カフェあがすけ8杯目 「Girls, be ambitious!」

 

再放送でお聴きいただいている「カフェあがすけ」も終盤です。

最初のころ、バタバタして失敗もあった効果音もこのころになるとスムーズになって、私自身のキャラクターもようやく(笑)、定まってきてたんだなあと思いながら聴いておりました。

ではどうぞ。

 

 

ラジオドラマ・なまら小劇場

Café あがすけ (8杯目)

 

『   Girls, be ambitious!   』


マスター  柴田 徹

客   岸田麻由美

D J  ふかさわ

☆             

脚本  あべ美佳

 

 

N「ここは『cafe・あがすけ』。カウンターしかない、小さな喫茶店です。……え? あがすけの意味ですか? 山形弁で“カッコつけで生意気な男”のことを言います。もちろん、私のことではありません。……最近、一段と寒くなってきましたね。今夜はどんなお客様がやってくるのでしょう。あったかい新メニューでも考えながら、ゆっくり待つとしますか──」

 

 

          店内に流れる、ラジオ。DJの声。優しい音楽。

         (キス・ミー/シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー)

         マスター、鼻歌を歌いながらカップを磨く。

         カランコローンとドアベルが鳴る。

 

 

マスター「いらっしゃいませ」

 

岸 田「……あ、どうも」

 

マスター「どうぞ、お好きな席へ」

 

岸 田「……すみません、あったかいカフェオレください」

 

マスター「かしこまりました」

 

 

         カップ類が、かちゃかちゃ。

 

 

N「そのお客さんは、二十歳ぐらいでしょうか。まだ学生さんなのかもしれません。コートの下は、紺色のリクルートスーツを着ていました。スーツはぱりっとしているのですが、背中がどうにも丸まっていて……」

 

岸 田「……はぁ(ため息)」

 

マスター「あの、大丈夫ですか?」

 

岸 田「……え? あたし今、何か言いました?」

 

マスター「でっかいため息ついてましたので」

 

岸 田「え? そうでした? そんなことないと思うけど」

 

マスター「すみません、おせっかいでしたね」

 

 

   静かにラジオが流れている。

 

 

マスター「カフェオレ、お待たせいたしました」

 

 

           カップを置いて

 

 

岸 田「……はぁ(ため息)……」

 

マスター「ほら」

 

岸 田「あ、ついてますね、ため息。……ごめんなさい」

 

マスター「いえいえ。気にしないで、ゆっくり考え事を続けてください。ここはそういう場所ですから」

 

岸 田「……ありがとうございます」

 

マスター「ラジオ、消しましょうね。気が散るでしょ」

 

岸 田「そんな、大丈夫ですよ」

 

マスター「いいから、いいから……よいしょっと」

 

 

   ラジオを消す、マスター。

 

 

岸 田「うわ、そのラジオ年代物ですね。うちにも昔、そんなやつあったかも」

 

マスター「古いでしょ? 開店当初から、私とずっと一緒にいるんですよ」

 

岸 田「そうなんですか」

 

 

   カフェオレをスプーンでかき回す、岸田。

 

 

岸 田「……なんか、静かですね。何も音がしない」

 

マスター「そうですか?」

 

岸 田「田舎って、駅前でも静かなんですね」

 

マスター「夜だからですかね。朝は結構にぎやかなんですよ。山形駅に向かう人たちとか、学生さんとか、前の通りをひっきりなしに歩いていますしね」

 

岸 田「そっか」

 

マスター「お客さんも、これから山形駅まで?」

 

岸 田「……はい。最終の新幹線で東京に戻ります」

 

マスター「そうですか」

 

岸 田「……わたし、今日就職試験だったんです」

 

マスター「あぁ、それでリクルートスーツなんですね。……試験、うまくいかなかったのかな」

 

岸 田「ばっちりでした」

 

マスター「え……じゃあ、どうしてそんなに……」

 

岸 田「なんですか?」

 

マスター「……落ち込んでるのかなぁ、って」

 

岸 田「わたし、落ち込んでるように見えます?」

 

マスター「うーん、少しね。就職試験とは関係ないことで悩んでいるのでしたら……恋の悩み、かな?」

 

岸 田「いいえ、就職のことです」

 

マスター「だって、就職試験はうまくいったって、さっき」

 

岸 田「はい、ばっちりでした」

 

マスター「……いけませんねえ……若いお嬢さんの会話にはついていけません」

 

岸 田「(くすくす)……ごめんなさい。わたし理論立てて説明するのとか苦手で……」

 

マスター「女の人は、大抵そういうものです」

 

岸 田「感情でだだだーっと話して、擬音ばっかり使って」

 

マスター「そうそう」

 

岸 田「うちのママみたい」

 

マスター「お母さん、そういう方なんですか?」

 

岸 田「ですね」

 

マスター「ふーん、そうですか」

 

 

            柱時計の音。

 

 

岸 田「……マスター。……マスターが私ぐらいのころ、夢ってありました?」

 

マスター「はい、ありましたよ」

 

岸 田「どんな?」

 

マスター「ふふ、内緒です」

 

岸 田「んー、じゃあ、その夢は今、かなっていますか?」

 

マスター「かなっているような、いないような……」

 

岸 田「もー、それじゃあ、よくわかんないですよ」

 

マスター「でもね、これが正直な答えなんです」

 

岸 田「……わたしね……就職するの、やめようかと思って」

 

マスター「え? きょう試験受けたのに、ですか?」

 

岸 田「……はい。親が喜ぶから、なんか流れで地元の会社受けちゃったけど……もし入社できても長続きしないと思うんだ」

 

マスター「長続き、ですか」

 

岸 田「はい。やりたいことにチャレンジもしないで、逃げるように就職するんだもの、わたし」

 

マスター「やりたいことって、なんですか?」

 

岸 田「えー、そんなの、言えませんよ」

 

マスター「自分は聞いてきたのに?」

 

岸 田「あ、そっか」

 

 

   くすくす笑う、岸田。

   ──停電。

 

 

岸 田「きゃっ」

 

マスター「おや、停電ですね」

 

岸 田「どうしよう」

 

 

   がたがたっと動く音。

 

 

マスター「動かないで! 危ないですから、じっとしていてください。すぐにロウソクつけますから」

 

岸 田「……はい……」

 

マスター「えーと、ロウソク、ロウソク……あった、マッチは……このへんに……よし、ありましたよ」

 

 

           マッチをする音。

 

 

マスター「……ふぅ。これで大丈夫」

 

岸 田「……よかった……」

 

マスター「珍しいなぁ、停電なんて」

 

岸 田「新幹線、ちゃんと動くかなぁ」

 

マスター「大丈夫ですよ。きっとすぐ戻ります」

 

岸 田「マスター、やっぱりさっきのラジオつけてもらってもいいですか?」

 

マスター「あぁ、そうですね。つけましょう」

 

 

   ラジオの電源、オン。曲が流れてくる。

          (イン・マイ・ライフ/ベッド・ミドラー)

 

 

岸 田「……あぁ……なんか、懐かしいかも」

 

マスター「懐かしい? この曲が?」

 

岸 田「この状況、です。子どものころ、台風とかで停電すると、家族みんなでラジオの前に集まって、じぃっとしてませんでした?」

 

マスター「あぁ、そうですね」

 

岸 田「外は嵐だし、どこもかしこも真っ暗だし、わたし、怖くて怖くて……」

 

マスター「はい」

 

岸 田「なんか、この世の果てに、自分たちだけ取り残されたような気がして」

 

マスター「少々オーバーですけど」

 

岸 田「そんなことないです! 子どものころは、ほんと、そんな風に思いました」

 

マスター「……はい」

 

岸 田「でもね、パパがラジオを探してきて、つけたんです。そしたら、小さな箱の中から、誰かの声がしたの! その声聴いていたら、あぁ、わたしたちはちゃんと地球のどこかとつながってるんだ、って思いました」

 

マスター「そうでしたか」

 

岸 田「すごく安心したんですよね」

 

マスター「はい、その気持ちは私もわかります。ラジオは私の青春であり、先生でした」

 

岸 田「先生? ラジオが?」

 

マスター「はい。耳にしたことば、流れてきた曲……どれだけ影響されたわかりません」

 

岸 田「……あ、そっか。そういうんだったら、わたしもです。わたしの夢も、ラジオとつながっているかも」

 

マスター「どういうことですか?」

 

岸 田「わたしね、その停電のとき、真っ暗な中で、流れてきた曲にあわせて歌ったんです。初めて家族の前で」

 

マスター「いつもは歌わなかったんですか?」

 

岸 田「こっそり自分の部屋で歌ってました。だって、恥ずかしいじゃないですか」

 

マスター「まぁね」

 

岸 田「歌い終わったら、家族が拍手してくれて、お前は歌がうまいなぁ、ってすごく褒められて」

 

マスター「それが夢の原点」

 

岸 田「……はい。……笑いますか?」

 

マスター「もちろん。……笑いません」

 

岸 田「……ふふ」

 

マスター「……ふふふ」

 

 

   ラジオからDJの声。

 

 

D J「──時刻はまもなく9時**分になります。さぁ、今日のラストの曲です。(カーペンターズ)で(イエスタデイ・ワンス・モア)」

 

 

   ラジオから、また別の曲が流れてくる。

 

 

岸 田「──あ、この曲知ってる」

マスター「え? これ、私が学生のころの歌ですよ?」

岸 田「(ラジオに合わせて少しハミングして)……ほら、これママがよく台所で歌ってるやつだ」

マスター「そっか、お母さん」

 

 

           岸田、少し歌う。

           マスター、拍手。

 

 

岸 田「やっぱり、歌っていいなぁ」

 

マスター「ですね」

 

岸 田「でもなぁ、こんな夢みたいな夢……人に言えませんよね。ママにも反対されるだろうし」

 

マスター「あなたのお母さんは、誰かの夢を応援するのが、得意な人ですよ、きっと」

 

岸 田「え? ママのこと、知ってるんですか?」

 

マスター「さぁ、どうでしょう?」

 

岸 田「えー、あやしー」

 

マスター「怪しくないですよ。ちょっと、そんな気がしただけです」

 

 

   バチンと音がして、電源、戻る。

 

 

岸 田「あ、電気ついた!」

 

マスター「はい、もう大丈夫です」

 

岸 田「わたし、行かなくちゃ。マスター、おいくらですか?」

 

マスター「お代はいいです」

 

岸 田「え、でも……」

 

マスター「すてきな歌を聴かせてもらいましたから」

 

岸 田「ええー、んん、じゃあ、はい。甘えます」

 

マスター「がんばって」

 

岸 田「なにを?」

 

マスター「んん……いろいろ、ですかね」

 

岸 田「あはは……。卒業まであと半年。まずは、しっかり学生やります。さよなら!」

 

 

   カランコロンと、ドアベルの音。

 

 

N「彼女はどんな選択をするのでしょうね。でも大丈夫。

Girls, be ambitious!」

  


  渡辺美里『my love your love』流れて。

 

END

 

20201125_01.jpg



なにしったのや~?  

柴田徹 | 投稿時間:12:12