中国で人気!山形の日本酒

 

 

お久しぶりです。キャスターの阿部です。

 

山形といえば全国有数の酒どころ。

山形で暮らし始めてから、すっかり日本酒のとりこになりました。

 

先日の「やままる」では、そんな「山形の日本酒」についてお伝えしました。

 

 

国税庁のまとめによると、

日本酒の輸出額は10年前と比較するとおよそ3倍に。

 

国と地域別にみると1位が香港で、2位は中国。

この2つで、全体の半数近くを占めています。

 

20211006_01.png

 

こうした中、北京で先月、日本酒の販売イベントが行われました。

 

20211006_02.png

 

大盛況だった会場とオンラインでつなぎ、

現地の反応を取材しました。

 

20211006_03.png

 

20211006_04.png

 

20211006_05.png

 

20211006_06.png

 

この日本酒イベントで最も人気を集めたのが、

なんと米沢市にある酒蔵。

支持を集めた理由は何なのか、そのわけを取材しました。

 

20211006_07.png

 

国内での消費が伸び悩む中、

日本酒の消費が増え続ける中国に目を向けたといいます。

 

20211006_08.png

 

かつてこの酒蔵での酒造りは「辛口」中心でしたが、

中国人が好むのは「甘口」。

そこで工夫したのは発酵の工程でした。

 

20211006_09.png

 

発酵にかかる時間は、およそ1か月。

糖分を多く残すため、いつもより早く発酵を終わらせる必要があったそうですが、

当時としては初めての試みに苦戦したそうです。

 

試作を重ねること10回以上。

ようやく中国向けの日本酒が出来上がりました。

 

20211006_10.png

 

さらに、味わいだけでなくネーミングにも工夫が。

 

20211006_11.png

 

中国人にもなじみのある漢字の4字熟語を100以上リストアップし、

長寿を意味する「鶴寿千歳」(かくじゅせんざい)という名前に決定しました。

 

「縁起がよさそう」「音の響きがいい」などという理由から人気を集め、

今回のイベントに出品した日本酒の中で、最も売り上げをのばしたそうです。

 

20211006_12.png

 

20211006_13.png

 

この酒蔵は、去年中国で行われた日本酒の品評会に参加。

3つの銘柄の日本酒が金賞を受賞し、酒蔵としても審査員特別賞に選ばれました。

 

ただ、県内全体の状況を見ると、

現在51ある酒蔵のうち、24が中国向けの輸出をしています。

 

10年前に比べると実に10社以上増えていて、

今後も増えていくことが予想されます。

 

20211006_14.png

 

輸出競争が激しさを増す中、

それぞれの酒蔵の工夫や努力で、

おいしい山形の日本酒を中国にも広めていってほしいと思います。

 

20211006_15.png

 



やままる   

阿部千明 | 投稿時間:17:45