番組発掘プロジェクト 紹介動画を見る

バックナンバー

バックナンバー

「未来を走り続けた冨田勲の音世界」

5月27日(金)午後2:00~6:00

60年以上にわたってさまざまなシーンで新しい音世界を作り出してきた冨田勲さん。その折々に深くかかわった方々からのメッセージとともにその足跡を振り返ります。
案内役は幼いころから冨田サウンドに影響を受けてきた作曲家の吉松隆さん。2012年に冨田さんご自身と対談した「音の魔術師・冨田勲の音世界」の音源を中心に、冨田さんの肉声と音楽から、冨田さんの音世界をひもときます。
番組発掘プロジェクトが発掘したラジオドラマ「倉庫番ケンちゃんの耳の冒険」<1956年放送>も登場する予定です。

詳しくはこちら

バックナンバー

春の特集 記念すべき第1回、そしていきなり最終回?!

4月、新たな始まりの季節!

NHKでも、この春から新しい番組がスタートします。多くの皆さんに見ていただきたい…記念すべき第1回の放送はとても重要です。そのためか全ての番組を残せなかった時代、第1回だけをアーカイブスで保存しているケースがあります。逆に最終回だけ、あるいは第1回と最終回だけという場合も…。
といっても、2回目以降が重要でないわけではありません。そこで今回は…

第1回や最終回しか残っていないドラマを特集、それ以外の回の発掘を目指します!

最初はこちらから。

金曜ドラマ「男は度胸」

1970(昭和45)年10月から放送された金曜ドラマ「男は度胸」(全50回)
柴田錬三郎さん原作の「徳川太平記」をもとに小野田勇さんが脚本を担当した異色時代劇。
徳川吉宗を演じた浜畑賢吉さんのNHK初主演作品です。

このドラマは第1回だけが保存されています。

物語は、元禄から享保の騒然とした時代を背景に、名君といわれた徳川家八代将軍・吉宗の成長過程を中心に、吉宗を取り巻くさまざまな人たちの愛憎がユーモアたっぷりに描かれています。共演は森繁久弥さん、三木のり平さん、三田佳子さんなど。豪華キャストがドラマを彩りました。

主役を務めた浜畑賢吉さんです!「男は度胸」の録画はしていませんでしたが、第35回の台本をお持ちで、アーカイブスに提供いただきました。ありがとうございました!第2回から最終回(第50回)までで映像をお持ちの方、是非ご連絡ください!

大河ドラマ「春の坂道」

次は1971年1月から放送された大河ドラマ第9作。
山岡荘八さん原作、杉山義法さん脚本による「春の坂道」です。

戦争から平和へと大きく転換していった戦国末期から江戸初期を舞台に、徳川家康、秀忠、家光、と三代に仕えた武将・柳生宗矩(やぎゅう むねのり)の生涯を描いた大型歴史ドラマです。

主演は歌舞伎俳優だった中村錦之助さん。その正室(妻)は小林千登勢さんが演じました。

この「春の坂道」は最終回しか残されていません。時代劇ファン必見、どうしても発掘につなげたい作品です!

大河ドラマ「新・平家物語」

そして同じ時期に放送された人気ドラマ3作品をご紹介します。

1972年1月にスタートしたのは大河ドラマ第10作、吉川英治さん原作 平岩弓枝さん脚本による「新・平家物語」。

平家一門の興亡を中心に人間社会の浮き沈みを現代的な視点でとらえた壮大な叙事詩ドラマです。主人公の平清盛役を仲代達矢さんが重厚感たっぷりに演じています。

新珠三千代さん 若尾文子さん 佐久間良子さん

共演は、清盛の母役に新珠三千代さん、常盤御前役に若尾文子さん、そして建礼門院・徳子役には佐久間良子さん。

主役級のベテランスターがずらり揃った文字どおり豪華絢爛なドラマ。しかし保存は第46回と最終回のみ…。最終回は視聴者の鶴吾郎さんからご提供頂きました。ありがとうございました!

連続テレビ小説「藍より青く」

この年の4月からは朝の連続テレビ小説「藍より青く」が放送されました。

熊本県天草を舞台に1人の乙女が初恋、結婚、夫の出征、そして出産と戦後のめまぐるしい時代を明るく、たくましく生き抜く姿が描かれました。山田太一さん脚本です。

主演は当時24歳、新進気鋭の女優だった真木洋子さんが抜擢されました。

朝ドラにふさわしく演技派揃いの皆さんがキャスティングされ主人公を盛りたてました。
主人公の恋人役を演じた大和田伸也さん(後列左から6人目)から貴重な第1回のビデオテープを提供いただきました。女性の生きる姿に大きな感動を呼んだ作品です。

金曜ドラマ「天下御免」

最後は、それより前の1971年10月から1年間放送された金曜ドラマ「天下御免」。
傑作と称される伝説のドラマの1つです。早坂暁さんによるユーモアと機知にあふれた脚本を、大河ドラマ「天と地と」の演出などを手掛けた岡崎栄ディレクターが演出しました。

足軽の子として生まれ、やがて蘭学者、発明家として世に知られるようになる平賀源内(山口崇さん)を主人公に、剣の達人・小野右京介(林隆三さん)、そして怪盗・稲葉小僧新助(津坂匡章さん)の3人組が織りなす痛快時代劇です。

江戸と昭和、どちらにも通ずる社会問題を風刺するなど庶民の目から描いた時代劇で、平均視聴率は30%を超えました。

平賀源内役を演じた山口崇さんから第1回と最終回の貴重な録画テープをご提供頂いたほかは保存がありません。 後世に残したい作品のひとつです。

今回ご紹介したドラマは1970年から1973年までの4年間に放送された作品です。
この時代は1/2オープンリールUマチックビデオテープしか家庭用録画機は販売されておらず、発掘は困難を極めています。皆さんのご協力をなにとぞよろしくお願いいたします!

お近くにビデオテープやフィルムの保管はありませんか?

番組情報提供

思い出・コメントはこちら

「男は度胸」の写真で、森繁さん(紀伊国屋文左衛門)の横に写ってるのは 、原作者の柴田錬三郎さんですね。浜畑さんの大ファンなので、映像が見つかるこ とを心から願ってます。私、原作の「徳川太平記」も、浜畑さんのエッセイ「男は度胸 女は愛嬌」も持ってるのだ!でも映像が・・。こういうときお金持ちの家に生まれたかった~って思うわね(笑)あと、「春の坂道」の主役は、中村錦之介ではなく「中村錦之“助”」さんね。後年「萬屋錦之介」に改名されたので・・。よくある間違えの定番(笑)

更紗さん 投稿日:2016年4月3日

更紗さんのアーカイブス知識には、いつもあっぱれです。中村錦之助さんのお名前の件、大変失礼いたしました。お恥ずかしいです…ご指摘ありがとうございました。

  • 番組情報提供はこちら
  • プライベートフィルム提供はこちら

▲ページのトップへ