読み込み中です...

番組紹介

物語

連続テレビ小説エール

日本が生糸輸出量世界一となった明治42年、
急速に近代化がすすむ福島の老舗呉服屋に、
のちに多くの名曲を生み出すことになる
作曲家・古山裕一が誕生する。

老舗の跡取りとして育てられた裕一だが、
少々ぼんやりしていて、
周りには取り柄がない子どもだと思われていた。
しかし音楽に出会いその喜びに目覚めると、
独学で作曲の才能を開花させてゆく

青年になった裕一は、
一度は音楽の道をあきらめようとするが、
ある日家族に内緒で
海外の作曲コンクールに応募して
なんと上位入賞を果たす。
それをきっかけに、裕一は
歌手を目指している関内 音と知り合う。
福島と豊橋―遠く離れた地に住みながらも、
音楽に導かれるように出会った二人は結婚する
そして不遇の時代を乗り越え、
二人三脚で数々のヒット曲を生み出していく

しかし時代は戦争へと突入し、
裕一は軍の要請で戦時歌謡を作曲することに
自分が作った歌を歌って戦死していく若者の姿に
心を痛める裕一…。
戦後、混乱の中でも復興に向かう日本。
古山夫妻は、傷ついた人々の心を
音楽の力で勇気づけようと、
新しい時代の音楽を奏でていく─。

放送時間

3月30日(月)スタート!

【放送予定】
2020年3月30日(月)~
9月26日(土)

<毎週月曜~土曜>
●総合 午前8時~8時15分
●BSプレミアム・BS4K 午前7時30分~7時45分
●総合 午後0時45分~1時00分(再)
※土曜は一週間を振り返ります

<毎週月曜~金曜>
●BSプレミアム・BS4K 午後11時~11時15分(再)

<毎週土曜>
●BSプレミアム・BS4K 午前9時45分~11時(再)
※(月)~(金)を一挙放送

<毎週日曜>
●総合 午前11時~11時15分
●BS4K 午前8時45分~9時00分
※土曜の再放送

※放送予定は変更される場合があります。
最新情報は番組表をご確認ください。

主 演

主 演 古山裕一 役 窪田正孝

古山裕一  役
窪田正孝

[プロフィール]
1988年神奈川県出身。2006年、連ドラ俳優デビュー。12年、映画『ふがいない僕は空を見た』でヨコハマ映画祭最優秀新人賞、高崎映画祭最優秀助演男優賞。2014年度前期連続テレビ小説「花子とアン」でヒロインに思いを寄せる青年・木場朝市を演じ、お茶の間の注目を集める。独特の存在感と際立った演技力で、今、最も期待される俳優の一人である。

ヒロイン

ヒロイン 関内 音 役 二階堂ふみ

関内 音  役
二階堂ふみ

[プロフィール]
1994年沖縄県生まれ。2009年、『ガマの油』でスクリーンデビュー。11年『ヒミズ』でヴェネチア国際映画祭マルチェロマストロヤンニ賞(最優秀新人賞)を受賞。14年映画『私の男』では日本アカデミー賞主演女優賞を受賞。今回、連続テレビ小説初出演にしてヒロインを務める。

音 楽

音 楽 瀬川英史

瀬川英史

[プロフィール]
岩手県盛岡市生まれ。1986年CM音楽の作曲家として活動開始、現在までに2500本以上のCM音楽を手掛ける。アメリカ、フランス、イギリス、インド、ブルガリア等海外録音の経験も多数。サウンド&レコーディングマガジン誌に「CM音楽の作り方」(現在終了)という連載や、「コンポーザーが教える作曲テクニック99」等の執筆活動にも積極的に取り組む。近年は劇伴作曲家としての活動の場を広げている。2012年、サウンドトラックを担当したフランス短編映画「Le Dernier Jour de l’Hiver」がフランス国立映画祭イエール·レ·パルミエで最高音楽賞受賞。NHKでは、NHKスペシャル「神の数式」「激闘ガダルカナル 悲劇の指揮官」「アインシュタイン 消えた“天才脳”を追え」。

主題歌

主題歌 GReeeeN 「星影のエール」

GReeeeN
「星影のエール」

[プロフィール]
HIDE、navi、92、SOHの男性4人組、福島県で結成されたボーカルグループ。2007年1月、シングル『道』でメジャーデビュー。『愛唄』『キセキ』『遥か』『オレンジ』等、デビュー以来数々のヒット曲を生み出す。メンバー全員が歯科医師免許を持ち、医療との両立のため顔を伏せて活動中。楽曲だけでなく、GReeeeNを題材にした書籍「それってキセキ~GReeeeNの物語~」や、楽曲の誕生秘話が映画化されるなど、多くの話題作でも注目を集めている。

語り

語り 津田健次郎

津田健次郎

[プロフィール]
大阪府出身。1995年にテレビアニメ「H2」で声優デビュー。アニメや洋画の吹き替え、ナレーション、ラジオパーソナリティーとして活動。近年は役者業以外にも映像監督、舞台演出なども手掛けている。

よくある質問

  • 『エール』の原作本はありますか?

    『エール』の原作本はありません。オリジナル作品です。