ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK山口放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK山口放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります

山口東京理科大学

9月18日、山口東京理科大学にて、8名の学生の皆さんとミーティングを行いました。
テーマは「地域再生・活性化」。
学生の皆さんからのご意見をご紹介します。

山口県山陽小野田市の現状課題

  • ・賑わいが少ない。輝きが足りない。大学周辺は一般的にイメージする学生街とはほど遠い。喫茶店や居酒屋が近くにない。おしゃれな店が無い。山陽小野田市に大学が1つしかなく、他の大学との交流が少ない。
  • ・明るい雰囲気が無い。地域の人との交流することがあまりない。街灯が少なく、側溝に落ちる危険性がある。また、夜間に散歩やジョギングする人も危ない。反射板を身に付けている人が多くて驚いた。
  • ・空き家。全国的な問題だが空き家が多い。山口県は空家率が全国上位であり、この地域も多くなっている。学生専用の住居に建て替えられている。人が集まる場所としての活用が無い。
  • ・鉄道関連。大学の最寄り駅が無人駅で、みどりの窓口が無く旅行や帰省の切符が購入できない。ICカードが使えない。本数が少なく利用者も少ない。最寄り駅から2つ先の終点駅周辺には、きららビーチ焼野があるが、その終点駅へは1日3本しか運行していない。駅周辺の観光施設も知られていない。
  • ・道路事情。道路の段差が多く危ない。木の根っこが隆起して道路がうねっている。クロスバイク等の自転車でよくパンクする。雨が降ると道路のくぼみに水がたまり、車を運転するとハンドルやブレーキ操作が効かなくなる。

現状を変えるには?NHKに期待することは?

  • ・店舗の誘致に向け10年間の固定資産税の無料化などの税制優遇措置を実現して欲しい。
  • ・企業の広大な空地にショッピングモールを誘致する。
  • ・安全と明るい雰囲気つくりのために各家庭の軒先に街灯をつけてもらう。
  • ・「空き家」をリノベーションして宿泊施設として活用する。民泊のように外国人が宿泊し日本の生活を体験できるように活用したい。
  • ・地元の人たちとの交流は大事。イベントを通した交流をはじめ、普段の生活でもコミュニケーションを大事にとっていく。
  • ・駅周辺の名所、小さな商店、飲食店(カフェ・ご飯屋)を取材し放送してほしい。
  • ・市や学生が開催するイベントを1つ1つ取材して欲しい。
  • ・道路整備により自転車も交通ルールを守って走行し、町全体のマナーアップにつなげる。
  • ・もっと山口県のことが知りたい。王道の観光地だけではなく、マイナーなところでも着目し放送して欲しい。
  • ・夜間の時間帯に情報番組を再放送してほしい。いつでも確認できるネットで配信して欲しい。
  • ・きららビーチ焼野でイベントをしたい。学生や地元のサークルなど部門を問わず多くの人が参加できるイベント。ビーチで船を作ったりして、ビーチを紹介したい。

ご参加いただいた皆さん。ありがとうございました!!


▲ ページの先頭へ