2021年07月20日 (火)ついに、梅雨が明けました!


こんにちは。

気象予報士の山崎です。

 

ついに、ついに、ついに、、、、、、

梅雨が明けました~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!

 

 

今月13日、気象庁から山口県を含む九州北部地方が、梅雨明けしたとみられると発表がありました。

平年より1週間ほど早いのですが、梅雨入りは3週間ほど早かった(観測史上2番目に早い)ので、トータルすると2週間ほど長い梅雨でした。

 

これから先は、夏の強い日差しを感じられる日が、増えてきますよ。

ただ、気を付けなければいけないのは、「熱中症」です。

 

熱中症とは、「熱」による「中」毒が出る「症」状です。

私は、立派な気象災害と思っています。

 

梅雨明け後は、暑さに慣れていないため、特に注意が必要です。

2021072001.jpg
(図1)

この図は、去年の日ごとの山口県の熱中症搬送者の人数です。

去年は梅雨明けが7月30日だったのですが、その日から急増していることが一目瞭然ですね。

 

加えていうと熱中症は“静かなる災害”とも言われることもあり、本人も気づきにくい特徴があります。

 

この先も晴れて暑い日が続く見込みです。

暑さを感じる前から、こまめな水分補給(夜間も)や、エアコンの積極的な使用など、当たり前のことを当たり前にすれば防ぐことが出来ます。

 2021072002.jpg
(図2)

2021072003.jpg
(図3)

 

梅雨明けが早いということは、本格的な夏が長く待っているということでもあります。

日ざしのパワーに負けず、元気に夏を過ごしたいですね。

 

投稿者:アナウンス | 投稿時間:12時00分

ページの一番上へ▲