【記者特集】医療的ケア児の通院に安心を

 

「75/96」…。

 

こちら、

いったい何の数字だと思いますか?

 

20210330_oikawa_iryou01.png

 

実は、平成31年に県が医療的ケア児の

家族にとったアンケートのうち、子どもの通院に

「負担感がある」

「やや負担感がある」

と答えた人の数なんです。

 

全体の8割近くにも上り、回答した家族からは

「病院に車で連れていく際に、たんの吸引のために

そのつど止まらなければならない」

といった事例が多く上げられました。

 

そこで、県は家族の負担を減らそうと

令和2年度から通院の際、訪問看護師の付き添いの

支援を受けられる事業を始めました。

 

実際に利用した家族の声を聞きました。

 

 

 

なぜ訪問看護師はこれまで付き添えなかった?

 

取材を受けてくださった

後藤さんも「助かった」という訪問看護師の付き添い。

 

実は自宅以外への同行は医療保険で認められていません。

そのため、仮に依頼すると費用は全額自己負担となります。

 

後藤さんの場合は1時間あたり8000円も払うことに。

 

そこを、県が事業者に委託料を支払うことで

利用者の負担を減らしたサービスが可能となったのです。

 

20210330_oikawa_iryou0_02.png

 

 

 

利用拡大への課題は

 

このサービス、取材した令和2年の秋までに利用していたのは

後藤さんしかおらず、取材させていただいた日がまさに初日でした。

 

なぜ事業が始まってから半年以上利用者がいなかったのか。

 

県は

 

▼自宅から医療機関への距離がおよそ30キロ以上、

▼年4回まで

 

という条件がついていることが要因の1つと考えているようです。

 

そこで、県は令和3年度から、

 

▽距離制限無し

▽利用は月に1回まで

 

と条件を緩和することにしました。

 

 

より多くの家族に使いやすい制度になりましたが、

県の担当者は

「今後も家族のニーズを吸い上げて負担軽減につなげたい」

と話しています。

 

条件が緩和されたことで、どれほど利用が広がるのか、

さらに改善が望ましい部分が出てくるのかなど、

今後も注目したいと思います。

 



医療的ケア児    

山形局記者 | 投稿時間:19:02