ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK山口放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK山口放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります

おすすめ番組

 ふらっとあの街 旅ラン10キロ 「本州→九州 関門海峡ラン」

全国放送

1月22日(水) 午後7:30~8:00
(再放送) 1月29日(土) 午前10:45~11:15

    

スタートは関門海峡に浮かぶ離れ小島、巌流島。つるの剛士さんは宮本武蔵と佐々木小次郎に思いをはせていざ関門海峡ランへ。下関では壇ノ浦で源平合戦や、明治維新にも思いをはせて感慨ひとしお。そして関門海峡の横断では、街の人たちのトンネルの意外な利用法にびっくり。門司では、レトロな明治・大正・昭和の歴史にも触れる。つるのさんが自分のルーツにも思いを寄せながら、さながら歴史を渡りめぐった旅ラン10キロ。

【リポーター】つるの剛士,【語り】奥貫薫


 中国!ちゅーもく!ラジオ YAMAGUTIC ~古代人の足跡をたどれ!台湾―与那国を“丸木舟”で航海~

中国地方向け

1月31日(金) 午後5:05~5:55

    

2019年7月に「台湾―与那国島」の区間の海を丸木舟で渡る航海実験が成功したというニュースが全国に報じられました。丸木舟に乗り込んだ5人の中の1人でキャプテンを務めた、山口県出身の原康司さん(はら・こうじ)をゲストに招き、その壮絶な体験の裏側をたっぷりお伝えします。


台湾~与那国の渡航は困難だらけ!古代人の努力と勇気をたたえる

3万年前、祖先が大陸から日本列島に渡ってきたルートの一つに「台湾⇒琉球列島」が考えられています。しかし台湾と与那国島の距離はおよそ200キロと長く、しかもその区間は世界最大級の海流“黒潮”が流れ、一筋縄ではいきません。古代人の航海を探ろうという国立科学博物館のプロジェクトが始まり、カヤック経験が豊富な原さんにプロジェクトメンバーから声がかかりました。原さんはカヤックでアマゾン川やベーリング海など単独で数千キロの渡航経験があることから漕ぎ手のキャプテンを任されます。「舟作りから試行錯誤を繰り返し、竹や草ではなく、スギの丸太を削った舟が最も安定することもなかなかわからなかった」という航海実験は2019年7月に48時間の大航海を経て結実しました。
丸木舟に乗り込んだ男女5人は古代人同様に地図やコンパスなどの現代機器は持たず、太陽や月、星の位置などだけを頼りに進みました。原さんは「古代人は大海原を前に怖かったと思う…。でも、到着時はとてつもない“幸福感”に満ち溢れた。この幸福感を味わいたくて古代人は旅に出たはず」と話します。


教えて道の駅!「道の駅・願成就温泉~あったかーい温泉で癒しと合格祈願を!~」

山口市と島根県の境、阿東(あとう)にある道の駅・願成就温泉(がんじょうじゅ)。中国山地の西の外れに位置し、冬は積雪も多いため露天風呂から眺める雪景色は風流です。その願成就温泉の冬の見どころはその名前に由来した「合格祈願」の場となること。「願いが成就する=合格する」という意味で、受験生などが人知れず訪れ、名物の石地蔵に祈願します。駅長の日熊博美さん(ひのくま・ひろみ)に電話出演で、願成就温泉について伝えてもらいます。

NHK山口放送局の主な地域放送番組
情報維新!やまぐち 月~金: 午後6:10~7:00 【総合テレビ】
Yスペ! 第2金曜: 午後7:30~7:55 【総合テレビ】
※放送予定が変更になる場合があります。ご了承ください。
視聴者の皆さまからの番組へのご意見・ご感想・お問合せをお待ちしております。
▲ ページの先頭へ