【寒河江やきとり】店の雰囲気も召し上がれ!

 

20200521_00_n.jpg

 

やきとりはやきとりでも、

鶏肉を使わない山形名物のやきとりってな~んだ!

 

…答えは、寒河江市のご当地グルメ「寒河江やきとり」。

鶏肉ではなく豚肉を使っているのが特徴です。

 

この寒河江やきとりにも、新型コロナウイルスの影響が出ています。

厳しい状況のやきとり店、そして全国の寒河江やきとりファンの

励みになればと、こんなおもしろい取り組みが始まりました!

 

 

やきとりの味はもちろんですが、

やきとり店の独特の雰囲気が、さらにおいしさを

引き立てていることってあると思います。

そして、店によってやきとりの焼き方が違うのもこの動画のだいご味。

皆さんもぜひご覧ください♪

 

実は私、以前も「やきとり課」を取材したことがあるんです。

その際も、寒河江のやきとり店と協力し、

寒河江の伝統野菜を使った串焼きのメニューを開発されていました。

 

20200521_02_n.jpg

 

↑寒河江の伝統野菜「子姫芋(こひめいも)」の串焼き。

(これがまた、ほくほくねっとり。おいしいのです…。)

 

「やきとり課」の皆さんのアイディアと行動力には

いつも驚かされます!

 

20200521_01_n.jpg

 

「寒河江やきとり」がご当地グルメとして県内外で愛されるのは、

「やきとり課」の皆さんのこうした取り組みがあってのこと

なのではないかと、改めて感じました。

 

皆さんもぜひ、寒河江やきとりの味わいと雰囲気、

楽しんでくださいね♪

 



やままる   

野口葵衣 | 投稿時間:19:15