ニュースザウルス 食探いろどりレシピ 2018年8月27日(月)

食探いろどりレシピ

2018年8月27日(月)
出演者:食探料理人 田中佳子さん/食探案内人 豊島実季アナウンサー

「甘くてジューシー 高品質ぶどう」

今回の食材は、旬を迎えた「ぶどう」。最近、県内のぶどうは、生産量が増え、ブランド化が進んでいます。
福井市のぶどう農家、川上克博さんのハウスを訪ねました。6年前に、趣味で始めたぶどう作りですが、今では、80本の木で15品種のぶどうを育てる立派な農園になりました。中には、粒が細長く、先が尖ったものや房が長いものなど、珍しいものもたくさんありました。多くの品種の中で、川上さんが、最も力を入れているのが、シャインマスカット。ぶどう棚に実る600房のシャインマスカットの粒は、つやがあり、宝石のようでした。このぶどうたちは、“ふくぷる”と呼ばれる県産のブランドです。“ふくぷる”とは、県と生産者団体が4年前に作ったブランド。シャインマスカットや藤稔などの4つの品種で、種なしで、糖度や粒の大きさなどが優れているものが認定されます。甘く、ジューシーな“ふくぷる”の基準を満たす品質のよいぶどうを作るため、川上さんは、ある工夫をしています。それは、箱に木を植えて栽培する方法。こうすると、根が必要以上に伸びず、その分の栄養が果実によく行き渡り、さらに、水や肥料を管理しやすいので、おいしいぶどうを作ることができると話します。川上さんの頑張りには、もう1つ理由があります。それは、遊びに来る孫たちに喜んでもらうこと。孫が喜ぶ顔が川上さんのぶどう作りの励みになっています。
今回は、川上さんが工夫を凝らして育てたぶどうでデザートを作りました。


今日の料理

ぶどうのスイーツマリネ~パスタ仕立て~



<材料・4人分>

<マリネ>
シャインマスカット…
20粒程度
グラニュー糖…
大さじ2
レモン…
1/2コ
<ワンタン>
シャインマスカット…
8粒
クリームチーズ…
100g
ワンタンの皮…
16枚
<ゆで汁>
お湯:白ワイン(辛口)…
適量(10:1)
<盛りつけ>
ミント…
適量

<作り方>

マリネ用のぶどうを半分に切ります。
ボウルにぶどう・グラニュー糖・レモンを入れ、混ぜ合わせ、冷蔵庫に1時間置き、マリネを作ります。
ワンタン用のぶどうは、5mm角に切ります。
これをボウルでクリームチーズと和えます。
和えた具材をワンタンで包みます。
鍋にお湯を沸かし、風味付けの白ワインを入れ、ワンタンを10~15秒ゆでます。
ワンタンを鍋から取り出したら、氷水で冷やし、水気を取っておきます。
最後に、お皿にワンタンを置き、冷蔵庫で冷やしたマリネをかけたら、完成です。

▲ ページの先頭へ