【記者特集】コロナに負けるな!~逆境の牛乳店、新たな挑戦~

 

20210507_01.jp.jpg

 

去年の「やままる」でもお伝えした、酒田市の「田村牛乳」。

去年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う小中学校の休校で、経営に大きな影響を受けました。

厳しい環境が続く中、生き残るためにあえて「拡大」の道を選びました。現場や思いを取材しました。

 

 

コロナ禍の厳しい時代に、事業の「拡大」を選択するのは勇気ある決断です。田村社長のインタビューにもありましたが、開発や営業などに伴う費用がかかるため、リスクは当然、生じてきます。

 

今回の取材で、田村社長は

「長年の牛乳販売で、スーパーに販路ができていたので、アイスクリームを置いてくれるメドがたっていたこともあり決断できた」

と明かしてくれました。

 

20210507_03.jp.jpg

 

このアイスですが、さらなる販路拡大を見据えて今後はネット通販や土産物店などでの販売も想定しているということです。

 

コロナ禍で、あえて選んだ「拡大」路線。地元の経済関係者などからは、「既存の商品である牛乳と需要を食い合わないどころか、むしろ、相乗効果が期待できるおもしろい挑戦ではないか」という声も聞かれました。

新たなチャレンジによって、これまでと違う顧客にアプローチしていく「攻めの姿勢」が、コロナ禍のこの時代を乗り切るためのヒントなのではないかと感じました。

 



記者特集    

山形局記者 | 投稿時間:17:32