スタッフブログ

よるドラ『きれいのくに』脚本・加藤拓也のブログ Vol.8

こんにちは。加藤です。7話の放送が終わりました。
劇中出てきましたチョコミントアイス、これまで食べたことが無いのですが、僕は好きじゃないと言い張っています。いわゆる食わず嫌いなのですが、何が好きじゃないと思っているか書くと、アイスとしての配色が食べ物としてあまりピンと来ていないところです。山脇君はよく二つも食べたなと思います。

kireinokuni_210524_OG.jpg

山脇辰哉君はオーディションの時、当時出ていた演劇によって喉がつぶれていて声がガラガラでした。出会った時はいったいどんな声の持ち主か全くわからず、時間をかけてオーディションをしていたので、オーディションの回数を重ねる毎に少しずつ喉が治っていったらしく、そんな声してたのか、と会う度に思っていた、というエピソードがあります。

kireinokuni_210524_01.jpg

これは6話の時に書き忘れたのですが、小野花梨さんが食べていたムカデのグミ、めちゃめちゃ臭くて、なんだか変なグミを用意してしまい申し訳ないなと思っていました。

kireinokuni_210524_03.jpg

この回では個人的にショッピングモールで殴られるゴローさんが好きです。引き摺られて出てきた所が好きです。

kireinokuni_210524_02.jpg

今回の番組制作の会議はネットで画面越しというのが多かったです。会えていないスタッフさんも沢山います。というかここ1年はほぼそんな会議ばかりで、それ以前はIT化されたら楽だなぁと思っていた気持ちもありますが、しかし、画面越しの会議ばかりしていると、発言の意味ばかりに重きを置いて、対面して汲み取っていた発言されていない発言の存在が遠くなってしまった、という気がしました。制作が進むにつれて会う機会も増え、オーディションでも話せたり、徐々にグループの空気というものが出たので良かったですが。


いよいよ来週が最終回です。来週もよろしくお願いします。
それではまた。

 

◆加藤拓也(かとうたくや) 脚本家/演出家/監督

kirienokuni_210405_4.jpg

17歳の時、ラジオ・TVの構成作家を始める。18歳の時にイタリアへ渡り、映像演出と演劇について学び、日本に帰国後、「劇団た組。」を立ち上げ舞台演出を始める。
23歳で三越劇場作演出家の最年少記録を樹立。
2018年『平成物語』(フジテレビ)でドラマ初脚本。脚本を手がけた主な作品に、『部活、好きじゃなきゃダメですか?』『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ)など。


よるドラ「きれいのくに」

kireinokuni_hero.jpgのサムネイル画像

【放送予定】
総合 毎週月曜 よる10時45分から11時15分
放送から1週間、NHKプラスで見逃し配信!

【作】
加藤拓也
【音楽】
蓮沼執太
【出演】
吉田羊 蓮佛美沙子 平原テツ 小野花梨 橋本淳 加藤ローサ/  
青木柚 見上愛 岡本夏美 山脇辰哉 秋元龍太朗 /稲垣吾郎
【制作統括】
訓覇圭  
【プロデューサー】
小西千栄子 高橋優香子
【演出】
西村武五郎 鹿島悠 田中陽児 加藤拓也

投稿者:スタッフ | 投稿時間:23:15 | カテゴリ:きれいのくに

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2021年

開く

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ