いいねハンター★舟形町 縄文土偶の魅力とは

 

こんにちは~!

リポーターの野田奈那です。

 

今回は、舟形町に行ってきました♪

土偶「縄文の女神」が発掘されてことしで30年。

 

20220525_01.png

 

女神といわれるだけあって、フォルムの線が美しいですよね。

 

私は以前から縄文土偶のかわいさと不思議さが好きで、博物館に足を運び、土偶のカプセルトイをコレクションするほどでした。(笑)

 

だから、「縄文の女神」の取材は本当にワクワクしました!

 

〈動画の配信期間は終了しました〉

 

町では新しいグッズの販売や、発掘された日の8月4日に合わせてイベントの開催も予定しているとのことでした。楽しみですね!

 

さらに、陶芸家の金寛美(こんひろみ)さんに教えてもらいながら、土偶作りに挑戦しました。

 

舟形の土を砕くところから始め、

好きな形を作り、好きな文様を入れていく。

すべての作業が楽しくて、集中して作業しました。

 

完成したものが…こちら!

 

20220525_02.png

 

「野田土偶」です。力強いポーズが気に入っています。

 

今後の撮影の日が晴れますように…との願いも込めて、

太陽をテーマに作成しました。

そして、私と同じ髪型(三つ編み)にして、チャーミングさもプラスしました(笑)。

 

20220525_03.png

 

実際に縄で文様をつけていたから、“縄文”というのですね!

 

取材のときも土偶を作るときも、

金さんは、縄文時代について何時間も熱く語っていました。

 

“わからないからこそ、縄文はおもしろい”

 

人々はどんな暮らしをしていたのか、どうして土偶をつくったのか。

縄文に思いをはせて、金さんと一緒に想像するのが本当に楽しかったです。

 

さらに縄文土偶の魅力に興味を持ちました!

 

20220525_04.png

 

ありがとうございました。

 



やままる    

野田奈那 | 投稿時間:17:31