発掘って何?

そもそも発掘とは何か??まずお話しいたしましょう。

実はNHKには、過去に放送した番組が全てVTRテープで残っているわけではありません。全てが生放送だったテレビ放送初期の頃はもちろん、その後もほとんどの番組は、放送されたらお役御免。保存される番組は限られていました。まだ、アーカイブスという考え方がなかった時代でした。
NHKが、番組の保存に本格的に取り組み始めたのは1981年度(昭和56年)からです。つまり、テレビ放送が始まった1953年(昭和28年)から1970年代までは多くの番組が残されていないのです。

ではなぜ、せっかく放送した番組を残してこなかったのでしょうか?
実は放送用ビデオテープが非常に高価で、何度も上書きして使いまわしていたためなのです。当時、輸入品でしかなかった放送用の2インチテープ(テープの幅が2インチ:約5センチ)は1本100万円ほど。当時は高級車1台が買えるほどの値段でした。例えばNHKドラマの“顔”ともいえる『大河ドラマ』でさえ、第1作の「花の生涯」から第15作の「花神」までは残っていても数本という状態です。
(*第14作の「風と雲と虹と」(1976年)全52回は残っています。)

そこで「発掘」です!

「発掘」とは『1970年代を中心としたNHKに未保存の番組を、主に「家庭用VTR」のビデオテープから探し出す』ことです。これまでも番組に出演してくださった俳優や歌手の皆さん、あるいは脚本家や音楽を担当した作曲家の皆さんなど、幅広い皆さんにご協力いただき「発掘」を続けてきました。また、郷土資料館や博物館へも協力を呼び掛けてきました。その結果、“幻の番組”と思われていたものが見つかり、もう一度テレビの画面に蘇った番組もあります。

そしていよいよ皆さんの出番です!

テレビを愛してくださっている皆さんに是非ともご協力いただきたいのです。もし、あなたの家のどこかで昔の録画テープ、ベータマックスやUマチック(3/4インチテープ)、オープンリールなどが眠っていたら…それは「お宝☆」かもしれません。あっ!そういえば、おじいちゃん、おばあちゃんの家で見た!という方もちょっと調べてみてください。そしてこのホームページの情報提供フォームからご一報を!

NHKアーカイブス部 番組発掘プロジェクト 一同

▲ページのトップへ