ページの本文へ

みえWEB特集

  1. NHK津
  2. みえWEB特集
  3. 内田也哉子さん “家族”について語る

内田也哉子さん “家族”について語る

母・樹木希林さんの生前のエピソードも
  • 2024年06月24日

6月30日(日)13:05から総合テレビ<三重県>で放送する
みえスペシャル「伊勢のあんこ屋 変わらぬ“家族”の味」は、三重県伊勢市にある町のあんこ屋さんの物語。
創業100年を迎える直前に大黒柱である父が亡くなりながらも、一致団結して商品開発に挑む
“家族”のドキュメンタリー。

今回、番組のナレーションを担当するのは、エッセイスト・内田也哉子さん。
母・樹木希林さんと娘・伽羅さんがどら焼き屋を舞台にした映画に出演したことを機に、より一層あんこ好きになったという也哉子さん。
ご自身の家族の話も交えながら、番組の見どころについて伺いました。

                                (津放送局 久村勇介)


“あんこ屋家族”を見て思ったこと

Q.番組をご覧になって、率直な感想はいかがでしょうか?

内田:まず第一声は、「あんこが食べたい」です(笑)
やっぱり、あんこというのは日本を代表するスイーツというか食べ物なので、その存在の偉大さを番組から再認識しましたし、何よりこのご家族、この製あん所さんの営みっていうのが本当に尊いなと思いました。

番組を見て、原材料へのかたくななまでのこだわりや値上げとのせめぎ合いなど一つ一つの選択がとても大変なんだろうなという葛藤がかいま見えたので、目に見えない伝統や文化が私たちの日常の中にずっと絶えずあり続けるということは一人欠けてもダメな大変なバランスの上で成り立ち、毎日毎日休まずに作り続けてくださる方々のおかげなんだなと感じました。

内田也哉子さんの“家族”の話

Q.番組のテーマのひとつは“家族”です。ドキュメンタリーを通じて何を感じられましたか?

内田:私の家族は芸能・俳優業の世界であまり同じことを繰り返さない一方で、夫の家族は 16 代続くお米農家。先祖からみんな一つの土地で何百年も動かず、そこで毎日毎日同じことを自然と共生しながら生きてきたというすごく対比のある家族が一緒になったんですね。
もちろん毎日職場が変わっていろんな人と出会っていろんな場所に行くっていう人間の営みもあるんだけれども、やっぱりこの製あん所さんも含めて一つの土地に根付いて、素材も含めて自然の声に耳を傾けながらコツコツとものづくりをしていくということの忍耐強さとか尊さっていうのは、やっぱり両方を知ってるからこそ余計にありがたみを感じるし、生半可(なまはんか)な精神力ではできないことだなと感じます。

家族って子どもに生まれたからといって親と同じことを続けていくとは限らないじゃないですか。家族って一口に言ってもみんな性格も好みも違うし、全然違う方向に行くこともある。
でも、この製あん所さんは親のやってきた背中を見て心意気や情熱のバトンを受け継ぎたいと思って、家族がもともとやっていたことに敬意をもってみんなが一丸となってやっている。
なかなか現代においては希有(けう)なコミュニケーションの上で成り立っているという意味ですばらしいなと思いますし、それと同時にとても難しいことを成し遂げられているんだなと感じます。

“毎日続ける”へのリスペクト

Q. “毎日同じことを続ける”ということが番組の中で何度も描写されています。これについてはどう感じましたか?

歌舞伎役者の坂東玉三郎さんと母(樹木希林さん)が若い頃から交流があって、時々私が子どもの頃にご飯を一緒に食べたりしていたんですが、玉三郎さんが「僕が人を信用するかどうかの基準は『どんな小さなことでもいいから毎日一つのことを続けられているかどうか』。それが僕にとってはとても大切な要素なんだ。だから也哉子も何でもいいから小さなことでも一つ見つけて続けていけるといいね。」とおっしゃっていたのを思い出しました。

母も「自分は根なし草だ」とよく言っていたのですが、自分ができないからこそ同じことをやり続けている農家さんや今回の製あん所さんのようなものづくりを職人さんへのリスペクトが尋常じゃなかった。そういう方たちの心意気だったり、“毎日”へのリスペクトは小さい頃から周りの大人たちが教えてくれていたので、頭が下がりますね。

あんこと向き合う皆さんの情熱と忍耐と想像力のすべてを求められる決してきれい事ではない日々の積み重ねを知って、今まで私は当たり前のようにあんこをいただいていたけれども、これからはより一層ありがたみをもって製造過程や職人さんたちの思いにまで思いをはせたいと思いました。

 

みえスペシャル「伊勢のあんこ屋 変わらぬ“家族”の味」
2024年6月30日(日) NHK総合<三重県> 後1:05~1:35 

※NHKプラスで2週間見逃し配信
https://plus.nhk.jp/watch/st/240_g1_2024063052388

ページトップに戻る