

私のプロフィールに「行きたい場所」として書いていた場所です。

ついに行ってきました!またとない快晴でした♪

5.181114.jpg


6.181114.jpg

磐梯山もくっきり見えました!

7.181114.jpg

五色沼は、光の当たり具合によって、深い緑色に変化したり、

かと思えば、紅葉が水面に映って、神秘的に見えたりとすばらしかったです。

まるで、フランスの画家・モネの絵画『睡蓮』のようでした!

8.181114.jpg

関東では、真っ赤な紅葉を見かける機会があまり多くないので、

福島の山々が赤く紅葉している景色が、とても印象に残りました。

9.181114.jpg

福島で好きな場所が、また増えました。

今度は、春に桜を見に行きたいです♪

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:16:14 | 固定リンク


2018年11月10日 (土)福島の 自然の深さ 再認識 @五七GO!


先週、東京出張をしていた私。

新幹線の車窓から紅葉を眺め、山を眺め、川を眺め、

福島の自然の豊かさや奥深さを再認識いたしました。ただいま~!

もっと、知らない景色を皆さんの句を通して見せて欲しいと思います!

5日(月)「いつもと違った視線で作った2句」

s-181105575-1.jpg

鏡石町のケイちゃんさんは10月、神無月を詠みました。

旧暦の神無月は、きっと今ごろ。私も出雲に向かって、日本中の神様に祈ります!(岩間)

神々が集った出雲の国にとっては「神在月」ですね。

s-181105575-2.jpg

福島市のえいこさんは、お茶の木の盆栽についてです。

これまでも育てていましたが、花を咲かせたのは初めてとのこと。

窓際で撮った写真が、とっても上品ですね。(吾妻)

6日(火)「見事な秋の風景の2句」

s-181106575-1.jpg

檜枝岐村の星さんは、初冠雪の三ツ岩岳と紅葉を見て一句。

ご主人の写真に、星さんが句を添えるいつもの必勝パターン。

青空、雪の白、常緑樹、そして紅葉に黄葉、実にきれいです!(吾妻)

s-181106575-2.jpg

福島市の散歩道さんは、二本松の菊人形で初投稿!

60年間毎年訪れているそう。

たしかに、これを見ないと秋は始まらないですね!(岩間)

7日(水)「もみじの葉、多い?少ない?の2句」

s-181107575-1.jpg

福島市の高山さんは、近所の公園のボリューム満点のもみじを詠みました。

こんなにきれいなもみじが近くにあるなんて、うらやましいです!!(岩間)

s-181107575-2.jpg

福島市のトド女さんは、紅葉狩りに行って美しい風景を見た中で、

どうしても気になったこのもみじの葉で、初投稿。

しっかり松の木にくっついていたそうで、春に新緑を見て確かめたいと。

これは気になりますね!思わず引っ張りたくなります。(吾妻)

8日(木)「猪苗代町の風景から2句」

s-181108575-1.jpg

猪苗代町の会津のもみじさんは、1年以上ぶりに投稿してくれました。

自慢の土津神社の紅葉です。

会津藩ゆかりの神社で、松平容保が京都から移植したもみじと聞くと、

戊辰150年のことしは、また見え方も変わりますね(吾妻)

s-181108575-2.jpg

郡山市のいっちゃんさんは、紅葉狩りから空を見上げて1句。

白鳥の声を聴くと懐かしい気持ちになるといういっちゃんさん、同感です!(岩間)

9日(金)「美しい瞬間をとらえた写真の2句」

s-181109575-1.jpg

福島市のかっちゃんさんは、自慢の写真をNHKに持ち込んでくださいました。

金山町の太郎布の紅葉と霧で初投稿です。

霧が晴れるまで、2時間半待った甲斐がありましたね!美しい!(吾妻)

s-181109575-2.jpg

郡山市のぱーさんさんは、いま咲いているサクラを見つけ、アップの写真を送ってくれました!

春とはまた違って、この時期のサクラも可憐ですね。(岩間)

この土日はお出かけ日和とのこと。力作、お待ちしています!

投稿者:ふくしま五七GO! | 投稿時間:11:00 | 固定リンク


2018年11月09日 (金)提灯が 照らす 地域の 心意気 @吾妻謙


きょうの「はまなかあいづTODAY」でご紹介した「鬼武みゆき 福島を奏でる」。

作曲家でピアニストの鬼武みゆきさんが、

3年前から福島県内を旅して、その風景やお祭りに触れ、

イメージを膨らませて、曲にしています。

 

これまで、春の花見山、夏の相馬野馬追、秋の大内宿、冬の磐梯山麓、

さらには、只見川の川霧に、木戸川のサケの遡上、酒造りから曲が生まれました。

その第8弾!鬼武さんが訪ねたのは、先月の「二本松の提灯祭り」でした。

s-181109-1.jpg

提灯祭りというと、これ!

s-181109-2.jpg

夜、鈴なりの提灯が灯る、7台の太鼓台の壮麗な風景。

きれいですよね~。

 

鬼武さんは、二本松を訪ねた際に、

「この風景に至るまでの“過程”も曲に盛り込みたい」と考えました。

それが、町、地区全体が祭りに向かっていく高揚感。昼間から行われる行事の数々。

s-181109-3.jpg

それに、地域の子どもが憧れるお兄ちゃんたちや、

s-181109-4.jpg

お兄ちゃんたちがなりたいと思う、若連の姿だそうです。

ご先祖様から、代々この地に伝わるのが、提灯の灯であり、魂(スピリット)であるのだと。

s-181109-5.jpg

ここまでの写真は、鬼武さんに同行している写真家の森日出夫さんの撮影です。

鬼武さんが見て感じたことを、見事にとらえています。

 

鬼武さんの話を聞いていて、ふと思い出したことがあります。

ことし2月、二本松物産協会が「酒どころ・二本松」をアピールするため、

初めてキャンペーンクルーの「日本酒王子」を公募し、初代王子が決まりました。

s-181109-6.jpg

地元・二本松出身の平地武尊(ほたか)さんです。

その選考過程を取材していた時、平地さんが面接で提灯祭りの思い出を話しました。

s-181109-7.jpg

「2歳の時、お母さんに抱っこしてもらって見ようとしたが、人垣が高くて見えなかった。

すると、交通係だった祭りの法被を着た若連の人が、ヒョイと肩車をして見せてくれた。

だから、自分もじいちゃんになった時、小さい子どもを肩車できるくらいの体力を持っていたい」と。

 

いや~、エエ話やな~。

こうした思いを受け、提灯祭りを曲にした鬼武さん。

お囃子や掛け声といったメロディーがあるものを曲にするのは難しいと話していましたが、

「わっしょい」の掛け声を思わせるフレーズを入れるなど、ステキな曲が完成しました。

s-181109-8.jpg

「Into the Light~chochin matsuri~」は、

「はまなかあいづONLINE」のページで1週間ほど聴くことができます。ぜひ!

鬼武さん、そろそろ福島の曲のアルバムを作りたいと意欲的でした。楽しみです!

 

最後に、今回の収録クルーの写真。鬼武さんは、現場で必ず記念撮影をするんです!

s-181109-9.jpg

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:23:01 | 固定リンク


ページの一番上へ▲